【 Thinking-Puddle 】

現役人事部長 (元営業マン) の言い切る雑記ブログ

ファッション

ユニクロ アンダーソン メンズ、英国の伝統と革新を買うならこの4点で決まりだ!

投稿日:2017-09-24 更新日:

 

アンダーソンを発売当日にゲットする⇒

破壊的創造

いい意味で裏切り

気になっていたユニクロとJWアンダーソンのコラボレーションが9月22日よりスタートしています。

ロンドンを代表する最も革新的な新世代デザイナーのラインナップは、メンズに関しては意外なほどに保守的です。

ユニクロとのコラボであるがゆえにベーシックな地点に着地したのでしょうか。

真相はさておき、中高年にも手の出しやすいアイテムの幾つかについて以下にご紹介します。

オンラインストアでは、一商品につき一人一点までと制限されています。

よって、色違いを追加で買い求めることができません。その際は店舗にての購買となります。

以下スペックです。目安にしていただければ幸いです。

スペックは身長181cm体重72から74kg。

UNIQLOU製品は基本的にLサイズ着用。

肩幅は46から47、袖丈62から63がジャストサイズです。

あくまで、個人的意見・感想となりますので、あらかじめ御了承願います。


 

 

ツイードコート+E

イケメン確約

出典UNIQLO

ネイビーのLサイズ14,900円

おすすめ度:

ただただ上品

ネットで見た瞬間からこれはいいと直感できました。

腕の長さはジャストサイズ。

なにより肩幅の窮屈さがないのがナイスです。

イネスのコートがジャストサイズ気味だったのでそれよりも若干緩めです。

また、とにかく軽いです。

見た目の重厚感から重いイメージがありましたが裏切られました。

また厚みはそれほどありません。

薄いというわけではないのですが、ボテッと厚くはありません。

着丈は特に短いという印象を持ちませんでした。

気持ち短めという塩梅ですかね。

ボタンもしっかり作り込んでいて、付け替える必要は特になさそうです。

ダークグレイも捨てがたいのでさんざん迷いました。

が、UNIQLOのNAVYはハズレがないので安全策を取りました。

間違いなく、買いの一品です。

 

ウールブレンドキルティングジャケット

着心地抜群

出典UNIQLO

ブラックのLサイズ9,990円

おすすめ度:

見れば見るほど

キルティングというのがひっかかり、買うかどうか最後まで迷いました。

が、これはイチオシです。

実際に手にとってもらえばわかりますが、一万円の質ではないです。

事実上、今回のコラボのNO1だと思います。

重すぎず軽すぎず、羽織ればピタッときます。

この感じはなかなかないです。

腕の長さもピッタリで肩幅もゆるくもきつくもありませんでした。

保温性もおそらく問題なさそうだし、この冬は先発入り確定です。

これはよかった。

追記11月26日

現在時点で値下げしています。

案外に需要がないのかなあ。

5,990円まで下がっています。

色違い購入しようかと思案中。

オックスフォードシャツ(長袖)

ハズレ無し

出典UNIQLO

オフホワイトのLサイズ2,990円

おすすめ度:

ああドレッシー

定番中の定番。

スリムフィット気味のシルエット。

袖はやや短いです。

肩も窮屈でなく、シャツとしてのクオリティーは安定感抜群です。

出典UNIQLO

正面左下のロゴ刺繍がなんとも良さげに見えたのが購入の決め手です。

素敵だ。

ウールブレンドパンツ+E

ザ・スタンダード

出典UNIQLO

ブラックの85CM5,990円

おすすめ度:

アバンギャルドの香りあり

裾幅21CMなので汎用性は高いです。

ネイビーはストライプ柄となり、迷いましたが無地の黒にしました。

サラッとした履きごごちなので、だてに6千円しないぞ、という感じです。

特に窮屈な感じでもなく、ゆるゆるでもなく、このようなオースドックスは好きです。

出番が多そうな一品です。

全体を通して

冒険に出よう

ルメールコラボとは違う品質の良さを感じさせるアイテムがいつくかありました。

私の場合、デザイナーの本来の革新性ははなから求めてはいなかったので納得の買い物でした。

しかしながら、反保守的な片鱗はコレクションのなかにさり気なく主張されています。

例えば、次の二点。

出典UNIQLO

若い方なら十分に乗りこなすことは可能であると思います。

しかしながら、次のトレンチはリバーシブル仕様なのですが、相当の達者でないと御せないかな。

地球に落ちてきた男

出典UNIQLO

おそらくデビッド・ボウイなら軽々(ひょいひょい)でしょう。

現時点においても全体的に足が速いというわけではないので、急いで買い求めることもないかもしれません。

が、特定の色やサイズは徐々になくなる傾向にあるので、早めに押さえるは基本ですね。

それでは、もっともっとオシャレを楽しみましょう。

2017年12月9日追記

コートの至極

値下げしていたので二点追加で購買しました。

ツイードコート+E

気品のグレイ

出典UNIQLO

ダークグレイのLサイズ7,990円

おすすめ度:

間違いなくお買い得の一品でした。

真冬は無理ですが、12月いっぱいまではなんとかなりそうな防寒性です。

ベストは11月下旬あたりでしょうか。

写真ではわかりにくいですがヘンリーボーン柄です。

クラッシックな装いを演出できます。

トレンチコート+E

裏地アクセント

出典UNIQLO

ネイビーのLサイズ9,990円

おすすめ度:

値下げしていたので購入に踏み切りました。

生地は固め。

故にしなやかさに欠けますが、型くずれしない感じはひとつのメリットではあります。

色目は非常によいです。

但しリバーシブルで着用しようとは考えていません。

身幅が大きめなのでそこのところが減点1という感じ。

全体に大きめ感があります。

しかしながら、一万円を切るなら、コストパフォーマンスは大でしょう。







>> 最新記事はこちら
>> よく読まれている記事&広告
>> twitterで情報を発信中です。よろしければフォローしてくださいね。

クリック twitterのフォローはこちらから

  • この記事を書いた人
パドー1000

パドー1000

現役人事部長のパドー1000と申します。雑記blog「シンキング・パドー」を書いています。
主なジャンルは人事仕事就活受験活字映像音楽競馬アートファッションライフ
詳しいプロフィールへ

-ファッション
-

Copyright© 【 Thinking-Puddle 】 , 2018 All Rights Reserved.