Thinking-Puddle

現役人事部長の 雑記blog

色彩の楽園、わたしの大好きな画家たち

投稿日:2016-11-01 更新日:

 

絵はお好きですか⇒

わたしは大好きです。

好きのポイントは、色使いです。

鮮やかな色彩にどうしようもなく心惹かれます。

上品でかつ野蛮で、生き生きとしてそして無機的で。

以下は、私のツボをぎゅんぎゅん押してくる色彩の魔術師たちです。

スポンサーリンク

アンリ・ルソー

 

むせ返るような色彩。

湿気を帯びた表現。

何ていうのでしょうか、この遠い昔に出会った感は。

 

 

ジョージア・オキーフ

 

どこにも似ていない青。

誰も知らない白。

花の持つ秘密を否応なく、抉り出してしまうその筆力。

実物は一度だけ見ました。

 

 

フランシス・ベーコン

 

数年前、ベーコン展に行きました。

まさかまとめて作品が観れるとは思っていなかったので大満足。

実存的や神経的モチーフばかりがとりあげられ、好き嫌いの分かれる画風です。

わたしが惹かれるのは、その色彩の圧倒的な美しさ。

誰にもまねできない。

 

 

バルチュス

 

これも、数年前、東京で見ることができました。

同じく、まとめて作品が観れるとは、感無量。

押さえた地味目の色使いですが、抗いがたい。

 

 

デビッド・ホックニー

 

一切の叙情性を配した乾いた色使い。

素敵だ。

できれば、まとめてみたいものです。

 

 

ヘンリー・ダーガー

 

今年、横浜ではじめてみました。

想像通り、よかった。

描かれている題材は賛否両論でしょう。

でも、色と色とのバランスが絶妙で、やはりいい。

 

 

ウイリアム・ブレイク

 

基本、暗めなのですが、時折映える原色がなんともいえず、良い。

詩もいいんですが、それはまた別の話。

 

というわけで、東洋人がひとりもいないのですが、それは次回以降にて。

 

水たまりの一滴

オキーフとホックニーハは、是非どこかでまとめて観たいものです。

最新記事はこちら

  • この記事を書いた人
パドー1000

パドー1000

現役人事部長のパドー1000と申します。雑記blog「シンキング・パドー」を書いています。
カテゴリーは、人事・仕事・就活・受験・活字・映像・音楽・競馬・アート・ファッション・ライフ。
詳しいプロフィールへ

-アート

Copyright© Thinking-Puddle , 2017 All Rights Reserved.