Thinking-Puddle

現役人事部長の 雑記blog

新刊が出れば買ってしまう待ち遠しいコミックスがどれだけありますか?

投稿日:

 

現在5作品継続中にプラス2作品予定⇒

あなたは新刊が出たら必ず買っているマンガ作品(コミックス)がありますか?

わたしの場合は現在5作品になります。

そのうちのひとつである「はじめの一歩」が出ていたので昨日買い求めました。

本日はそれらの作品について少しばかりお話します。

スポンサーリンク

何故読み続けるのだろう

いろんな理由があると思います。

  1. 続きが楽しみだから
  2. 乗りかかった船(腐れ縁)
  3. とにかく全巻揃えたいから
  4. 惰性
  5. ご褒美

数ヶ月に一度程度の頻度で発刊されるために、ある意味忘れたころにやってくるという感じです。

けれども、手元に届けば楽しい時間を、考えさせられる時間を提供してくれます。

不定期のギフトは生活に潤いやアクセントを与えてくれます。

貴重です。

はじめの一歩

長い付き合いになりました。

鷹村守のファンなので彼の本質をつくセリフは毎度楽しみです。

ここまで来ればいっその事、完結しなくてもいいよぐらいの気持ちです。

このマンガは崩壊と背中合わせの感じをいかに演出するのかが肝。

それが悲劇の予兆として感じられる限りは読み続けていきたい。

ゴールデンゴールド

つい最近知りましたがとんでもない方向に進みそうで目が離せませんね。

グロテスク路線もありですが、どこまで品良く堪えることができるのか否か。

文化人類学的な解釈に収斂しない破天荒さをどこまでも希望します。

海街diary

胸が苦しくなる物語。

映画は見ていませんがそろそろ見てもいいかなとこの三連休中には見る予定。

自分のようなおっさんにも感傷を届けてくれる作品であるのだから十代の方が読めばヒリヒリするのでしょうね。

「痛み」から逃げずに青春をなめ尽くしてほしいものです。

ゴールデンカムイ

続きが読みたくなる典型の展開。

登場人物のキャラの立ち具合は現在の漫画界屈指ですね。

エロスを最小限に留めている作者の力量は相当なものです。

「地に足の着いたおとぎばなし」は凡庸な才能には決して描くことはできません。

メモ

8月にようやく11巻が出る予定。楽しみじゃ。

3月のライオン

将棋が好きなので読み始めましたが、三姉妹とのからみも秀逸。

将棋とそれ以外のバランスが絶妙でいろんな層に訴求力が抜群です。

人生は壊れ物であるということをじわりじわりと目の前に差し出してくる作者は意地悪でかつどこまでも魅力的です。

妙に細かい画風も味があっていいですね。

この作品を読むと時々本当に胸が苦しくなる。

番外 響「小説家になる方法」

マンガ大賞2017受賞作。

気になっていたので、ひと月前に一気買いしたまま放置。

これから読み進めようと思っています。

番外 アルキメデスの大戦

これは買ってもいないのですがおそらく手を出すでしょう。

なんだか面白そう。

ちょっとした罪悪感

コミックスを読む場合、いつも少しばかり後ろめたくなります。

作者が精魂込めて作り上げた作品を一気に安直に読み飛ばしていいのかと。

だからと言ってじっくり丁寧に読むという読み方は性に合わない。

ミック
めんどくさいぜ、あんた

最新記事はこちら

  • この記事を書いた人
パドー1000

パドー1000

現役人事部長のパドー1000と申します。雑記blog「シンキング・パドー」を書いています。
カテゴリーは、人事・仕事・就活・受験・活字・映像・音楽・競馬・アート・ファッション・ライフ。
詳しいプロフィールへ

-活 字
-

Copyright© Thinking-Puddle , 2017 All Rights Reserved.