現場最適という考え方は最適なのか、あなたと一緒に考えたい

投稿日:2016-12-14 更新日:

現場最適という考え方との遭遇⇒

今年読んだ本の中で、現場最適という言葉に出会った。

著名な経営者の口から発せられた考え方であったと記憶する。

それが今も気になってしかたがない。

スポンサーリンク

アルバイトの思い出

人事業務に携わる限り、各部門の意見を尊重しすぎると、まとまる話もまとまらない。

というのも、彼らは、自部署にとって最適化を図ろうとするが、それが必ずしも全体にとって望ましいものばかりではないからだ。

わたしがそのことを実感したのは、会社に入る以前のことである。

学生時代のアルバイト先であった。

飲食店で働いたことのある方なら、容易に想像がつくと思う。

厨房(調理サイド)とホール(接客サイド)との間に繰り広げられる毎日の戦いである。

あちらを立てればこちらが立たず。

まったくのトレードオフの関係にはないのだが、喧嘩が絶えない関係にあった。

部分最適の死闘。

人事ポジション

各部門の意見を聞いている限り、いつまでたっても着地点の見えない議論が続くこともある。

そのような事態を避けるために、全体最適の立場を貫ぬかざるをえない場合が往々にしてある。

しかしながら、これはすこぶる評判が悪い。

なぜなら、そうすることで、意見が通った集団と通らなかった集団を生み出してしまうからだ。

折衷案的に、関係者がそれぞれ痛みを分かち合うような解決をみることができれば、それはほぼ満点に近い。

が、そのようなケースはレアである。

多くの場合は、誰かがババを引かないことには終わりが見えないのだ。

部分には犠牲になってもらう。

これが、全体を活かす、全体最適の思想である。

現場優先主義

全体最適とも違う、部分最適とも違う、現場最適とはなにか。

仮にこの現場という言葉が各部門(課でもグループでも同様)のことを指すのならば、考える必要がそこにはない。

であるならば、部分と現場とは明らかな違いがあってしかるべきだ。

わたしが考えるに、現場とは「価値が生まれる所」を指していると思われる。

企業において、価値が生まれる所とはどこか。

それは、顧客との接触面に他ならない。

広い意味ではマーケットと言い換えてもよかろう。

つまり、外部と交わる場所のことである。

企業が自らの企業価値向上を宿命付けられているのならば、現場最適は最優先されなければならない。

ここまできてふと疑問が浮かぶ。

この場合における、全体最適とは何が優先されるのであろうか、と。

顧客満足なのか、自社の利益なのか、社会の豊かさなのか。

人事屋稼業

人事は、エブリバディハッピーを目指しながら、それを自らの手で諦めなければならない決断の後押しをすることがある。

新人ならば、誰もが引き裂かれるであろう。

仕事であると引き受け、前進するしかない。

自分に言い聞かせて。

それは、割り切りや諦念や妥協する行為ではなく、現実を受け入れるということだ。

そのようにして、あらためて自分たちの仕事について理解が深まっていくのだろう。

現実を受け入れることが人事の仕事であることを、知る。

現実を受け入れるとは、抽象的な議論と戯れないことを意味する。

もちろん、受け入れてそれで終わりではない。

その先が待っている。

現実的な解決だけがゴールだ。

全体と部分と現場と

全体とは、部分と現場の集合体ではない。

それであれば、はなしはもっと簡単であろう。

全体とは、部分と現場を寄せ集めた以外のものを含んでいる。

その「以外のもの」の別の名が現実であろうか。

そして、ここがわれわれ人事屋の「現場」にほかならない。

 

水たまりの一滴

全体最適は政治的判断と重なるときもありますが、そうでないときもあります。

スポンサーリンク

-仕 事
-

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.