吉田秋生「海街diary8 恋と巡礼」胸詰まる横顔の秘密とは?

投稿日:2017-06-03 更新日:

 

第8巻を読み終える⇒

今回も透明な時間が流れた。

凝った作画ではないが、語られる言葉が次から次に紙面からこぼれ出る。

そこには人を好きになることの様々なフォルムが提示されている。

以下、内容に言及しますので、未読の方はあらかじめご了承ください。

ミック
チカちゃんて
キース
女の子
ごんぞう
なんだ
スポンサーリンク

第8巻は四部構成なのだ

4つの章から構成されています。

  1. 乙女の祈り
  2. 恋と巡礼
  3. 姉との旅
  4. 満月の言霊

香田家の物語がまたひとつ先に進みます。

  • 長女の幸は井上と結ばれ、
  • 次女の佳乃は坂下との距離を縮め、
  • 三女の千佳は浜田にプロポーズされ、
  • 四女のすずは中学最後の夏を、二度とこない夏を迎えます。

特異なアングル「横顔」

吉田秋生は表現方法のひとつとして「横顔」を積極的に採用する表現者のひとりです。

日常生活において我々は人を真横から見る機会などほとんどありません。

正確に言い直しますと、赤の他人を距離を置いて眺める場合ならいざしらず、親しい人を「ま横から見る」という機会など能動的には持ちえません。

親しい者と関わる場面においては、常に正面もしくは斜め横といったアングルが大半でしょう。

表現方法としての「横顔」

映像表現においては「横顔」はごくごくありふれたアングルです。

その角度がよく採用されるにはもちろん理由があります。

簡単に言えば「内省」を露呈させるためです。

「横顔」とともに「心情」が重ねられる絵と、正面を向いた顔とともに「心情」が重ねられる絵を比べれば、そこに明瞭な違いがあることに、あなたは気付くはずです。

後者の正面の場合、揺るぎない信念や断固とした決意を伝えたい場合が多いでしょう。

しかしながら、「横顔」の場合は言葉にならない、もしくは言葉になったばかりの心の揺れが直裁的に伝わってくるものです。

吉田秋生の場合

吉田の描く「横顔」にはセリフ付きとセリフなしの二種類があります。

セリフ付きの場合は大抵、1カットの場合となり「決め」に入るときが多いです。

「決め」にきているのですから、選び抜かれた「一突き」としてあなたを突き刺すことでしょう。

一方、セリフなしの場合には、1カットの場合もありますが、そうでない場合のほうがより印象を強く残します。

だいたいが2カットとなります。

横顔が連続する一連の「絵」を目の当たりにするとき、あなたは言葉が省略されたことによりはじめて実現される「雄弁」をまざまざと感じ取ることでしょう。

沈黙が雄弁を凌駕し、雄弁よりも多くのことが語られていることを思い知るはずです。

この第8巻においても「横顔」は少なくない頻度で登場します。

そのたびに少々心が締め付けられるような思いを感じざるを得ません。

「横顔」はなんと凛として、なんと寂しいのだろうと、思わずにはいられないのです。

パドー1000
読むたびに胸が詰まる物語

 

よろしければこちらもぜひご覧ください↓↓

3月のライオン、壊れものとしての人生に立ち向かう戦士

  将棋に惹かれる⇒ 将棋が好きです。 全くもって弱いですが。 そして、将棋に関する書物は常に気になります。 マンガで言えば、「3月のライオン」と「月下の棋士」。 これ以外にも、実はたくさん将棋マンガがあるようです。 しかしながら ...

続きを見る

マンガ「刻刻」、理屈でできた恐怖はあなたの時間だけを止めてしまう

  傑作を訪ねる⇒ 堀尾省太氏の「ゴールデンゴールド」があまりに素晴らしかったので、デビュー作を訪ねることにしました。 こちらもどうぞ はい、「刻刻」 言わずと知れた衝撃のデビュー作です。 全8巻を大人買い一気読みし、目眩がしてい ...

続きを見る

ゴールデンゴールド、マネースリラーの本命が新大統領の当選祝にやって来た

繁栄する黄金⇒ 「刻刻」にてその才能をいかんなく世間に知らしめた堀尾省太氏の第二作「ゴールデンゴールド」を読んだ。 現在、第二巻まで刊行されている。 これはヤバイわ。 以下、内容に言及しますのであらかじめご了承願います。 スポンサーリンク ...

続きを見る

遙かなる町へ、谷口ジローさんの四角い顔の中年を街角で見たか

  漫画家谷口ジロー⇒ 漫画家の谷口ジロー氏が亡くなられた。 とても精緻で印象深い画を次から次に発表されました。 原作もののなかでは、「「坊っちゃん」の時代」と「孤独のグルメ」は特に印象深かったです。 心よりご冥福をお祈り申し上げ ...

続きを見る

谷口ジローと関川夏央の「坊っちゃんの時代」は同時代の書だ

「坊ちゃん」の時代、五部作遭遇⇒ 先日、久しく訪れることのなかったブックオフに立ち寄る機会があった。 時間つぶしのために、店内をウロウロしていると、五部作が目にとまる。 いつかは読んでみたいものだと思っていた気持ちが蘇った。 離れがたい。 ...

続きを見る

ゴールデンカムイ、生きることと生き延びること

本日発売最新刊⇒ 手に取る。 期待通りの面白さ。 クオリティーは相変わらず高位安定。 大したものです。 スポンサーリンク 大金の向こう側 ここに登場する人物は、一部の者を除き、埋蔵金の在り処を知るために、囚人を追うハンターどもである。 埋蔵 ...

続きを見る

スポンサーリンク

-活 字
-,

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.