集客MAX。サイトを強化するならこの広告コピー本を黙って読め

投稿日:2017-07-01 更新日:

 

ブロガー・アフェリエイター垂涎の真に有益な広告コピー本ご紹介⇒

ブロガー、アフェリエイター、企業の広報担当を問わず、エントリータイトルをキャッチーなものにすることは日夜悩みのタネであるはずです。読む人の心に刺さるキャッチフレーズができたときの喜びは当事者にしかわからないもの。最重要と言えるキャッチフレーズですが、このキャッチフレーズと同等以上に重要なのが、実はタグラインコピーなのです。 

スポンサーリンク

書くうえでの「姿勢」がシャキっとする!

こんな人におすすめ

  1. ピタッとハマるタイトルで決めたい
  2. 売上をもっと上げたい
  3. 多くの人に読んでもらいたい

期待できます

  1. 芯を食った文章が書けるようになる
  2. 読む手に刺さり、購買意欲を高めてもらえる
  3. PV数が増加傾向を示す

本書の内容

  • 本書は広告コピーの本質を著名なコピーライターでありクリエイティブディレクターである著者が分かりやすく丁寧に解説した本です。
  • コピーライターを目指す人やコピーライターになったばかりの人に向けて書かれていますが、ブロガーやアフェリエイターにとってもたくさんのヒントを得られる内容となっています。

本書の目次

  • はじめに
  • そもそも広告コピーって何
  • コピーを「考える」
  • そもそも広告って何
  • コピーを書く「姿勢」
  • コピーライター人生とは
  • おわりに
メモ
著者は言います。「広告の役割とはモノとヒトとの新しい関係を創ること」であると。

おすすめ度:

藁(わら)にもすがる思いで読み漁っています

読もうと思ったきっかけ

虚弱小ブロガーのわたしは、できるだけ多くの人にどうすれば読んでいただけるのかと頭を悩ませている毎日です。

ミック
仕事してるのか?貴様

そのためには文章力を磨くしかないとWEBライテイングの本を読み漁っています。

読めば、どの本もなるほどな~の連発です。

そのなかで本書は刺さりました。

ブスリ。

なにが良かったのか

キャッチフレーズの重要性をあらためて考えさせられました。

単にカッコイイフレーズをひねり出すのではなく、ターゲットは誰なのか、何をいいたいのか、そのようなことにできる限り時間をかけるのだという、優れたコピーライターにとっての常識がとても新鮮でした。

書く前に時間をたっぷりと使えば、読み手に迫る言葉が生み出されるものだと、素直に思います。

タグラインコピーという考え方は、言われてみればなるほどの最たるものでした。

具体的なメリットを提示するこのコピーは広告の生命線です。

広告を見る目が全く変わりました。

ごんぞう
広告っていうのは創意工夫の塊だわ

今後どう活かすのか

ブログを書く際の「姿勢」が固まりました。

ターゲットを決め、何を伝えるのか。

これが決まらないうちはもう書き出さないつもりです。

決めたあとに、タグラインコピーを明確にします。

これをエントリーに反映させるかどうかはケースバイケースですがここは外せません。

これが決まってはじめて、キャッチフレーズに移ります。

今までの漫然とした書き方を変えます。

キース
多くの人に届けばいいね

タグライン(コピー)とは

著者は次のように本文の中で解説されています。

広告コピーとは、モノとヒトとの新しい関係に気づかせてあげる言葉。価値が最大化されるように商品を「定義付け」するもの。

Χ 企業や商品の内容をただ伝える

Ο 価値が上がるように伝える

キャッチフレーズとは、タグラインに関心を持たせるために興味を引くためのコピーのこと。

自分に関心があると、それを目にした人にどれだけ思ってもらえるのか、そこが勝負。

タグラインとは、商品の価値が最大化されるような「定義付け」に特化したコピーのこと。

文中において次のようなわかりやす例があげられています。

お母さんたちをターゲットとした電動アシスト自転車のコピー

キャッチフレーズ「座ったままで、すいー」

タグライン「お子様乗せても坂道ラクチン!」

キャッチフレーズを考えてからタグラインを考えるという流れが「ありえない」ことが明瞭にみてとれます。

伝えたい「ラクチン」が考えぬかれ、そのことを届けるための最良の言葉がキャッチフレーズとして選択されているのです。

矮小化するな
著者はコピーライトの価値を過小評価しないようにと言います。表層的に文字を集めて終りというほど安直ではないよ、と。コピーライターを目指す人たちに、たくさんの人たちを喜ばせることを目標にするようにとアドバイスします。自分を喜ばせるためのコピーは決して人には届きません。書く者の心構えとして大いに参考になるメッセージですね。

一番届けたいメッセージこそが「タグライン」

タグラインを最も効果的に伝える言葉が「キャッチフレーズ」

パドー1000
あなたの表現は読み手を揺さぶりますか?

最後に一言

迷いを断つ

コピーライターに向けて書かれた本書はコピーライターにだけ有用というわけではありません。特に文章でお悩みのブロガーやアフェリエイターにとっては大いに参考となる内容であると思います。本書を読めば、書く前に考え抜くことがいかに大事であるかが理解できるでしょう。考え抜くから書くときに迷いがなくなるのです。

おすすめ度:

パドー1000
良書とは期待を持って開き、利益を修得して閉じる書物である(モス=オルコット)

スポンサーリンク

-活 字
-,

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.