Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
Filter by Categories
映画
本・コミック
ファッション
小 説
映 像・音楽
ライフ
一般書
メディア
ファッション・ライフ
コミック
音楽
衣食住
映像周辺
活字周辺

一般書

哲学教授兼哲学者野矢茂樹が語るウィトゲンシュタインの哲学

2016-11-13

  1. ♦トップページ >
  2. 本・コミック >
  3. 一般書 >

哲学教授兼哲学者野矢茂樹が語るウィトゲンシュタインの哲学

2016-11-13

この記事は約2分で読めます

哲学者か、哲学教授か?

哲学な日々 考えさせない時代に抗して

かつて、ショーペンハウエルは哲学者と哲学教授を峻別し前者のその高貴さと稀有さを賞賛しました。

残念ながら現代においてもその区別は有効に機能しえています。

けれども、例外的存在はいつの時代にも必ずいるものです。

″哲学教授なのに哲学者″である野矢茂樹という人物、その人です。

思えば、この人の師にあたる大森荘蔵もそうであったか。

>>目次に戻る

 

「哲学探究」か「論理哲学論考」か?

ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む (ちくま学芸文庫)

「ウィトゲンシュタイン「論理哲学論考」を読む」を読み返しました。

二度目であるが、この書物の持つフレッシュさはいささかも落ちていませんでした。

野矢茂樹氏は″あとがき″にも書いているように根っからの哲学青年ではなかったようです。

哲学を志し、最初に読んだ本が「論理哲学論考」でした。

分からないながらもどうにも「かっこいい」と思ったと回想されます。

ここに書いていることは本当に正しいのだろうかという疑念が頭を離れなかったらしく、 その後、後期の「哲学探究」に魅了され自分の思索を続けることになります。

数年ほど前より、内的な変化が生じた結果、「哲学探究」よりも「論理哲学論考」の虜になってしまったようです。

このようなプロセスを辿り、その過程を告白する″真摯さ″こそが、野矢氏を″哲学教授のくせに哲学者″たらしめているのだとあらためて強く思います。

パドー
本当に魅力的な人物だ

>>目次に戻る

 

執筆の狙い

はじめて考えるときのように 「わかる」ための哲学的道案内 (PHP文庫)

執筆のねらいを、″はじめに″において野矢氏は次のように述べています。

「論理哲学論考」を生きているまま立ち上がらせ、その肉声を響かせること。そうして、「論理哲学論考」をただ読んだのではなかなか聞こえてこないだろう声を響かせること。

そのために筆者はひとつひとつの論考に対し注釈を補足していくという丁寧なスタイルを採ります。

ゆえに、直接にウィトゲンシュタインと向き合うよりも、ウィトゲンシュタインその人をあなたは知ることができうるのでしょう。

>>目次に戻る

 

沈黙を超えて

論理哲学論考 (岩波文庫)

よく知られているように、「論理哲学論考」は有名な次のような結論で締め括られています。

― 語りえぬものについては、沈黙せねばならない。―

 

野矢氏はこれに以下のような補足的解釈を施し、ペンを置きます。

― 語りきれぬものは、語り続けねばならない。―

 

「論理哲学論考」に対するこれ程見事な理解(蘇生)をわたしは知りません。

  • 哲学者は、やはり「かっこよく」なければなりません。
  • 哲学教授は、やはり「誠実」でなければならないのです。

なぜなら、人文学界における最後の「秘境」であるのだから。

あわせてよみたい

ベルクソンの「創造的進化」とは春の小川であろうか

続きを見る

人気記事
小林秀雄の言う「無常という事」を何ひとつ理解していない

続きを見る

今、読まれています

Copyright© Thinking-Puddle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.