MENU
アーカイブ

「政治的に正しい警察小説」どんでん返しが読みたいあなたへ

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Contents

葉真中顕(はまなかあき)によって久しぶりにブラックユーモア小説を堪能する

タイトルに惹かれて読んだ「政治的に正しい警察小説」は大当たりでした。

パドーのアイコン画像パドー

上手いです。

パドーのアイコン画像パドー

読ませます。

短編小説好きで、ピリッとブラックなニヤリを欲しているのなら、

ドンピシャです。

阿刀田高以上筒井康隆未満のブラックユーモアゾーンです。




「政治的に正しい警察小説」の気になる中身

表題作を含め全6編からなります。

  • 秘密の海
  • 神を殺した男
  • 推定冤罪
  • リビング・ウィル
  • カレーの女神様
  • 政治的に正しい警察小説

題材は多岐にわたります。

  • 「秘密の海」は児童虐待
  • 「神を殺した男」は将棋界
  • 「推定冤罪」は漫画家と才能
  • 「リビング・ウィル」は尊厳死
  • 「カレーの女神様」は味の記憶
  • 「政治的に正しい警察小説」は作家と編集者




どんでん返しをもっともっと

どの作品も基本的にはどんでん返しを前提にして書かれています。

そこにカタルシスはありませんが、感嘆が口を開けて待っています。

小説の醍醐味、技工が随所に垣間見られます。

特に感心したのは、「カレーの女神様」です。

メルヘンチックがスプラッターホラーに急展開するところは、

ロシア作家ウラジーミル・ソローキンの「ロマン」を彷彿させます(ソローキンはやりすぎですが)。

表題作の「政治的に正しい警察小説」は筒井康隆そのものです。

ネジの外れたエスカレーションの有様はただちに彼の作風が頭に浮かびました。

ブラックとコメディが手を取り合って坂道を転げ落ちていきます。

今回、著者の作品をはじめて読みましたが、

これからあれこれ読んでみようと考えています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

カテゴリーをチェック

Contents
閉じる