人事屋パドーのブログ

シンキング・パドー

祭典なので、そろそろ2016有馬予想しますか

投稿日:2016-12-24 更新日:

さあ、有馬記念

いよいよクリスマスグランプリが明日に迫った。

冬の風物詩である、有馬記念が今年もやってくる。

暮れの中山コース2500M。

紛れの多いコース設計。

今年はどの馬が勝つのか。

お祭りなので、調子にのって予想しました。

当たっても外れてもお祭りです。

キタサンブラック基準

一番人気のこの馬を基準に考えていく。

ジャパンカップで勝負付がなされた馬の逆転は、ない。

これが、鉄則。

というわけで、ゴールドアクターもサウンズオブアースもシュヴァルグランもない。

あとは、この馬と勝負付が終わっていない馬を探すだけ。

菊花賞馬は強い

サトノダイヤモンド

マリアライト

デニムアンドルビー

この三頭をみていく。

今年の三歳馬は、夏の古馬との対戦における戦績をみると、弱くはないという結果となっている。

サトノダイヤモンドは、その世代のトップホースであるために、十分に戦える。

自在性があり、鞍上はルメール。

余裕あるローテも好感が持てる。

互角の評価となる。

牝馬はどうなんだろう

マリアライトは枠が悪い。

しかも、引退レース。繁殖が待っている。

宝塚記念を勝っている実績は大いに評価できるが、総合的に難しい。

 

デニムアンドルビーは、長期休養明けの叩き二戦目。

休み前の実力は折り紙つき。有馬との相性がいい血統でもある。

前走で目処は立ったが、勝ち切るまでのイメージはここではない。

屋根もイマイチの印象。

天秤にかける

キタサンブラックは二匹目のドジョウを狙いに行くわけだが、出入りの激しいレースとなるので、そう簡単にいきそうにもない。

前走の見えない疲れがやはり気にかかる。

お釣りで勝てるほど甘くはない。

内々の荒れた馬場を走らされるのも気になるところ。

とういうわけで、余力を含め、サトノダイヤモンドを本命とする。

ただし、三歳で有馬記念を3着以内の馬は翌年は必ず上位に来ることから、二着は固い。

今年の戦績から見て、間違いなかろう。

まさかの人気決着予想。

最終結論

というわけで、予想は以下の通り。

本命、サトノダイヤモンド。対抗、キタサンブラック。

面白くもなんともない結論だ。

人気どおり。

3着は基本何でもありなので、3番人気から10番人気までの流し。

私は、ゴール前の直線で興奮したいたちなので、単勝勝負。

終わってみれば、人気どおりで、紐あれ(ちょい荒れ)という感じであろうか。

 

有馬記念は世相を反映するレースと言われています。今年もいろんなことがありました。

そのなかで、なにが関係してくるのか?

サイン馬券的には、プレゼンターが田中投手なので、大リーガーからの連想でアメリカ。

ということで、トランプの大統領選勝利。トランプといえば、ダイヤ。ダイヤの意味は、商人。

ビジネスマンのトランプに見事につながる。

そして、極めつけは、オバマ(ブラック)からトランプ(ダイヤモンド)へ。

このようなこじつけも競馬の楽しみの一つです。

Copyright© シンキング・パドー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.