ー現役人事部長のプラスなブログー

衣食住の衣の意味がわからない?人間の三大欲求から考える

投稿日:2018-02-11 更新日:

衣食住の衣はもしかして性欲と関連するのではないか?

 

今まで衣食住のことをいくつも書いてきました。

そのきっかけは、衣食住というコトバの中における衣という言葉の座りの悪さでした。

食と住の重要性と比較して、衣のバランスの悪さがどうにも気になっていました。

その理由を社会性を軸にしてこれまでいくつかエントリーしてきました。

(ご興味のある方は本エントリーの最後にご紹介していますので、ぜひお読みください)

これらに加え、本日は人間の三大欲求から衣食住を考えてみたいと思います。

コアメッセージ

  • 衣食住は人間の三大欲求である性欲・食欲・睡眠欲と比較することで意味がみえてくる。
  • 衣は性欲と連関している。
  • 衣はファッション性の側面が強く、セクシャルな要素を抜きにして語れない。

 

 

 

三大欲求とは

人間の三大欲求とは、性欲・食欲・睡眠欲・の3つを一般的に指します。

生物としての人間が生存するために必要不可欠な欲求です。

このうちの食欲と睡眠欲を満たすことは人間が個としてサバイバルする上で欠かせません。

不足すると死に至ります。

性欲は満たされなくても直接的に生き死に関わることはありません。

しかしながら、人類の存続には大変重要な欲求であることは間違いないでしょう。

気になるブック

 

三大欲求と比較してみると

衣食住を三大欲求と比較してみます。

【 衣 】 【 食 】  【 住 】

【性欲】【食欲】【睡眠欲】

食は食欲に連関します。

そのものズバリですね。

住は睡眠欲に連関するでしょう。

寝床は眠るための場所です。

寝床はそのまま住処を指し示します。

これも問題はなし。

残りは衣。

衣は性欲に連関していると推測してみる。

どうなんだろう?

気になるブック

 

衣と性欲の関連性とは

性欲を満たすためにはパートナーに振り向いてもらうことが非常に大事です。

同性であろうが異性であろうが、年上であろうが年下であろうが、変わりはありません。

衣とは、暑さ寒さをしのぐ身体を防護するという第一義的な意味合いの他に社会性を象徴するものです。

簡単に言えばファッションとしての要素の割合が大きいといえます。

そのひとの地位や感性といったものを人は身につけているファッションから解釈します。

ファッションとは自己表現です。

ゆえに自己顕示のためだけに着飾る人もいるでしょう。

が、多くの場合はそうでないはずです。

自己表現は他人へのコミュニケーションを目的としてなされている場合が大半です。

着飾るという行為における他人へのコミュニケーションとは、恋する対象(愛する対象)へのコミュニケーションに他なりません。

太古の昔からあらゆる場所で、人類はモテたいという動機に基づき、髪型を整え、化粧をし、晴れ着で着飾ってきました。

着飾るという行為の視野には性欲を満足させるというゴールが常に入っていたと言い得ます。

気になるブック

 

生きる上で必要なもの

生活における不可欠な3つの要素が衣食住です。

人間にとっての三大欲求が食欲、睡眠欲、性欲です。

あなたが生きる上で必要不可欠なものを生活上の要素から見た場合、それは衣食住となります。

あなたが生きる上で必要不可欠なものを生理的欲求から見た場合、それは性欲・食欲・睡眠欲です。

衣食住の衣はファッション性からその意味を問われなければなりません。

そしてセクシャルな要素を抜きにして語れはしないのです。

気になるブック

 



>> よく読まれている記事&広告



>> twitterで情報を発信中です。よろしければフォローしてくださいね。

クリック twitterのフォローはこちらから

 

 



  • この記事を書いた人
パドー1000

パドー1000

元営業マンの現役人事部長パドー1000が書いています。
詳しいプロフィールへ

Ⓟinterest/fashion//  Ⓟinterest/art//

-ライフ, 衣食住

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.