Thinking-Puddle

現役人事部長の 雑記blog

高橋宣行「発想職人のポケット」は「ドラえもんのポケット」といい勝負だった

投稿日:

 

あなたは発想職人になれるか⇒

現在、解決しなければならない課題が山積している。

どこから登ればいいのか途方にくれている。

そんな時は、課題と関係しようがしまいが片っ端からヒントとなる書を探しまくる。

そのためのひとつとして本書を手に取りました。

博報堂で最前線に立っていた著者は言います。

その時、唯一解決できる武器が「クリエイティビティ」といわれています。なにも感覚や感性だけで仕事をするアーチストになれ、、というわけではありません。それは、あらゆるビジネスの「考える・作る・動かす」に関わる「創造性」のことです。

本書には知恵を生み出すヒントが満載されています。

あなたにそしてわたしに必要なのは「クリエイティビティ」なのです。

 

発想職人とは?

著者は若いビジネスパーソンに発想職人を目指してほしいと言います。

発想職人とは次のようなタイプの人を指します。

  • 知恵で変化に対応できる人
  • 知恵で課題解決する人
  • 知恵でイノベーションを起こせる人

知識があることは大前提です。

が、もはや知識は万能ではないということなのでしょう。

「職人」の発言の数々

以下、発言のごく一部をピックアップします。

  • こんなもの作ってて、不安じゃないの?
  • 人真似は、自分に何もないことだ
  • 根っこがないね。根っこが
  • 正しいけど、面白くない
  • うけることに、いやしくなるな
  • 直線を歩きたがる、困ったもんだ
  • 引き出しは空っぽなの?
  • ところでキミは、何が言いたいのか
  • ひとりで悩むことを憶えろ
  • 異質な人を愛せ!
  • 大好きは、才能だ
  • すべて、人間がヒントだ
  • 人の心がわかる人でいて欲しい
  • 人の気持ちを暗くするようなことは、考えるな
  • モノ知りだけでは、金にならない

珠玉です。

全部で55の玉が散りばめられています。

言葉では言い表せない

これからは職人的な「勘」「テイスト」「スキル」「閃き」「センス」「ワザ」「生きざま」「段どり」「第六感」と呼ばれる「言葉では言い表せない知恵」を身に着けた人が活躍する。

我々がよく耳にする仕事のセンスとは詰まるところ「生き様」である。

そのことが本書を読んであらためて確認できました。

ゆえに、小利口に体裁や表面を整えるということは、ここで言うセンスとは全く無関係であることがわかることでしょう。

仕事にはその人間の生き様が如実に否応なく反映され、にじみ出ます。

そのことだけをどうにかして次世代に伝えていきたいとあらためて思いました。

険しそうだな。

最新記事はこちら

  • この記事を書いた人
パドー1000

パドー1000

現役人事部長のパドー1000と申します。雑記blog「シンキング・パドー」を書いています。
カテゴリーは、人事・仕事・就活・受験・活字・映像・音楽・競馬・アート・ファッション・ライフ。
詳しいプロフィールへ

-活 字
-

Copyright© Thinking-Puddle , 2017 All Rights Reserved.