人気の記事はこちら

「上司と部下の教科書」新時代の上司と部下の付き合い方

上司は人間力を鍛え、部下は上司をマネジメントしよう

上司と部下の教科書

(3.5)

経営のプロフェッショナルとして名高い新将命氏は言います。

組織を動かす起動力の根源は人間関係である。その中で特筆すべき肝となるのが、上司と部下の人間関係である。

だから、

日夜、多くの部下が上司との関係に悩み、少なくない数の上司が部下のマネジメントに苦労しています。

  • 上司とウマが合わなければ、職場を好きになれないし、仕事も面白くない。
  • 部下に言うことを聞いてもらえなければ、任されている部や課の業績が上がらない。
パドー
このような悩みは永遠につきないかも。

 

上司と部下は、仕事を通じて企業の成功と、一人ひとりの幸せと自己実現を追求する最も重要な内部ステークホルダー(利害関係者)であるし、共勝実現のための同志である。

職場におけるもっとも濃密で重要である「上司と部下の関係」に焦点をあてた本書は、あなたの中にもある日本的組織の価値観の変更を迫るものです。

上司とは部下に命令する人、部下は上司に従う人という概念は捨てなければなりません。

上司と部下、本来の姿を追求することは、人間関係の悩みや苦しみから少しでも遠ざかり、究極的には仕事の生産性を上げることである。

パドー
あなたにも「教科書」を開く覚悟はあるでしょうか?
こんな人にオススメ
  • 上司のことで悩んでいる人
  • 部下のことで悩んでいる人
  • より良い組織運営を願っている方

おすすめ

今すぐチェック

本書の構成について

本書は全部で4章から構成されています。

  1. ビジネス人生道ー上司という人生の宝、部下という人生の糧
  2. 上司道ー上司は部下を磨き、部下によって磨かれる
  3. 部下道ー上司の上司道 部下の部下道
  4. 共勝ち道ー上司と部下のウィンウィンが会社のウィンを呼ぶ

部下の心を高めるために上司が用意すべき4つのこと

4つのこと
  • 方向性の明示
  • ストレッチ納得目標
  • 権限移譲(目いっぱい任せる)
  • 公正な評価と処遇

上司があなたに対して前述のこの4点セットで迫ってきたら、あなたはうれしいと思うはずだ。人にやってもらってうれしいことは、人にやってあげよう。

人材の4つのタイプ

人材には4つのタイプがあります。

タイプをよく見極めて適切な指導教育を施しましょう。

  • 仁人(ジンジン)
  • 智者
  • 豎子(ジュシ)
  • 愚者
  • マインドが高く、スキルも高い。目いっぱい任せる
  • スキルは高いが、マインドは低い。何をするかを指示した上で、本人の頭で考えさせる
  • 意欲はあるものの、スキルに乏しい。新人のタイプ。
  • マインドもスキルも低い敗者

上司の叱り方の5段階

最上位は言うまでもなく、注意するです。

5段階
  • 注意する
  • 叱る
  • 怒る
  • 罵る
  • 殴る
パドー
注意することができるのは、事実と結果だけです。

だから、

叱り方の望ましい形は「注意する」なのである。これがいまの時代の叱り方だ。

同じボートの乗組員

同じ会社で働く上司と部下は、同じ目的地に向かって航行している乗組員でもある。

企業の場合、

目的地とは、会社の目指す「理念」や「ビジョン」の実現の地であり、長期的なゴールとなります。

  • 同じ船に乗っているのだから、言いたいことを我慢しようも、
  • 同じ船に乗っているのだから、言いたいことをぶつけ合おうも、
パドー
態度としては同じです。

そこには、「自分」があるだけで「相手」が抜け落ちています。

つまり、

リスペクトはそこにはありません。

お互いを認めあうことが、乗船する上でのマナーであり、ルールなのでしょう。

良い航海は、クルーとの良い関係で決まるものです。

あなたが上司なら、部下との関係を

あなたが部下なら、上司との関係を

パドー
あらためて考えなおしてみる機会を持ちませんか?

 

今すぐチェック

あわせてよみたい

「デキるマネージャーは余計なことをしない」やらない思考 「任せ切る勇気」ワクワクする職場づくりのヒント50