MENU
アーカイブ

POPEYE最新号の「僕の好きなアート。」は即買いレベル

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Contents

つり革広告が私を手招く

一週間の終わり、帰途の車中、降りる駅に近づいたので、Kindleをしまい、ふと目を上げる。

つり革広告に、POPEYEの文字。

なんと、「僕の好きなアート」とある。

選択の余地なし。

本屋にまっしぐら。




会田誠氏インタビュー

孤独な惑星―会田誠作品集

記事の中で、会田氏は言います。

僕が思うに現代アートっていうのは近代アートの自殺みたいなもの。デュシャンの便器は何がすごいって、芸術家として「芸術の自殺」を最初に演じたから。

このような認識は広く共有されていて、ここが出発点である、らしい。

問題は、各アーティストの自覚の度合いなのです。

  • 無自覚すれすれのもの
  • 自覚しても何もできないもの
  • 自覚していないふりを懸命にするもの
  • 自覚を全面に出し開き直るもの
  • 自覚と無自覚を無効にしてしまうもの
パドーのアイコン画像パドー

切りがない

戦いは、どの業界、分野においても、無慈悲で、凄惨です。

生き残ったものだけが歴史になるのでしょう。




思い出した画家

ナチュラル・ウーマン

このポップな雑誌をめくっているときに、記憶が蘇りました。

以前にやたら気になっていた画家。

トワイヤンです。

松浦理英子氏の「ナチュラル・ウーマン」の表紙にあった、あの絵なのです。

いつか美術館でめぐりあいたいと思いながら、会えずじまいで現在に至っています。

この絵のタイトルは、たしか、「休息」であったような。

最後に

現代アートは、わかるわからないの罠にハマると、たぶん敬遠してしまいます。

そうではなく、いいな、なんかいいなあで、いいんじゃないでしょうか。

僕の好きなアート。

私の好きなアート。

ただ、それだけでしょう

「ただそれだけ」だけが、現代アートが生き延びる道であるのかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

カテゴリーをチェック

Contents
閉じる