MENU
アーカイブ

村上春樹の私的読書案内。BRUTUS特集村上春樹より

URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできる目次

村上さんが手放すことのできない51冊について

雑誌「BRUTUS」の10月15日号は、特集村上春樹(「読む。」編)と題して、次号と合わせて上下巻の特集記事が組まれています。

上巻は「読む」をキーワードとし、思い出深い本の数々や翻訳に対する記事から構成されています。

\今すぐチェック/
Amazonで探す▷

以下に、村上氏が手放せない蔵書のうちからの51冊の中で、特に気になる幾つかをご紹介いたします。

うちの蔵書から

基本的に手元に書物を置かない主義である村上氏の本棚には、次のような理由により選ばれた書が保管されてます。

理由は5つとなります。

  1. まだ読んでいない本
  2. そのうちに読み返すかもしれない本、必要になるかもしれない本
  3. いただきものの本、多くは著者のサイン入り
  4. なんとなく愛着があり、手放しがたい本
  5. 実用性のある本

ここにあげた51冊の本は、そのような巨大な貯水池に流れ込んだ水源のほんの一部、ほんの一掬いに過ぎない。

気になった7冊

私が特に気になったのは次の7冊であり、ほとんどが未読のものばかりです。

樹影譚(丸谷才一)

¥1,002 (2021/10/24 14:43時点 | Amazon調べ)
\今すぐチェック/
Amazonで探す▷

丸谷才一さんは紛れもなく文章のスタイリスト。

神々の沈黙ー意識の誕生と文明の興亡(ジュリアン・ジェインズ)

¥3,520 (2021/10/25 00:05時点 | Amazon調べ)
\今すぐチェック/
Amazonで探す▷

創作を志す人たちにとっては、多くの示唆に富んだ書物であると思う。

ロード・ジム(ジョセフ・コンラッド)

¥1,562 (2021/10/24 14:43時点 | Amazon調べ)
\今すぐチェック/
Amazonで探す▷

「ロード・ジム」を読破するのは僕の積年の望みだった。

木山捷平全詩集(木山捷平)

¥1,353 (2021/10/24 14:43時点 | Amazon調べ)
\今すぐチェック/
Amazonで探す▷

小説も面白いが、詩にも独特のとぼけた味わいがあって、好きだ。

リタ・ヘイワースの背信(マヌエル・プイグ)

¥3,080 (2021/10/24 14:43時点 | Amazon調べ)
\今すぐチェック/
Amazonで探す▷

「そうか、こんな風にも小説が書けるんだ」

マーティン・イーデン(ジャック・ロンドン)

\今すぐチェック/
Amazonで探す▷

「残酷なほど力強い本だ。パワフルな絶望。前向きな自滅。」

今昔物語(福永武彦訳)

¥1,540 (2021/10/25 00:05時点 | Amazon調べ)
\今すぐチェック/
Amazonで探す▷

この本、ものすごく面白いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェア願います
URLをコピーする
URLをコピーしました!

サイト内Check

タップできる目次
閉じる