「仕事2・0」究極の個人戦を生き抜く、あなたの新しい働き方とは?

ひとつの会社で一生を終えることはもはや不可能である時代にあなたは生きている

仕事2.0 人生100年時代の変身力 (NewsPicks Book)

(4.0)

本書の著者であるNews Picks編集部副編集長の佐藤留美氏は、「人生100年時代、変化に対応できる者だけが生き残る」と断言します。

パドー

進化論だ

過去のロールモデルや先達の人生の選択が手本として役に立たない時代を、あなたは生き残っていかなければならないのです。

そのような状況下、

著者は特に次のような人たちに向かって本書を執筆したと言います。

このような人のために
  • 心に不安を抱えながら仕事をしている人
  • より前向きに仕事を楽しみながら長く続けたい人
  • やりたいことをやりたい人

現在、多くのシーンで多様な働き方について議論されています。

パドー

自分で自分のキャリアを創らなければならない時代をあなたも生きているのです

佐藤さんは、

現代は仕事に対するスタンスが変わろうとしている移行期・過渡期であると言います。

時代は「仕事1・0」から「仕事2・0」へと進みつつあるのです。

「1・0」から「2・0」へ
  • 「仕事1・0」とは、仕事の内容もどこで何時間働くかも、将来のキャリアプランも会社任せだった時代
  • 「仕事2・0」とは、自分のやりたいことを、どこでどう実現するか、自分でクリエイトする時代
パドー

ちょっとの勇気と好奇心であなたも変われるはず!

おすすめ

今すぐチェック

本書の構成について

  1. 現状維持では老後崩壊、今そこにある危機
  2. 日本雇用の「終わり」が始まる
  3. 本当は怖い「働き方改革」の話
  4. 100年人生を生き抜く働き方
  5. 人生100年時代の「大人の学び方」

認識第一章・二章・三章は、まずは、ビジネスパーソンを取り巻く「現状認識編」

実践第四章・五章は、100年人生を楽しみながらサバイブするための「実践編」

という構成になっています。

現在の自分の置かれた現状を変化させる

あなた自身が、

自分が立っている現在の状況に、何らかの違和感や物足りなさを感じているならば、それは変化を求めていることの現れであるはずです。

変化を起こすためには、

そのためには、まず環境の問題と自分の問題の両方を考える必要があります。

変身するための第一歩としては、まずあなたを取り巻く環境と自分自身との関係性を振り返ることが有効なのです。

転職


今いる環境があまりに硬直的であるならば、会社を飛び出すという選択肢が現実味を帯びる場合もあるでしょう。

改善


そこまで至らなくとも、

毎日の業務を通じて小さな変化を積み重ねていき、環境(会社組織)それ自体に影響を及ぼすことができうるかもしれません。

人生100年時代に突入すると、長い職業人生となるため、否応なく環境の大きな変化を受けざるを得ません。

その時になって、うろたえないためにも、

パドー

日頃からマイナーチェンジを心掛け、「変化」に対しての耐性を強めておくべきなのです

変化への対応力を鍛えるための一番の近道は、あなた自身が変わることから逃げないことだ!

人生100年時代とは、ある意味、究極の個人戦です。

過去を捨て、変身し続ける勇気を持ってください。

人生100年時代、変化に対応できる者だけが生き残る

おすすめ

今すぐチェック

あわせてよみたい

「マルチプル・ワーカー」複業の時代にあなたは生き延びることができるのか 「新しい一歩を踏み出そう!」あなたも一刻も早く仕事のプロになるべきだ

人生100年時代の戦略

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です