Thinking-Puddle

現役人事部長の 雑記blog

納得のいく内定をゲットできる24の法則プラスα(まとめ)

投稿日:2016-12-30 更新日:

 

さあ、就活を始めよう⇒

過去に、納得のいく就活を行うための記事を多数書いてきました。

以下はそれらをまとめたものです。

長いですが、役立つはずです。

最大限に利用してください。

スポンサーリンク

勝つために何をするのか

まずはじめにすることは、兎にも角にも次の2つです。

戦略を立てる

基礎知識を充填する

戦略的に戦うためには準備が不可欠です。

次の4つを時間をかけて検討しましょう。

  • 目標の明確化
  • 長期的な視野
  • 複合的な思考
  • 力や資源の総合的運用

詳しくは次の記事をご覧ください↓↓

考えるためには、考えるための土台が必要です。

その土台を作るための書籍を紹介します。

10冊あります。

多いですか?

最低、この10冊は、できれば自分で買って、読み倒してください。

詳しくは次の記事をご覧ください↓↓

この10冊を読み終えたのなら、あなたは他の学生の10歩先を行ったことになります。

これは大量リード。

知は力です。

とにかく効率よく関連周辺情報をゲットしたいあなたにはこちらをオススメします。

詳しくは次の記事をご覧ください↓↓

利用できるものは利用する

就活は情報戦です。

使える資源は是が非でも利用しましょう。

取り急ぎ何が利用できるのか?

身近にあります。

そう、キャリアセンターです。

詳しくは次の記事をご覧ください↓↓


事前の確認を怠らない

次に就活の現場に向かう前の身支度を整える必要があります。

人は見かけで判断しがちですが、就活の場合は、見た目がほぼ十割であると覚えておいてください。

決して言い過ぎではありません。

詳しくは次の記事をご覧ください↓↓

そして、ビジネス社会においては、挨拶は最重要です。

コミュニケーションの基本ができていなければ、それ以外をどれほど努力したところで、ある意味徒労に終わります。

それぐらい大事です。

もう一度いいます。

それぐらい大事。

詳しくは次の記事をご覧ください↓↓

それでは、この段階で、やってはいけない残念な行動を軽く見ておきましょう。

知らないと損しますよ。

知っている知らないの差は、あまりに大きいです。

詳しくは次の記事をご覧ください↓↓

一通りの準備は整いました

これでスタンバイOKです。

それでは、肩慣らしと情報収集を兼ねた学内セミナーに積極的に参加していくこととしましょう。

経験値を積み増ししましょう。

詳しくは次の記事をご覧ください↓↓

さて、本格始動です

エントリーシートを書ききるためにしっかりと自分自身に向き合う必要があります。

これは避けては通れません。

ここをきちっとやりきるかどうかが、先に行って雲泥の差をもたらします。

詳しくは次の記事をご覧ください↓↓

ここから、実際に会社に足を運んでいきます

まずは、説明会。

漫然と参加しているのならば、出ないほうがマシです。

時間と体力とお金の無駄です。

出るからには、最大限に選考の次の段階に繋げていきましょう。

詳しくは次の記事をご覧ください↓↓

また、商社とメーカーの違いをきちんと理解していない学生も多く見られます。

ここは大事です。

その違いをしっかりと理解して説明会に臨みましょう。

先に行って、動機形成が脆弱になりかねません。

詳しくは次の記事をご覧ください↓↓

ここまで来ると人事とのやり取りも活発になります。

書類の提出も選考の一環であることを強く意識してください。

決して気を抜かないように。

詳しくは次の記事をご覧ください↓↓

加えて、メールでのやりとりも増えてくるでしょう。

メールは基本クイックレスポンスを徹底してください。

ここは肝心ですよ。

詳しくは次の記事をご覧ください↓↓

説明会が終わると選考も次のステージに入ります

面接を除く、学生の二大苦手分野は、グループディスカッションと作文と言えるでしょう。

グループディスカッションは、はっきり言って簡単ではありません。

まずは、基本をしっかりと押さえましょう。

詳しくは次の記事をご覧ください↓↓

作文試験はテーマをあらかじめ予想することが困難です。

が、事前に準備できることはたくさんあります。

同じく、基本をしっかりと押さえましょう。

詳しくは次の記事をご覧ください↓↓

いよいよ就活のラスボスの登場です

立ちはだかる強大な壁、面接。

面接は付け焼き刃は一切通用しません。

人事はプロです。

小手先などではなく、全身全霊で勝負に出ましょう。

本気だけが人を動かします。

面接については伝えたい事がたくさんあります。

ここは記事の量が多いですが、億劫がらずに必ずすべてに目を通してください。

企業の狙いを十分に理解できるはずです。

それは必ずあなたの金棒となるでしょう。

詳しくは次の記事をご覧ください↓↓

初級編

中級編

上級編

また、面接において、しばしばやりとりされる「望ましい人物像」。

企業によって、微妙に異なります。

しかしながら、のぞましくない人物像は案外に似ているものです。

まずは、それを知ることもきっと役立つはずです。

詳しくは次の記事をご覧ください↓↓

自分の将来は自分で決める

結果がぼちぼち出始めたのなら、入社すべき会社を決定しなければなりません。

あなたが決める際の決め手はなんですか。

大いに悩むことでしょう。

あらゆるファクターを比較検討することと思いますが、最後は自らの直感に従いましょう。

往々にして、それでうまくいく場合が多いものです。

詳しくは次の記事をご覧ください↓↓

内定後、入社までは漠然とした不安はつきもの

入社してやっていけるんだろうかと悩む人も多数。

どこまでいっても解消しないものなのか。

ぜんぜん大丈夫ですよ。

詳しくは次の記事をご覧ください↓↓

あなたはひとりではない

就活はどこまでいっても孤独な戦いです。

そこにはチームプレイはありません。

完全なる個人戦です。

しかしながら、サポーターはいつもあなたのそばにいることを決して忘れないでください。

ご家族であり、友人であり、先輩後輩であり、バイト先の知り合いであり、ゼミやサークルの仲間であり、学校関係者であり。

たくさんおられます。

健闘だけを切に祈る

さて、長々と書いてきましたが、わたしはここにノウハウから心構え全般まで一切合財を詰め込みました。

すべてを完璧に実行することはもしかすると難しいかもしれません。

けれども、やればやったなりの成果が必ずついてきます。

就活は自分との戦いです。

「まあこれぐらいでいいか」は、「これぐらいの結果」しかもたらしません。

某有名マンガの有名なセリフのように、

諦めたら、そこで就活は終わりです。

あなたのベストファイトを企業と同じくあなた自身も待っています。

力の限り、最善を尽くせ。

グッドラック!!

ミック
一人で戦うんだけど
キース
一人ぼっちではない
ごんぞう
そういうことなんだな

最新記事はこちら

  • この記事を書いた人
パドー1000

パドー1000

現役人事部長のパドー1000と申します。雑記blog「シンキング・パドー」を書いています。
カテゴリーは、人事・仕事・就活・受験・活字・映像・音楽・競馬・アート・ファッション・ライフ。
詳しいプロフィールへ

-まとめ記事
-

Copyright© Thinking-Puddle , 2017 All Rights Reserved.