村上春樹「アフターダーク」忘れたふりをしているのはあなただけなのだ

投稿日:2017-09-03 更新日:

村上的不安からあなたは逃げ切れることができない⇒

村上春樹氏の「アフターダーク」を読み直しました。

2004年に刊行されているので、十年以上前に初めて読んだことになります。

村上自身に大きな影響を与えた「阪神淡路大地震」と「地下鉄サリン事件」の影が作品には少なからず射しています。

彼は以前に次のような意味のことを言っています。

わたしたちの人生、生活の基盤は「暗闇」のようなものの上に乗っかっているだけであり、「暗闇」はいつでもわたしたちの人生や生活に顔を見せる。

人生や社会の脆弱性に警鐘を鳴らすこのようなメッセージは単なるネガティブ思想ではありません。

才能のある作家は「あなたの中にある言葉」を掴みだし目の前に提示します。

ほら、みてごらん。

何が起きてもおかしくはないだろう

あなたは村上的不安から逃れることはできません。

もしかするとそんなことはとっくの昔に認識していて、達観と諦念を友として毎日を過ごされているのかもしれません。

君の言う村上的不安とやらは、人生のアクセント程度にすぎないのだ、と。

「不安」こそが私自身であると、きっぱりとあなたは言い切るのかもしれませんね。

以下、小説の既読を前提として話を進めます。あらかじめご了承ください。

 

アフターダークの形式

「アフターダーク」は村上作品には珍しくナレーションが導入されています。

「私たちの視点」という語り部が物語の進行をリードしていきます。

このような形式に違和感を覚える読者もいるでしょう。

が、もちろんそこには意図が働いています。

それについては後ほど。

この物語はある一夜に起こった出来事が時系列的に展開します。

「マリという少女が行動する街」と「姉であるエリが眠る寝室」が舞台となります。

登場人物はそれほど多くはないのですが、それぞれが各章で主人公となり、彼(彼女)の視点で各章が構成されます。

登場する人物たちが交差したり、しなかったりしますが、マリを「ハブ」として関係していることが示されています。

このような統一感の仕掛けは読者におなじみのところです。

タランティーノの「パルプ・フィクション」やジャームッシュの「ナイト・オン・ザ・プラネット」を思い出させます。

場所を巡る物語

「アフターダーク」の主題は「場所」です。

主題を明瞭化するために3人の人物がキーとなります。

  1. 私達の視点と呼ばれる「ある視点」
  2. マリという少女
  3. 訳アリのラブホ従業員コオロギと呼ばれる女

エリが眠る寝室あるいはTVの向こう側も重要です。

しかしながら、それはエリの「心的問題の象徴としての空間」という理解ができるために、ここでは横に置くこととします。

私達の視点と呼ばれる「ある視点」

小説技法上からどのような場所にも自由自在に出入りします。

生起している事態については何らの干渉もできません。

「ベルリン天使の詩」のブルーノ・ガンツのような天使的存在。

マリという少女

どこにも行けそうですが、自分のいるべき場所には決して行くことができません。

過去に囚われ続け、今を上手く生きることができない。

今立っている場所から逃避するために行きたくないところに行こうとしています。

訳アリのラブホ従業員コオロギと呼ばれる女

過去の過ちのために顔と名前を隠しながら、絶えず居場所を移動し続けます。

見つかればおそらく死が待っており、不安が消えることはありません。

過去から逃げ切れることを諦めています。

この3人の人物を通じて「場所」に関する困難が浮き彫りになります。

この困難はあなたにとって他人事ではないはずです。

「場所」は常に「ここ」ではない。

「場所」を移動し続けることは決して愉快なことではない。

「場所」を変える自由は生の充実を保証しない。

マリはふと思う、私はこことは違う場所にいることだってできたのだ。そしてエリだって、こことは違う場所にいることはできたのだ。

ここで述べられているのは後悔ではありません。

村上的不安の吐露に他ならないのです。

「ここ」などどこにもないことが直裁的な表現を取らずに我々の心に直接的に語られています。

アフターダークとは?

「アフターダーク」においてアフターダークとは「夜明け」をいささかも意味も示唆もしていません。

夜はようやく明けたばかりだ。次の闇が訪れるまでに、まだ時間はある。

物語は上のような文章で締めくくられています。

夜明けは来る。

必ず来ます。

同時に闇は後退します。

が、時間が経てば、闇は再びやってくるのです。

そう、アフターダークとは「闇と闇の間の束の間の時間」を指します。

「闇の後」という意味にもとれそうなこのタイトルはやはり一筋縄ではいかなかったようです。

「アフターダーク」は村上的不安を象徴するテキストなのでしょう。

あなたは今「どこ」にいますか?

村上春樹関連記事です

ミック
たくさんあるね
「村上春樹翻訳(ほとんど)全仕事」、翻訳は午後の楽しみにとっておきます

多大な時間が投入された訳業の全貌が明らかに⇒ 思い入れたっぷりに訳書一点一点が写真とともに自らのコメント付きで紹介されている。 その数、なんと70点余り。 すごい数だ。 36年間の達成が一望できるお得本です。 スポンサーリンク 本書の構成 ...

続きを見る

「騎士団長殺し」、村上春樹は時間を味方につけることに成功したのだ

「騎士団長殺し」を読み終える⇒ 「1Q84」から7年ぶりの長編新作「騎士団長殺し」を読了。 至福の読書時間。 これ以上つけ足す言葉はなにもない。 が、巷間では好意的な書評が多くないようです。 村上春樹氏に読者の多くが何を求めているのかは不明 ...

続きを見る

村上春樹の「若い読者のための短編小説案内」は俄然「第三の新人」推しです

  もっと早くから読んでいればよかった⇒ 村上春樹氏の「若い読者のための短編小説案内」を読んだ。 遠い昔に発表されているこの本を今年に入って読み終えた。 相変わらず遅いは。 タイトルから中身をよく読まずに、長い間、単なる短編の案内 ...

続きを見る

村上春樹「意味がなければスイングはない」、世界のおもりとしての音楽

  10年ぶりに読み返す⇒ 今から10年ほど前に書かれた「意味がなければスイングはない」が電子書籍になったので、読み返しました。 確かジャズのことを書いたエッセイだと記憶していたのですが、そうではなくジャズを中心に様々なジャンルの ...

続きを見る

村上春樹のコミットメントの意味

  コミットメントへの道⇒ 読みたいと思いながら、ようやく「村上春樹、河合隼雄に会いにいく」を読み終えた。 示唆に富む内容。 何度も読み返す必要がある。 最大の収穫は、作者自身が自らの作品を分析しているところだ。 特に「ねじまき鳥 ...

続きを見る

村上春樹の「木野」とはカラフルな神話的世界。謎は謎のままに

なぜ、村上春樹氏の「木野」に惹かれるのだろうか⇒ 「女のいない男たち」が電子版で出版されたので、以前に紙の本で読んでいたこの短編集を久しぶりに読み返した。 傑作はいつ読んでも傑作です。 以下、内容に言及するため、ネタバレ注意にてお願いします ...

続きを見る

「みみずくは黄昏に飛び立つ」、マジ?川上未映子そこまで聞く?!

  11時間25万字の金字塔的なインタビュー⇒ 作家川上未映子氏が村上春樹氏に行ったロングインタビューを読んだ。 結構なボリューム。 計四回にわたり、断続的に実施さた作家と作家の真剣勝負。 語りの舞台は次の四ヶ所。 西麻布のレイニ ...

続きを見る

スプートニクの恋人とは一体全体誰のことを指すのか

  スプートニクの恋人を何度も読み返している⇒ 初めて読んだときから、もう十五年以上、何度も読み返している。 理由は不明であるが、時々、頁をめくっている。 今回、電子書籍で読めるようになって、また読み返した。 不思議な小説だ。 あ ...

続きを見る

海辺のカフカは今もなお座り込んだままでいるのか

  慰めのための文学⇒ 「戦時」のような毎日を送っている。 大仰であるが、仕方がない。 そのような気分が継続している。 世事の疎ましさが咽喉元までせり上がりどうにもこうにも嚥下せぬことにはと、本箱に強引に手を突っ込んだ。 こういう ...

続きを見る

キース
お腹一杯

スポンサーリンク

-活 字
-,

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.