Thinking-Puddle

現役人事部長の 雑記blog

「桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか」を読もう

投稿日:2017-11-05 更新日:

 

20代後半から30代前半の若手中堅向けの最良の書発見⇒

ビジネスの基本を身に着けたいのなら、もう一度学び直したいのなら、本書を手に取るべき。オーソドックスでスタンダードなものだけがあなたの実力を向上させるのです。

鳩山玲人氏の「桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか」を読みました。

時々、基本に戻るべくビジネス書を読みます。

ビジネスの常識がたくさん書いてあります。

ゆえに基本書です。

内容は極めてオーソドックスです。

タイトルは若干扇情的ですね。

しかしながら、20代後半から30代前半の若手中堅が読めば確実に目が開きます。

目薬のような良書。

あなたがいま26才なら黙って買いです。

 

スタンダード

著者は名門鳩山一族の身内の方です。

青山学院を卒業後、三菱商事に入社、サンリオ米国法人を経て現在サンリオの常務取締役です。

本文中にもあるように「鳩山家」だからとその業績を実力以下と見なされた悔しい思いもたくさんされてきたようです。

一読すればわかりますが、文章に全く臭みがありません。

これは育ちの良さと同時に苦労が糧になっている証である思われます。

内容は一昔前のビジネスパーソンが志ある上司や先輩から教えられてきたことばかりです。

つまりビジネスの王道を歩くものの金言に他なりません。

なので、40代以上の方にはもしかすると何を当たり前のことをといった感想を持つかもしれません。

だからこそ、そのようなベテランは時々、初心に還るために読むべきなのでしょう。

オーソドックス

以下は特にいまこちらに響いてきた言葉をご紹介します。

本書にはこれ以外にもたくさん書かれているので興味のある方は直接当たってみてください。

何度もいいますが、20代後半から30代前半の若手中堅が読めばいろんなことがわかるはずです。

社内のルールを覚えろ

これは社内規定を読み込めと言う意味です。

仕事を行うにあたり、規則が定められているはずです。

それをじっくりと読み込み理解しましょう。

コンプライアンスの徹底が叫ばれている今、知りませんでしたでは失格です。

ミック
先輩に聞いたのに違ってた
キース
それゃあ災難
ごんぞう
きちんと規定を読み込むべきだね

職場に波風を立てない人は、いる必要がない

如何にも米国留学のある著者ならではの主張です。

もちろんかき回し、停滞させろという意味ではありません。

予定調和に疑義を呈す勇気を持ちましょうという意味です。

ダイバーシティが広く議論されている昨今、聞く耳をきちんと持ちたいものです。

ミック
特にありません
キース
右に同じです
ごんぞう
いる意味ないじゃん

同時に複数の仕事をこなす

マルチタスクは当然要求されてしかるべき。

が、多重化するととたんにパフォーマンスが落ちる若手が多いようです。

仕事の基礎体力は不足しているは、キャパシティはすぐに一杯になるわで、甘々かな。

仕事の能力は原則的には仕事を通じてしか開発されません。

将来のために負荷を自らかけていきましょう。

ミック
あれもこれも
キース
これもあれも
ごんぞう
一杯一杯

雑務のなかにもチャンスがあると心得る

勘違いしている人が多すぎます。

「このような雑務は意味がない」

そうではありません。

世の中に雑務はありません。

雑な仕事があるだけです。

業務命令には意図があります。

意図をよく理解するものだけが職域を広げることができるのです。

ミック
やる意味あるんスカ
キース
意味ね~じゃん
ごんぞう
雑な仕事

起業家へのあこがれと、いち会社員としての矜持

関心があるのは、会社員としての与えられた環境下で、いかに人々の期待を超え、求められる以上の結果を出し続けるということです。

大きな夢を持ち、組織人としての誇りを失わない。

若手にはとにかくこのような気持ちで日々仕事に取り組んでいってほしい。

本当にただただそう願います。

最新記事はこちら

  • この記事を書いた人
パドー1000

パドー1000

現役人事部長のパドー1000と申します。雑記blog「シンキング・パドー」を書いています。
カテゴリーは、人事・仕事・就活・受験・活字・映像・音楽・競馬・アート・ファッション・ライフ。
詳しいプロフィールへ

-仕 事
-

Copyright© Thinking-Puddle , 2017 All Rights Reserved.