さて、いとも簡単なブログ

例のヨッピーに啓蒙される。なんでもいいから、とにかくやれ!

投稿日:2018-04-08 更新日:

「なんでもいいから、とにかくやれ」という強烈なメッセージ

ネットでは、社畜撲滅、自由な生き方を!などの「あおり」を毎日見かけます。

フリーランス万事三唱状態。

私自身、クビになっても大丈夫は目指してはいません。

実力が枯渇しているので。

ゴリゴリの勤め人ですが、気になっていたので手に取りました。

おすすめ度:

ヨッピーさんの過去記事はひとつも読んだことがありません。

ユーチューブも見たことありません。

すいません。

でも、共感するところが多かった。

いい読後感。

彼のメッセージは次の言葉に集約されます。

なんでもいいから、とにかくやれ

素敵だあ。

不熱心な読者ですが、感銘をうけたので以下に本書をご紹介します。

何かしなくちゃな、と即日、思いますよ。

ヨッピーってところでどんな人なん?

  • 数字をかなり持っている(固定ファンが多い)書き手
  • WEB専業ライター
  • 体を張って面白いことをやる人
  • 銭湯マニア
  • 元サラリーマンで現フリーランス

要するに、筆一本で食っていきたい人たちのヒーローです。

そんな彼のライターとしての最終目標をご存知ですか?

しびれます。

プーチンと戦う

さすが、第一級の行動するライターは目指すべきとこころが想像を絶します。

「プーチンは本当に強いのか?」を検証したいのだそうです。

本気度100%。

もしもこのマッチが実現すれば、ライターとしては「上がり」となります。

つまり、世界一のライターを名乗れることとなるでしょう。

自らの好奇心と読者サービスのためなら、どこまでも突き進んでいく。

ぜひぜひ、実現してほしいです。

好奇心に従って行きなさい(生きなさい)

ヨッピーのモットーは次の3つです。

  1. 会いたい人に会う
  2. 行きたいところに行く
  3. やりたい事をやる

世界的な実業家のようなスケール感がそこはかとなく感じられます。

ひと言でいえば、好奇心に従う。

彼の言動の原動力はここにあるようです。

一度きりの人生なのだから、自由に生きろといった大上段はありません。

好きなことだけやって、嫌いなことはしなくていいとも言いません。

「なんでもいいから、とにかくやれ」

しがらみに縛られて生きる我々にはことのほか刺さります。

行動してなんぼ、でっせ。

本当にその通り。

中高年には特にしみます。

こんな方におすすめ

  • 自分を変えたい人
  • 背中を押してほしい年配者
  • 幸せになりたいすべての人びと

なぜ行動することが大事なのか、説明できますか?

行動が大事であるというメッセージはこれまでにたくさん見てきました。

星の数ほど書店に平積み状態です。

ビジネス書の基本フォーマットであると言えます。

本書がその他の自己啓発系の書籍と一線を画しているのには理由があります。

著者が体を張って、書いているから。

圧倒的な説得力です。

けれども、それがすべてではありません。

なんのために行動するのかの思想的バックボーンが骨太だからなのです。

思想家ヨッピー。

感銘を受けました。

考えさせられます。

メモ

この方の文章は力の抜け加減が絶妙です。確かな技術に裏打ちされた圧倒的な安心感があります。

「幸せ」へは近道すればいいじゃないか

ヨッピーの理屈はこうです。

行動すれば、

>>自分のことが好きなる

>>そうすると、幸福感を感じることができる

>>そして幸せな人生を送れる

何かしようと思って行動してみる。

何かができたときは、自分のことを少しばかり好きになっていることでしょう。

充実感、満足感、万能感を伴って。

思わずニヤけているかもしれません。

それが幸せへの近道なのだ、と彼は言います。

だって、自分のことが好きな人はだいたい幸せそうなのだから。

逆を考えればすぐに理解できるはずです。

自分のことが嫌いな人は楽しそうには見えないでしょう。

たぶん、楽しくないからそう見えるに違いありません。

行動してもうまくいかないこともあたくさんあります。

でも、行動しないと絶対に「うまくできた」は手に入りません。

だから、行動するというルールをヨッピーは自らに課しているのです。

言うまでもありません。

幸せになりたいから、そうするのです。

「私の人生の主役」は「私」なのだから。

要するに本書は啓蒙書=行動書なんだよね

「明日クビになっても大丈夫!」と言い切れるぐらいになり、会社にはしがみつくな!

副業・兼業というセーフティーネットを確保しようよ!

そのように声高にサラリーマン諸氏をあおっているわけでは決してありません。

「明日クビになっても大丈夫!」というぐらい、毎日悔いなく行動しているのかと問いかけているのです。

あなたは幸せに向かって歩いているのかと。

啓蒙から遠いところにある本書こそが「ザ・啓蒙書」です。

「なんでもいいから、とにかくなにかやらないと」

読めば必ずそう思ってしまう行動の書です。

さあさあ、行動できる自分に今すぐ会えますよ!

メモ

ヨッピーさんはおそらく行動する作家の系譜に属するのだろうな。小田実思い出しました。懐かしい。行き着く先はヘミングウェイか。いやいやプーチンでした。

あわせて読みたい

ビジネスノウハウ 活 字

AdSenseサイト運営で儲けるノウハウ本は?

「なぜあのサイトはうまくいっているのか?」と一度でも思ったら「マネタイズの教科書」を読むべし!一気にわかる! 日本実業出 ...

ビジネスノウハウ 活 字

岡島悦子「40歳が社長になる日」あなたの未来をつくる

「未来をつくる人をつくる」ことが仕事である凄腕が書いたビジネス書最終兵器 企業を担う「次の次」を対象にした課題図書を探し ...

ビジネスノウハウ 活 字

「100倍クリックされる超Webライティング実践テク60」

Webライティングを制する者は時代を制す 本ブログをできるだけ多くの方に見ていただきたいと強く強く思い、本書を手に取る。 ...

ビジネスノウハウ 活 字

「沈黙のWebライティング」、誰もが言葉を紡ぐ時代のバイブル

SEOのためのライティング教本の決定版を買って読む セコくて恐縮ですが税抜き2000円なので、買おうかどうかしばらく迷っ ...

注目の記事はこちら

-ビジネスノウハウ, 活 字
-

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.