本と映画レビュー。時々ファッション&音楽

Thinking-Puddle

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
Filter by Categories
映画
本・コミック
ファッション
小 説
映 像・音楽
ライフ
一般書
メディア
ファッション・ライフ
コミック
音楽
衣食住
映像周辺
活字周辺

一般書

「人を操る禁断の文章術」たった1行であなたも踊らされる?!

2017-07-06

  1. ♦トップページ >
  2. 本・コミック >
  3. 一般書 >

「人を操る禁断の文章術」たった1行であなたも踊らされる?!

2017-07-06

この記事は約4分で読めます

文章とは相手を行動させるために書くものなのだ

人を操る禁断の文章術

文章にはたったひとつの目的しかありません。

その目的とは「今すぐ人を行動させること」です。

文章を書くにあたってこのことを十分に理解している者だけが実際に人を動かす(操れる)ことが可能となります。

これは魔法でも洗脳でもありません。

メンタリストの言うように人を動かすための文章のルールは確かに存在するのです。

おすすめ度:

こんなあなたにオススメ

  1. ブログをもっと読んでほしい
  2. アフェリエイトでもっと商品を買ってもらいたい
  3. 好きな人に振り向いてほしい
  4. 上司に企画を通したい

こんなメリットがあります

  1. 文章の威力をまざまざと理解することができます
  2. 今すぐ人を行動させることが可能となります

本書の内容

TVで見かけるメンタリストDaigo氏が書く本書は、読み手の想像力を刺激して、感情を揺さぶり、行動を誘導するメンタリズム文章術です。会話よりも文章のほうが人を動かすパワフルな手段であることをあらためてあなたは知ることとなるでしょう。今まで誰も教えてくれなかった人を動かす文章のルールが大変わかりやすく解説されています。

本書の目次

  • 文章が持つ力は無限大
  • 「書かない」3原則で人を操る
  • 人を動かす7つの引き金で、何を書けばいいかもう悩まない
  • あとは、5つのテクニックに従って書くだけ
>>目次に戻る

 

ペンで人を操れるようになれるのか?

読もうとしたきっかけ

人がアクションする文章を書きたい。

そのために現在集中してwebライテイングに関連する本を読み漁っています。

そのひとつとして本書を手に取りました。

読んでよかったところ

あなたは文章を書くことの目的は何かと問われれば、これだと確信的に答えられますか?

著者によると「今すぐ人を行動させること」だそうです。

私はもっと「文学的なきれいごと」を答えとして用意していました。

それはどうやら間違っていたようです。

人に届くだけではなく、その先のアクションに連続していかなければならない。

このことが理解できたことは自分にとって大きな前進です。

今後どうしたいのか

行動させるための文章を書けるようになりたい。

それを突き詰めていけば、文章のスタイルも変わってくることでしょう。

とにかく新しいスタイルを身につけたい気分です。

>>目次に戻る

 

人を操る文章のしくみ

人を操る文章のしくみは次のように解説されています。

読む→言葉に反応する→想像する→行動を起こす

わたしが書いたり、書いていた文章はおそらく次のように「肝心」が抜けています。

読む→言葉に反応する→・・・・・

「想像する」がないので「行動を起こす」も発生しません。

ミック
あきまへんな
>>目次に戻る

 

人を動かす文章のルール

次の3つとなります。

  1. あれこれ書かない
  2. きれいに書かない
  3. 自分で書かない

三番目がわかりづらいので補足します。

自分が書きたいことを書かないという意味です。

あなたが書きたいことは相手の心と無関係な場合が大半です。

人の心を揺さぶる文章を書きたいなら、自分の頭の中を探る時間を最小限に。刺さる言葉はあなたの中ではなく、相手の心の中にあるのですから。

読む人を想定し、その人物についてじっくりと時間をかけましょうと言います。

多くのブロガーが「ペルソナ=想定される読者像」をできるだけ詳細にイメージして書くようにというアドバイスがようやく繋がりました。

書き始めるにあたり多くの人がどうしてあれほど読者を想定し、できる限り綿密な架空のプロフィールを作り上げねばならないのかが、いまいちピンと来なかった。今回本書を読んで、そのことが少しは理解できたつもりです。相手の心に届き、具体的なアクションを起こしてもらうためには、その誰かはどこまでも「顔が見えていなければならない」のです。

人を操る文章とは1メッセージにて

人に思った通りに行動してもらおうと考える場合、

伝わらない文章など当然論外です。

では、伝わる文章はOKかといえば、残念ながらそれだけでは不十分。

「したくなる文章」が人を動かす文章の正体となります。

ゆえに、あれもこれもてんこ盛りでは焦点がぼやけます。

これでは「したくなる」が起動しません。

なので、文章の中に込めるのは1メッセージのみとなるのです。

続きは本書にて

感情を揺さぶり、人を行動に駆り立てる「7つの引き金」とそのまま使うだけで自在に操れるようになる「5つのテクニック」が書かれていますが、これらの「とっておき」は本書にあたってみてください。

最後に一言だけ

たくさんの人が推奨しているにもかかわらず、タレント本だからと手を出さない自分がいました。

けれども読み終えたあと、全くの間違いであることが大々的に判明しました。

「人生のあらゆる問題は、文章が解決してくれる」という著者の確信は大げさなものではなく、本当であると今は思えます。

そのような私に向かって「踊らされている」と言う人もいるでしょう。

口角を上げてわたしはこう答えます。

あなたも踊らされてみませんか?

おすすめ度:

あわせて読みたい

「KGBスパイ式記憶術」間違いなく記憶力を強化する方法とは

続きを見る

オススメ
安達裕哉のコミュニケーション本を読まずに済ます自信があるか

続きを見る

        

今、読まれています

-一般書

Copyright© Thinking-Puddle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.