Thinking-Puddle

現役人事部長の 雑記blog

佐藤オオキ氏の「スピード仕事術」、スピードを制する者は仕事を制す

投稿日:2017-03-04 更新日:

 

スピードスター⇒

約30人のメンバーで常時400以上のプロジェクトを動かすデザイン事務所ネンド(nendo)

手がけるのは、インテリアから駅前開発等の総合プロジェクトまで多岐にわたる。

代表の佐藤オオキ氏の著書「スピード仕事術」の中に、私が日頃思っていることや考えていたことが、説得力のある魅力的ある言葉で説明されていたので、今度からは部下の面々には、直接この良書にあたっていただこうかと思っている次第です。

働き方改革が、とんでもない勢いで進んでいる昨今、ちんたらやっている時間は我々には本当に残されていません。

スポンサーリンク

スピードと並行処理

仕事の質はスピードで決まる

このことの真の意味を理解するためには、一定以上の量の仕事をこなした経験が不可欠です。

そうでないと、単純に速さに意味を求め、質の悪い、程度の低い仕事が大量に生産され、廃棄されるのがオチとなってしまいます。

スピードについて佐藤氏は以下のように定義付けています。

私がいう「スピード」とは純粋な処理速度ではなく、「同時に処理する能力」に近いのではないかと思います。

ここは、「発展途上の方々」がよく躓くところですね。

処理速度など、早晩限界が来るに決まっています。

そうではなく、同時にたくさんのことをシームレスに実行できる頭の捌き方が問われているのでしょう。

人は一時にひとつのことしかもちろんできません。

そうではなく、一つ終わらないと他のことに手がつけられないでは、お話にならないということです。

実際にスピードを重視すると、不思議なほどに仕事の質が高まります。

やみくもに速さを求め、拙速なクオリティーの死屍累々をよく見かけます。

スピードを上げることにより仕事の質が高まるとは、私の文脈では次のような理解となります。

余計なものに目がいかなくなる。

結果として、本質もしくは本質に近いものだけを考えることに専念できる。

そして、同時並行的にたくさんの仕事に取り掛かることの効用を著者は次のように言います。

手がける仕事の幅が広がっていくので、ますます経験値が上がっていきます。そして、さらにスピードもアップし、自分も成長していく。

ここは腑に落ちます。

簡単にいうと、自分の師匠は過去の自分ということでしょうか。

生産性の高い正のスパイラルが無限に渦を巻いていくイメージですね。

いろいろなことを並行して考えたり進めたりできるような工夫や環境づくりこそ、重要といえるでしょう。

ここのやり方はもちろん人それぞれです。

私の場合は、たまに時間で制限して次から次に違う仕事に取り掛かることがあります。

30分制限で、途中だろうがなんだろうが強制的に次の仕事に着手するという乱暴なやり方を行っています。

勉強になる言葉

以下は、本書の中で特に印象に残った言葉の数々です。

なるほどなるほどの連発でした。

自分が携わった仕事は自分の未来を左右します。

雑な仕事を繰り返していても雑な未来にしかたどり着けません。

たくさんの方々とおつきあいしてきて思うのは、優秀な職人さんほど、「できません」とは言わないということです。

これは耳が痛いです。

なにができるのかできないのか、できない障害はなんなのか、できるとしたらその条件はどういうものなのか、立ち止まってまずは考えてみたいです。

プレゼンの目的は、相手を説得することではなく、相手に納得してもらうことだからです。

現在学生に対する説明会が本格化していますが、あらためて肝に銘じたいです。

極端に聞こえるかもしれませんが、私は「クオリティだけを追求していればよい」という考えで仕事をしています。

ここは文意を見損なわないためにぜひ本書にあたっていただきたいのですが、これはデザインの世界だけに限った話ではもちろんありません。

文意を私なりに解釈しますと、手を抜かない、となります。

手を抜かないとは、誠心誠意全力で取り組むという意味です。

本書に書かれている内容は華やかな実績の数々ですが、我々の日常業務においても役立つ示唆があふれかえっています。

中堅以上のビジネスパーソンは読めば多くのことを得ることができると思います。

 

水たまりの一滴

いいタイミングでいい本に巡り会えました。

最新記事はこちら

  • この記事を書いた人
パドー1000

パドー1000

現役人事部長のパドー1000と申します。雑記blog「シンキング・パドー」を書いています。
カテゴリーは、人事・仕事・就活・受験・活字・映像・音楽・競馬・アート・ファッション・ライフ。
詳しいプロフィールへ

-仕 事

Copyright© Thinking-Puddle , 2017 All Rights Reserved.