Thinking-Puddle

現役人事部長の 雑記blog

一流の人はなぜ、A3ノートを使うのか?紙一枚にまとめる破壊力を知りたく、ない?

投稿日:

 

すべてを紙一枚にまとめる仕事術を学ぶ⇒

最短にして最強の思考法が本書によって知ることができる。

本書は、あなたのごく身近にあるツールを武器に、ビジネスパーソンが圧倒的成果を発揮する技術をお伝えするために書かれました。

紙一枚にまとめる方法はトヨタのやり方としてつとに有名であり、A3サイズを使用することも珍しいことではありません。

では、どこに本書のアイデアの特色があるのか?

つぎの3つを一枚の紙の上に実現している点です。

スポンサーリンク

3つの思考法

つぎの3つを紙一枚の上に展開しましょう、と著者は言います。

  1. 拡大思考
  2. 分割思考
  3. 俯瞰思考
  • 拡大思考とは、広いスペースに課題やアイデアを展開することで「発想」を拡大します。
  • 分割思考とは、目的に応じてフレームを分割することで段階的に思考を「整理」します。
  • 俯瞰思考とは、ムダのない情報を一枚にまとめ、俯瞰することで「行動」を加速させます。
3つにまとめる
3という数字はご存知のようにマジカルナンバーです。1つなら説得力に欠け、2つでも選択肢は他にもあるだろうと不平不満が飛び出しがちです。もちろん4以上はダメです。もっと絞り込めと言われるのがおちです。しかしながら、3つをテーブルの上に載せると、途端にどれどれと吟味が加速していきます。他の2つと比べてこれしかないかなとか、この2つのいずれかだなというように、三者択一というのが人は大好きなのです。

拡大

広さは思考の飛躍に正比例します。

ゆえに、A4でもB5でもないのです。

スペースは力だ。

分割

分割のスタイルにはいろいろなバリエーションがあります。

が、わたしはシンプルな二分割が一番しっくりきます。

A3の真ん中に線を引き、左右に分割します。

左側は自由になんでも書き出していく。

どんどんどんどん。

ブレインストーミングの要領で。

その左側を整理するのが右側のスペースです。

右側にまとめ、清書するのです。

実際やってみましたが、カオスとコスモスを一覧できることはある意味、思考の過程と結果を同時に見渡せるのです。

ゆえに論理の道筋がそこはかとなく浮かび上がるので、後からあらためて考え直すときに非常に役立ちます。

俯瞰

一覧性に富んでいる、すなわち俯瞰できるということは、あれこれ他に探す手間も頭を巡らす必要もないので、さあアクション、アクションと足が、手が出やすいです。

ここは大事。

行動に移されなければ、資料は死んだも同然なのだから。

本書の目次

  1. なぜA3ノート1枚なのか?
  2. なぜ「ノート」なのか?PCではダメなのか?
  3. 書く前に何を知っておくべきか?
  4. A3、1枚にあらゆる発想を書き出す
  5. A3、1枚をフレーム分割して、発想を整理する
  6. A3、1枚で「全体像」を網羅する
  7. A3ノート徹底活用術

画期的な方法

画期的な方法とは常に「何だそんなことか」という印象を持たれがちです。

もしかするとあなたも本書に関してもそのような印象を持つかもしれません。

が、そうであれば、それは本書が「画期的な方法」であったという証なのでしょう。

本書が画期的であるのは次の理由からです。

  1. 誰にもその方法が理解でき、本日只今から可能であること。
  2. 1枚の紙の上で悪戦苦闘することにより確実に思考力が鍛えられること。
  3. 思考力を鍛えるための方法として合理性に富んでいること。
  4. 仕事に直ちに役立つ可能性が極めて高いこと。

これだけあれば十分でしょう。

  1. 拡大思考で発想する
  2. 分割思考で整理する
  3. 俯瞰思考で行動する

やらない理由を捨て去る準備はできたかい、そこのあなた。

これ買いましたが、なんだかこれからやるぞという気にさせてくれますよ。

最新記事はこちら

  • この記事を書いた人
パドー1000

パドー1000

現役人事部長のパドー1000と申します。雑記blog「シンキング・パドー」を書いています。
カテゴリーは、人事・仕事・就活・受験・活字・映像・音楽・競馬・アート・ファッション・ライフ。
詳しいプロフィールへ

-活 字
-

Copyright© Thinking-Puddle , 2017 All Rights Reserved.