MENU
アーカイブ

労働を評価するための「時間」と「成果」以外のものとは?

Contents

労働時間信仰はいずれ打破されるのでしょうか

現在、総労働時間削減や残業時間削減が声高に叫ばれています。

そこでの主役は常に「時間」です。

問題視すべきなのは「時間」だけなのでしょうか?




労働を計量する目安としての労働時間

労働(あるいは労働力と言ってもいいが、暫定的に労働で統一しておきます)を評価する物差しは現在のところ次の2つしかありません。

  • 労働の成果
  • 労働時間

労働の成果とは

労働の成果は、やり遂げた結果であるため、その種類は多岐に亘ります。

  • できあがった資料
  • 新規の件数
  • 入力されたデータ
  • 月間の売り上げ
  • などなど

この成果(結果)に対して、実際どれほどの労力が費やされたのかについては、誰もあまり気にはしません。




労働時間

労働時間はわかりやすい物差しです。

なぜなら定量的であるから。

つまり、いつでもどこでも正確にはかることができるからです。

一時間はどんな場合も一時間です。

全国共通。

労働を議論する際に、科学的記述が要請される場合は、必ず労働時間が取り上げられます。

簡潔にして公平だから。

労働について考えるときに

労働を考える場合、時間と成果は分かりやすく納得性も高いです。

だから、手っ取り早く成果で評価し、時間を削減しましょうと、なるのです。

  • 労働は時間のみではかられるものではないはずです。
  • 同じく、その成果だけではかられるものでもありません。

あなたにはもっと有効なもの差しが必要なのです。

単位時間あたりの生産性

そのひとつが、単位時間あたりの生産性です

同じパフォーマンスであってもそれを一時間で終わる人と2時間で終わる人がいるのならば、その生産性は倍違ってきます。

知的労働といわれる分野において、これを厳密に計測することはなかなかに難しいことです。

いずれその方向に間違いなく進んでいくのでしょう。

これもまた、働き方改革の必然的な行く末なのです。

無駄な時間は削減されてしかるべき。

多くの時間を費やされて達成されたそこそこの成果は、そこそこの評価にしかなりません。

労働の質と量を問われる真の時代がやってきます。

あなたは準備できていますか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents
閉じる