本と映画レビュー。時々ファッション&音楽

Thinking-Puddle

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
Filter by Categories
映画
本・コミック
ファッション
小 説
映 像・音楽
ライフ
一般書
メディア
ファッション・ライフ
コミック
音楽
衣食住
映像周辺
活字周辺

衣食住

衣食住の意味。大切なことは私たちはひとりで生きてはならない

2019-01-01

  1. ♦トップページ >
  2. ファッション・ライフ >
  3. 衣食住 >

衣食住の意味。大切なことは私たちはひとりで生きてはならない

2019-01-01

この記事は約4分で読めます

衣食住を「人とのつながり」から考えてみる。社会性が本当に大事なのです

衣食住とはわたしたちの生活の基盤となるものです。

ある意味、生活それ自体であるのかもしれません。

毎日を気持ちよく生きるためには、

この衣食住のすべてに関心をもつことがとても大事であると思われます。

「この程度でいいや」とか「まあいいかな」をできるだけ少なくし、

日々の暮らしのなかで、衣食住に関する時間を定期的に取ることがあなたの生活をカラフルなものにしていくはずです。

わたしたちも衣食住について立ち止まって考えてみました。

考えを重ねるうちに、少しばかりわかってきたことは、

人はひとりで生きてはならないという結論でした。

「社会性」がいかに大事であるのかが、衣食住について考えることを通して理解することができたのです。

以下に、衣食住について個別に説明をしていきます。ぜひご参考にしてください。

あなたの毎日の生活が、周りの大切な人たちと共に光り輝くことを願ってやみません。

>>目次に戻る

 

衣食住のことを考えることになったきっかけは語句の収まりの悪さでした。違和感を感じたのです

衣食住は人が生きていく上で、最低限必要な生活条件のようなものであると考えられています。

この3つの言葉をはじめて耳にしたとき、あなたに違和感は訪れなかったでしょうか?

大事なものが3つあります。それはセットになっています。それが衣食住です。

このように言われとときに、すんなりと同意できたでしょうか?

食べることが大事なのは、生命を維持しなければならないので、すぐに理解できます。

住むところが必要である。

これも生命の危機の観点から直感的にわかります。

最後に「衣」が残りました。

裸で生活するわけにはいかないですから、必要であることは認識しています。

「食」や「住」と比較して重要度において少しばかり低いのではないかとあなたは思わなかったでしょうか。

わたしたちはなにか違うなと思ったので考えることにしました。

同格であり同列である理由がおそらくあるはずです。

理由を見つけ出す前に、まずは個別に考えてみることにしました。

メモ

お金をかけてこだわることを道楽と言います。衣食住についてはどうなんでしょうか。食い道楽。着道楽。ここまではすんなり分かることと思います。でも、最後が続きません。住についてはあるのかないのかどうなんだろうと調べてみると、石津謙介氏の著書にありました。「普請道楽」と言うそうです。着るものにはじまり、食を経て、最後は住まいに贅を極める。わたしたち庶民には遠い遠い道のりです。

衣食住を考えるための2冊

衣食住を考えるときに、まず思い出される2冊をご紹介します。

ふたりの著者はいずれも自らのライフスタイルを確立されています。いずれもシンプルで力強いものばかりです。そのこだわり、考え方はとても参考になります。

>>目次に戻る

 

はじまりの一歩としての衣について

自然界においては、人は単独の個体としては極めて脆弱な存在です。

ゆえに、集団を成し、共同体を作り上げることで生存率を高めてきました。

人はひとりでは生きていけませんでした。

ゆえに、何にも増して「社会性」を身につけることが要求されました。

お互いの社会性を確認するその取っ掛かりとなるのが実は「衣」だったのです。

「衣」を通じて、相手の持つ多くの情報を得ることが可能になりました。

このことが共同体を強固にし、その成長を促したことは想像に難くありません。

詳しく見る

関連
衣食住の衣

続きを見る

>>目次に戻る

 

関係強化のための食

食には2つの意味があります。

「食物・食料それ自体」を指す場合と「食事」を指す場合です。

そして、この食事も実は2つの意味を持っています。

「栄養の補給」と「関係性の強化」。

食事はひとりでする場合もあれば、集団の場合もあります。

ひとりで食べる場合は大抵の場合、栄養の補給と言えるでしょう。

一方、複数で食卓を囲むことは絆を強めます。

共に食するという行為は親睦を深め、集団の仲間意識の強化には欠かせないものなのです。

詳しく見る

関連
衣食住の食

続きを見る

主役が住になることの危うさについて

雨露をしのぐことを目的とする「住」はその始まりは屋根(傘)であったと言えるでしょう。

そのような住もその後、象徴的存在と化す可能性を有していたのです。

住む人が主役であるはずが、住そのものが主役となってしまうことはいつの時代にもありました。

自然の猛威から身を守り、プライバシーの確保を可能にした住は、度が過ぎると権力や富の象徴として機能し始めてしまいます。

ある意味、衣と同じくらいに住はその人の「ひととなり」を雄弁に物語るのでしょう。

詳しく見る

関連
衣食住の住

続きを見る

社会性という観点で衣食住を考えてみる

以上、個別にみてきましたが、お分かりの通り、はっきりとした共通点がみられたはずです。

それは「社会性」です。

個が生き延びるためには共同体に帰属する道を選びます。

その際に不可欠なのが社会性の獲得なのです。

社会性を獲得し、それを維持し、かつ強化するという側面からみるとき、

衣食住はどれもが対等であることが理解できることと思われます。

社会的動物であるわれわれ人間はひとりで生きることが絶望的なまでに困難な生き物です。

ゆえに、集団を形成し、意思を伝え、汲み取ろうと悪戦苦闘します。

ひとりで生きることができないのだから、ひとりで生きてはならないのです。

決してひとりきりで生きてはならないのです。

なぜなら、わたしたちは人間(社会的存在)なのだから。

8月15日追記(戦争が終わった日に)

衣食住という語は多層的な意味を持っています。

それは単体・単独の思想ではなく、共存・共栄の考えに基づき口にされた言葉であると思えてなりません。

70年あまり前の自分が生まれる前の「戦争当時の話」というものを私の貧しい想像力では十分には理解することができません。

戦争という事態は想像力でつかみ取れるほど簡単なものではないでしょう。

終戦直後の混乱の時期において、当時の人達が衣食住をなんとかしなければならなかったときに、

人を思いやる気持ちが「大きな力」となったであろうことだけは、貧しいわたしの想像力でも理解できると言い切ることができます。

なぜなら、わたしたちは人間(社会的存在)なのだから。

        

今、読まれています

-衣食住
-,

Copyright© Thinking-Puddle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.