本と映画レビュー。時々ファッション&音楽

Thinking-Puddle

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
Filter by Categories
映画
本・コミック
ファッション
小 説
映 像・音楽
ライフ
一般書
メディア
ファッション・ライフ
コミック
音楽
衣食住
映像周辺
活字周辺

小 説

村上春樹の「木野」とはカラフルな神話的世界に他ならない

2016-12-03

  1. ♦トップページ >
  2. 本・コミック >
  3. 小 説 >

村上春樹の「木野」とはカラフルな神話的世界に他ならない

2016-12-03

この記事は約5分で読めます

この小説のキーワードは蛇と猫。もちろんどちらも象徴的存在となります

「女のいない男たち」が電子版で出版されたので、以前に紙の本で読んでいたこの短編集を久しぶりに読み返しました。

パドー
傑作はいつ読んでも傑作です

以下、内容に言及するため、ネタバレ注意にてお願いします。

 

>>目次に戻る

 

神話的世界

本作は神話世界を舞台にしている小説と言えます。

差し当たり、物語の基礎的条件について簡単に説明していきます。

水辺とはご存知のように、あの世とこの世の境界を象徴している場所と広く認識されています。

柳の木はそのような水辺に生える植物です。

それゆえに、あの世とこの世を想起させる植物として知られています。

「矢の木」とも呼ばれ、その形状から、蛇が容易に連想され、両者は古くから結びついているのです。

蛇とは基本的に邪悪の象徴であると理解されています。

と同時に、小説中に記載されているように、両義的意味合いを強く持つ生き物です。

本作の舞台となる店は、

そもそも主人公の伯母が喫茶店としてはじめたものを主人公が水商売のバーに店舗替えを行ったものであることをあなたは直ちに思い出すべきでしょう。

いずれも水に関わることは自明であるのです。

小説の設定として、両義的(善悪)な世界が舞台がお膳立てされています。

この両義的な世界がかろうじて、善の側に傾いていたのは、猫がこの店に住みついていたからに他なりません。

村上の描く世界の「猫」の重要性があなたの頭には浮かんでいるはずでしょう。

間違ってはならないのは、主人公のいる世界が善から悪に移行したという解釈は成立しないということです。

そうではなく、

「どちらに振れてもおかしくないこの両義的世界」に主人公は生きざるを得ないということを作者はただ強調したいだけなのでしょう。

「羊をめぐる冒険」喪失の物語が見せる2つの顔とは?

続きを見る

>>目次に戻る

 

バランスを司る猫的存在

猫とはこの場合、善と悪のバランスをとるオモリであったはずです。

この猫が不在となることで、バランスは崩れ、悪の側に世界は傾いてしまいます。

それが、両義的世界の特徴であり、われわれのこの世界の「素顔」であるといえます。

傾斜のおかげで、主人公の木野は今まで無自覚であった真相に気付かされるはめに陥ります。

ここで言うバランスが崩れるとは、次のような移行を指します。

「正しいことを行う」と「正しいことを行わない」に決定的な差異がある相から、「正しくないことを行う」と「正しいことを行わない」にそれほど特徴的な差異がない相に、世界が移行してしまう

これが、両義的な世界の恐ろしさなのです。

正しいことを行わないことが罪となる。

これは、ユダヤ=キリスト教的世界観であることは言うまでもありません。

 

>>目次に戻る

 

神田という存在

本作において極めて魅力的でありミステリアスな人物である神田。

舞台が両義的な世界であるのならば、

神田(かみた)とは何者かという質問にすこしだけ答えることが可能となります。

神の田とは、神の世界にいるということを指します。

神そのものではないことに注意して下さい。

神田は、主人公を救うことができないし、そうはしません。

ただ、助言を、予言を、するだけなのです。

ということは、神ではない存在で、神の世界の住人。

つまり、天使に他なりません。

 

天使の役割

天使といえば、直ちに思い出されるのは、ヴェンダースの「ベルリン天使の詩」でしょうか。

この映画に出てくる天使はただ見守るだけです。

何らの手出しをしない。

この小説の「天使」も限定的な関わりしかできないところは、同様の設定となっています。

 

雨は降っているし、降ってはいない

この小説において、

邪悪なものからの守り神的存在であった柳の木はバランスの崩壊とともに、蛇を産出したといえないでしょうか。

蛇は決して柳の木と対峙するものではなく、何かの作用でそれは容易に変容してしまうものです。

それこそがわれわれの世界である、この世界の両義的特質であるはずです。

これを示唆する記述が、魅力的な登場人物のひとりである常連客の神田の登場の場面に明確にみてとれます。

雨も降ってもいないのに、また降り出しそうな気配もないのに、丈の長い灰色のレインコートを着ていた。

両義的な世界においては、雨はいつも降っているし、常に降っていないのです。

 

神田は警告する

次の長い雨が降り出す前にここを離れるように、と神田は警告します。

長い雨により、その両義性は悪へと急勾配を下るはずです。

この雨のエピソードは、神話的世界でおなじみのノアの方舟の伝説と地続きであるのでしょう。

神話的連関が、小説内のそこここに散りばめられています。

木野とは、神田との比較において、お分かりのように、人間世界を指します。

われわれのこの世界そのものです。

 

世界と我々

木野という名の男は自分の店の名を木野と名付けました。

名付けたその瞬間に、その場所は自らと一体化してしまっています。

ゆえに、どこに行こうと木野(人間)は木野(世界)から逃げ切ることなどできません。

言い換えるならば、

世界は両義的であると同時に我々自身も両義的存在であるという結論の確認を村上は強います。

主人公の部屋を、主人公の心を、誰(何)がノックをしているのかは、実はそれほど問題ではありません。

ノックから逃れることができないことが重要なのです。

そのことだけがここでは表現されているのでしょう。

 

絵葉書を投函する

主人公は、天使との約束を破り、絵葉書に心の裡を書き込んでしまい、投函します。

その約束とは、何も書かずに叔母に絵葉書を送付することでありました。

何も書かない。書いてはいけない。

対話を予め禁じられているということが意味されているのです。

ユダヤ=キリスト教的世界観がここにも徹底されているとは言えないでしょうか。

約束を破ってしまう木野を、蛇に唆され、林檎をかじるアダムに二重写しにすることは、それほど難しくはないはずです。

 

叔母の存在

ここまできて、思い出されるのは、

神田が主人公の叔母に頼まれて主人公の身に悪いことが起こらないように目を配ってほしいというセリフです。

この神田と叔母との関係性を延長すると、叔母は「神」という結論に自ずと達します。

であるならば、

「木野」を収録するこの短編集のタイトル「女のいない男たち」は次のように読み替えられるはずです。

「女(神)のいない男(人間)たち」

神のいない世界はバランスを欠く、柳の枝が蛇であり、蛇が柳の枝である世界にほかなりません。

シェイクスピアの魔女であれば、きれいはきたない、きたないはきれいと言うでしょう。

そう、

木野はわれわれ自身であり、われわれこそが木野であるのです。

 

豊穣なる物語

すべての物語は神話構造をその母とするはずです。

すぐれた物語は多義的な解釈をいとも簡単に可能とします。

あなたの解釈をいつかお教えください。

あわせてよみたい

ノルウェイの森。我々の生のうちに潜んでいるものの正体とは

続きを見る

オススメ
村上春樹「アフターダーク」忘れたふりをしていてもダメだ

続きを見る

        

今、読まれています

-小 説
-

Copyright© Thinking-Puddle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.