MENU
アーカイブ

「やれない・できない・無理です」を職場から追放しよう

Contents

今一度、あなたの働き方について見つめなおすことをあなたは求められているのです

限られた時間の中で成果を出すことをあなたは求められています。

時間を無限に延長するという「安直」な方法はとれません。

それは、昭和平成的な働き方です。

平成が終わろうとするとき、あなたの働き方にチェンジが必要です。

ならば、方法は2つだけです。

  • 能力を上げる
  • 仕事のやり方を見直す

能力を上げるには次の2つが有効です。

  • 自己研鑽
  • 経験値を増やす

仕事のやり方を見直すには次の2つが大事です。

  • 人に聞く
  • 考える時間を作る

あなたは普段からどれほどやれているでしょうか。




だからあなたがやらなければならないこと

もう一度繰り返します。

あなたがいますぐ取り組まなければならないことになります。

  1. 自己研鑽
  2. 経験値を増やす
  3. 人に聞く
  4. 考える時間を作る

自己研鑽

スキルの向上やノウハウの獲得に終わりはありません。

定年まで勉強と考えるべきです。

もっと言うと、定年後も死ぬまで勉強ですね。

経験値を増やす

経験値とは仕事の経験値だけではなく、人生の経験値を増やすということ。

仕事以外のことから「学び」を重ね、仕事にフィードバックしていきましょう。

人に聞く

何でもかんでも自分でやらない。

それでは時間がいくらあっても足りません。

ショートカット、スキップ、なんでもOK。

考える時間を作る

考える時間を作ることは本当に大事。

立ち止まって振り返り、棚卸し、交通整理する。

自分の頭で考えるべきことは自分で考えなくちゃ。




とにかく始めてみよう

決してハードルは高くないはずです。

いずれも自分でできることです。

というか、普段やっていることに他なりません。

それを徹底化する。

そうすると、時間内に仕事が終わり、定時に帰ることができる。

これだけなんです。

これだけのことが、いろんなことが複雑に絡み合って、身動きが取れなくなっている。

働き方改革とは、働き方を見つめなおすことです。

いいきっかけだし、最後のチャンスかもしれません。

あなたの職場に、言い訳の天才はいらない。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents
閉じる