本と映画と音楽のレビュー。時々ファッションなど

Thinking-Puddle

活字に関すること

活字全般について書いています。

小説・ノンフィクション・批評・マンガなど盛りだくさん。

サブカテゴリーは次の4つです。

  • 小説
  • 一般書
  • コミック
  • 活字周辺


「10年つかえるSEOの基本」変わらない考え方を押えるために


「自己啓発をやめて哲学をはじめよう」あなたは他者の環境の一部だ


「羊をめぐる冒険」喪失の物語が見せる2つの顔とは?


「柄谷行人論<他者>のゆくえ」状況の批評家を知るための最良の書


「プログラミング教育はいらない」プログラミング思考をあなたへ


村上春樹「バースデイ・ガール」彼女の願いとはなんだったのか?


ノルウェイの森。我々の生のうちに潜んでいるものの正体とはなにか


Webデザインでうまくいかないときにあなたが読むべき本とは?


「ザ・マイクロコピー」たった数文字のテキストが売上を激変させる


岡靖知、写実画家の新・リアリズム。写真を超えるクオリティー


「優雅なのかどうか、わからない」ほどエレガントな小説はない


発売日が待ち遠しいあなたにおすすめのマンガ厳選7作品!


「政治的に正しい警察小説」どんでん返しが読みたいあなたへ


「マネタイズの教科書」絶対感激の1冊をもがいているあなたに


ガリレオシリーズ、再始動した物理学者湯川の何がどう変わったのか


書評が書けなかった今年読んだ本たち。せめて備忘録として・・


原作者が描くコミック「攻殻機動隊」の素晴らしさとはなにか?


ハゲタカシリーズ。息を呑むゴールデンイーグルの世界を堪能する


「エッセンシャル思考」最小の時間で成果を最大にする方法とは


誰も語らなかった読書の目的。ただひとつであると言い切っていい


読むだけで頭が良くなったとあなたが大いに錯覚できる3冊をご紹介


小説「孤狼の血」悪徳警官の陽の当たらない正義とはなにか


自腹を切って買い漁ったWebライティング本。全25冊ご紹介!!


佐々木俊尚「広く弱くつながって生きる」人生はそんなに悪くない


村上春樹と自由意志の問題、そんなにことは単純ではない


落合陽一【日本再興戦略】未来を始めるために直ちにアップデート


Kindle Unlimited読み放題サービスは雑誌好きこそ超お得!


世界のエリートはなぜ「美意識」を執拗に鍛えるのか?


【お金2.0 】資本主義から価値主義への過渡期を生きるあなたへ


ベゾスの大戦略をあなたはそれでも無視しようとするのだろうか


安達裕哉のコミュニケーション本を読まずに済ます自信があるか?


「インベスターZ」あなたが投資をしない理由はこの世に存在しない


「ゴールデンゴールド」第3巻 フクノカミがあらゆる場所に現れる


有田憲史「ネットで「効く」コピー」思わず読ませる極意とは?


機龍警察最新刊「狼眼殺手」寝食を忘れたいならすぐに読むべき!


村上春樹の「辺境・近境」は、なぜ旅行記の傑作なのだろうか


「新・独学術」知的パフォーマンスを最大化する合理的方法とは


村上春樹という重力に魂を引きつけられたあなた達よ(まとめ)


村上春樹「アフターダーク」忘れたふりをしていても逃げられない


梅原大吾「1日ひとつだけ、強くなる。」勝負のあちら側とは


柄谷行人「思想的地震」類まれなる批評家の軌跡


小川和也「デジタルは人間を奪うのか」電子仕掛けの違和感の行方


瀬木比呂志「リベラルアーツの学び方」知はパワーであることを知る


「一流の人はなぜ、A3ノートを使うのか?」紙一枚にまとめる極意


「外資系コンサルの知的生産術」プロだけが知る99の心得とは


エディー・ジョーンズ「ハードワーク」成功は準備がすべて!!


梅原大吾の「勝ち続ける意志力」なぜ彼は階段を登り続けるのか


「徹夜しないで人の2倍仕事をする技術 三田流マンガ論」に学ぶ


「最強のコピーライティングバイブル」選ばれ続ける理由とは何か


「新しいメディアの教科書」三種の神器を揃えた者が勝ち残る?!


「人を操る禁断の文章術」たった1行であなたも踊らされる?!


「沈黙のWebライティング」誰もが言葉を紡ぐ時代のバイブル


「テニスプロはつらいよ」超格差社会を戦うテニスの子の物語とは


吉田秋生「海街diary8 恋と巡礼」胸詰まる横顔の秘密とは?


「ブログで成功するための9の鉄則」を隅々まで読む


「みみずくは黄昏に飛び立つ」川上未映子そこまで聞く?!


「村上春樹翻訳(ほとんど)全仕事」午後の楽しみとは


「人間にとって健康とは何か」精神病理学者が説く健康の定義とは


「騎士団長殺し」村上は「時間」を味方につけることに成功した


藤田伸二の「騎手の一分」唯一名前で勝負できる男の魂


100倍クリックされる超Webライティング実践テク60とは


「国のために死ねるか」元自衛官の命がけの「仕事論」とは


西川美和「映画にまつわるXについて」煉獄にいちばん近い場所


「人間と機械のあいだ 心はどこにあるのか」あなたの心はどこ?


「若い読者のための短編小説案内」から村上春樹の文学の故郷を知る


恩田陸「蜜蜂と遠雷」誰にも教えたくないタイトルの真の意味


マンガ「刻刻」理屈でできた恐怖が時間を止める


ゴールデンゴールド、マネースリラーの本命が真正面からやってきた


「意味がなければスイングはない」スイングの正体とは?


完全保存版「エルメスの秘密。」御すのはお客様自身です


「定本柄谷行人文学論集」思想家(批評家)のその可能性の原点


知の操縦法、高く高く知性は遠くへ飛んでいく


「そして、暮らしは共同体になる」究極の普通が最高の贅沢だ!


駿台文庫に一任、受験生が頼りにする圧倒的なクオリティーの数々


スプートニクの恋人とは一体全体だれのことを指すのか?


村上春樹のコミットメントの意味をあなただけが知らない


昭和の文学的風景(まとめ)があなたに見せてくれるもの


2016年も終わるけど、印象深かった本だらけ(まとめ)


「機龍警察シリーズ」月村了衛が描く全く新しい警察官僚小説の世界


BRUTUS最新号「危険な読書」は取扱い注意の垂涎ものです


「坊っちゃんの時代」敗北の美学を写し取るマンガ


村上春樹の「木野」とはカラフルな神話的世界に他ならない


ポール・ド・マン、理解とは目をつむり跳躍することであるか


ベルクソンの「創造的進化」とは春の小川であろうか


忘れられた才人である明石散人を読み直し、目から鱗が泳ぎだす


知のヒーローとしての山本義隆。あまりに難渋な知性。


慰めの文学。生きられた批評としての「海辺のカフカ」


ゴールデンカムイ、生きることと生き延びることは絶対に違う


「風と光と二十の私と」美しい時間が流れる小説の醍醐味


武田泰淳の「富士」、唯一無二の一等の文学


哲学教授兼哲学者野矢茂樹が語るウィトゲンシュタインの哲学


POPEYE最新号の「僕の好きなアート。」は即買いレベル


小林秀雄の言う「無常という事」を何ひとつ理解していない


好奇心を占う書「ネットが面白くてナニが悪い」

Copyright© Thinking-Puddle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.