MENU
アーカイブ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」 訪れなかった時間

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Contents

クエンティン・タランティーノが描く1969 年8月9日の事件を巡るハリウッド世界

出典:ソニー・ピクチャーズ

鬼才クエンティン・タランティーノ監督の9作目にあたる本作品は、60年代の終わりに女優シャロン・テート がカルト集団チャールズ・マンソン・ファミリーに殺害された事件を下敷きにした「ハリウッド」それ自体を描くフィルムです。

シャロン・テートは、1943年生まれのハリウッド女優。映画監督ロマン・ポランスキー(代表作:「ローズマリーの赤ちゃん」「戦場のピアニスト」)の妻(当時)。1969年に友人たちと共に自宅においてチャールズ・マンソン・ファミリーに殺害される。享年26歳。代表作は「サイレンサー第4弾」「吸血鬼」

ソニーピクチャーズエンタテインメント

主人公である落ち目のハリウッドスター、リック・ダルトン(レオナルド・デカプリオ)とそのスタントマン兼世話役のクリフ・ブース(ブラッド・ピット)のふたりは架空の人物です。それ以外の多くの登場人物はほぼ史実に即しています。

以下、内容について言及しますので、あらかじめご了承ください。




ストーリー

出典:ソニー・ピクチャーズ

以下、ソニー・ピクチャーズより引用します。

リック・ダルトンはピークを過ぎたTV俳優。スターへの道が拓けず焦る日々が続いていた。そんな彼を支えるクリフ・ブースは彼に雇われた付き人でスタントマン、親友でもある。エンタテインメント業界に精神をすり減らし情緒不安定なリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。そんなある日、リックの隣に時代の寵児ロマン・ポランスキー監督と女優シャロン・テート夫妻が越してくる。自分たちとは対照的な二人の輝きに触れたリックは、俳優としての光明を求めイタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演する決意をするが—。

ソニー・ピクチャーズ
出典:ソニー・ピクチャーズ

本作のテーマのひとつは「斜陽」です。

かつての人気に陰りが出てきている主人公のダルトンは、「昔の名前」でかろうじて映画に出演しているという状態です。

これはハリウッド映画そのものにも当てはまります。

TVの急速な普及によって、映画産業は斜陽化の一途を転がり始めます。

出典:ソニー・ピクチャーズ

ブルース・リーやスティーブ・マックイーンのそっくりさんの登場は微笑ましい限り。




訪れなかった時間

出典:ソニー・ピクチャーズ

タランティーノ監督は、自身のフィルムの中で史実を相対化しようと試みます。

かつて、「イングロリアス・バスターズ」においてヒトラーをはじめとするドイツ軍高官の殲滅を映像化したこの監督は、本作においても、シャロン・テートは襲われることなく、何事もなかった(そうあって欲しい)世界を観客の前に差し出します。

彼の相対化の方法は、夢想であり、暴力の徹底です。

起こってしまった悲劇に対する怒りが憎悪に昇華し、徹底的なまでの暴力が行使されます。

観客のカタルシスなどお構いなしに、極めて抽象度の高い「復讐」がスクリーン上に展開されるのです。

それはあたかも、避けられなければならなかった「出来事」を全否定するための夢想を下支えするかのように、バイオレンスがバイオレンスを呼んでしまいます。

出典:ソニー・ピクチャーズ

「正義」がいささかも強調されていないことにあなたは目を見張るべきでしょう。

(彼らの)正義の名の下に繰り広げられた悲劇に対してこちらの正義をぶつけることは矛盾です。

復讐とはどのような正義とも無縁であることをタランティーノの映画はあらためて教えてくれます。

決して起きなかった時間を夢想することは、意味がないことではありません。

夢想し、映像として残さなければ、過去を相対化できないほど、その悲劇性の純度が高いことをあなたはこの物語を通して知るべきなのでしょう。

出典:ソニー・ピクチャーズ

劇中の西部劇でダルトンと共演したトルーディ・フレイザーを演じた子役のジュリア・バターズの芸達者ぶりには目をみはりました。モデルはジョディー・フォスターでしょうか。今後が非常に楽しみです。

二度と触れることのできない時間・場所

出典:ソニー・ピクチャーズ

ブースが、ダルトンのキャデラックを運転しながら、ロサンゼルスの街並みを疾走するシーンはどこまでも美しいです。

そこに焼き付けられている光の粒子に注目してください。

丁寧なフィルムの質感を堪能しましょう。

黄色を主体しとしたその眩しい画面にあなたは目眩を覚えるはずです。

出典:ソニー・ピクチャーズ

これは、「かつて見た私の光景である」と、あなたは思わず口突くかもしれません。

「私の光景」とは、あなたに訪れた、確かに存在した時間であり場所の記憶です。

しかしながら、

その手触りを思い出すことはかろうじて思い出せるにもかかわらず、二度と今のあなたには訪れることはないのです。

懐かしむにはあまりにも生々しく、忘れることなど決してできはしない、あなただけの時間であり、場所があります。

出典:ソニー・ピクチャーズ

ヒッピーたち(カルト集団)が勝手に住み着いているスパーン映画牧場の演出は不気味の一言です。集団の静かな狂気が的確に描かれています。何より素晴らしいのは、起こるぞ起こるぞと思わせながら、尽く肩透かしを喰らわす心憎い演出です。この消化不良感がラストのド派手な演出を際立たせます。

かつてあったハリウッド、昔々のハリウッドとは、言うまでもなく、「どこにもなかった」ハリウッドを指します。

それが、理想であったのか、目指すべき姿であったのかは、もはや問題ではありません。

その手触りが、現実的にフィルムとして残されることが最優先されるべきなのだから。

本作は、タランティーノのハリウッド、すなわち、あなたの「時間・場所」を明示するフィルムに違いありません。

出典:ソニー・ピクチャーズ

劇中のシャロン・テート(マーゴット・ロビー)のキュートさにあなたは間違いなくノックアウトされるでしょう。自身が出演している映画を映画館で観賞している彼女は、ただ映画を観ているだけにもかかわらず躍動感に満ち溢れています。タランティーノは本当に女優を撮るのが上手い監督です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

カテゴリーをチェック

Contents
閉じる