シンキング・パドー

現役人事部長の 雑記blog

仕 事

安達裕哉「仕事ができるやつ」になる最短の道、継続はパワフルなパワーなのだ

投稿日:2018-01-03 更新日:

仕事ができるやつと一度は言われてみたくないかい?

吠えたいよ

これさえ押さえれば万事OKというマニュアルを期待している!!

そうであるのならば、本書は期待はずれと言うしかない。

本質を見極めたい、極めたいのなら読んで損はないはず。

おすすめ度:

仕事で悩んでいるあなたのための最良の書のひとつとなるでしょう

こんな方におすすめ

  • 仕事できるねえと上司に面と向かって言われたい方
  • ロングスパンで仕事人生を考えたい若手
  • 働くことにお悩みの就活生

一度に大きな変化を起こすことは誰にもできない。何かを成し遂げようとするならば、それなりの準備や時間をかけて物事に取り組む必要がある。

その手始めに本書を手にとることをあなたにぜひオススメしたい。

スポンサーリンク

 

本書の目次は

ロングスケジュール

次の6章から構成されています。

  1. 今日からできること
  2. 1週間程度でできること
  3. 1か月以上しっかりと取り組むべきこと
  4. 1年程度かけてじっくり取り組むべきこと
  5. 3年は取り組むべき大きなテーマ
  6. 一生かけてやる価値のあること

すぐにやるべきことから生涯を通して行うべきことまで、ロングスパンで解説されています。

若手の羅針盤にもなるし、リーダーシップを身につけるための指南書にもなっている。

射程はかなり広いです。

仕事ができるとは?

諦めない

著者は次のように定義付けます。

問題が発生したつど、その場で考え、成果を出すために工夫し、時間がかかっても粘り強く努力をする人たちが、ほんとうに仕事のできる人たちだったのだと感じます。

これを当たり前と言うには大変な勇気が必要となる。

なぜなら、このような真摯な姿勢がいかに困難であるかを「まともなビジネスパーソン」なら誰もが知っているからだ。

なので、軽々しく口にすることの手前で急ブレーキを踏まざるをえない。

若手から「仕事ができるようになるためには、どうすればいいですか?」という質問を受けたときには、おせっかいながら必ず「一番最初に案を出せるようになるように頑張る」と回答するようにしている。

これは「とびきりのエピソード」とともに紹介されている一文です。

ぜひ、本書に直接当たってみてください。

この挿話には本当に感心しました。

一番初めに手を上げることの勇気は最優先で評価されなければならないのですね。

就活生へ

はたらくとは?

第6章において「なんで働かないといけないんですか?」と聞いた学生への「とある経営者」の回答が掲載されています。

経営者は6つの理由を順番に述べます。

これが秀逸。

働くことの意義や意味が過不足なく網羅的に取り上げられている。

就活生はぜひ読んでみてください。

働くことをめぐる疑問点の解消のヒントに必ずなるはずです。

ここを読むだけでも本書を手にとる価値があります。

始めましょうよ!

アクション!!

どんな大きな目標であっても、「今日から始める」という決意がなければ、何事も始まらない。

2018年の念頭にあたって、あなたも目標を立てたはず。

今日から、いや、今すぐ始めましょうよ。

大きな達成の第一歩はいつも静かに小さく始まるものです。

だが、どんな優れたプロフェッショナルでも、必ず「初めて」の日があった。それはとても小さな一歩だったはずだ。

気になるブック

注目よく読まれている記事&広告

twitterで情報を発信中です。よろしければフォローしてくださいね。

twitterのフォローはこちらから

最新記事はこちら

  • この記事を書いた人
パドー1000

パドー1000

現役人事部長のパドー1000と申します。雑記blog「シンキング・パドー」を書いています。
カテゴリーは、人事仕事就活受験活字映像音楽競馬アートファッションライフ
詳しいプロフィールへ

-仕 事
-

Copyright© シンキング・パドー , 2018 All Rights Reserved.