「実は、仕事で困ったことがありまして」失敗しないルール

あらゆるオフィストラブルはこの20の例に行く着くのだ

実は、仕事で困ったことがありまして~人材育成のプロが教えるストレスフリーに働く「問題解決力」

おすすめ度
(4.0)

クリエイトキャリア代表の寺下薫氏は言います。

本書では、15000の事例の中から20の代表的な例を紹介しています。この事例は、どんなホワイトな職場でも発生している問題であり、いま本書を読んでくださっている人にとって、悩んでいる最中の問題も含まれていると思います。

あなたの職場でも、問題は毎日発生しているはずです。

 

うんざりするぐらいに。

パドー
問題を放置しておくと、問題は次々と問題を生み出していきます。

だから、一刻も早く解決しなければなりません。

問題を解決するためのポイントは3つあると寺下さんは言います。

3つのポイント
  • ゴールを考えられているか
  • 原因を考えられているか
  • 問題の全容を明らかにすることができているか

本書では、この3つのポイントを押えながら、相談者の問題解決を行います。どんなトラブルがきたとしても、基本的なやり方は変わりません。自分で問題解決ができるようになるのです。

こんな人にオススメ
  • 悩める上司
  • 悩める部下
  • 職場の問題解決に頭を悩ます幹部クラス

おすすめ

今すぐチェック

本書の構成について

本書は全部で4つのパートから構成されています。

  1. なかなか人には聞けないことなのですが、教えてもらえませんでしょうか?
  2. どうしてもお聞きしたいことがあります。いまお時間良いでしょうか?
  3. このままではいけないと思っています。アドバイスをいただけませんでしょうか?
  4. 最近モヤモヤしていることが多く、聞いてもらうことはできませんでしょうか?

ケーススタディに即して、考える構成がとられています。

フローチャートが掲載されているので、自分で考えた場合の「答え合わせ」がすぐにできます。

よって、ロジカルに考えることのトレーニングが自学できるのです。

困ったことの20のパターン

  1. 何度やっても、小さな間違いがなくならない
  2. 仕事の業務がなかなか覚えられない
  3. スキル不足で仕事が全然回らない
  4. 提出物の締め切り日を守れない
  5. 自分で考えて仕事をしていても怒られる
  6. ミスを報告できない
  7. 嫌な仕事から逃げてしまいそうになる
  8. なかなか会社から帰りづらい。残業してしまう
  9. 頑張っているのに評価されない
  10. モチベーションが上がらない
  11. 非効率的な仕事のやり方で怒られる
  12. 上司の顔色をうかがってしまい、会議で発言できない
  13. 何のために仕事をしているのかわからない
  14. 嫌いな上司で困っている
  15. 上司の仕事のために自分の仕事ができない
  16. 先輩や同期が辞め、どうしたらいいのか。自分も辞めたい
  17. 目標への執着心もなく、つい関係ない仕事をしてしまう
  18. 自分の企画が通らない
  19. チームをうまく回せない
  20. 新人の育成がうまくいかない
パドー
当てはまるものがありますか?

ゴール→原因→全容

仕事に正解はありませんが、ゴールは必ずあるはずです。

何よりも大事なのは、相手(上司・取引先・部下)のゴール、すなわちニーズを的確につかまえることです。

自分勝手な「自分のゴール」ではありません。

パドー
相手が自分に求めているゴール、すなわち「相手のゴール」が、本当の「自分のゴール」なのです。

ゴールがつかめたのなら、なぜゴールにたどり着かないのか、その原因をとことん考えましょう。

原因はひとつであることのほうが珍しいです。

原因は、いくつもの原因が絡み合い、その難易度と深刻さを増します。

ゆえに、

全体像を明らかにしたうえで、原因を特定することが大事なのです。

あなたに浮かんだ解決策が、真の解決策であるのかいなかは、問題の全容を明らかにすることでしかわからないものなのです。

今すぐチェック

あわせて読みたい

「仕事の説明書」問題解決力を身に着けたいのならば 外資系コンサルは「無理難題」をこう解決します。特選仕事術