高橋フミアキ「77の文章テクニック」目が離せない文章の作り方ぜんぶ教えます

投稿日:

 

ハッキリ言って、読まれたモン勝ちでんねん⇒

文章が上手くなりたい。

その一心で文章関連、特にWebライティングの書籍を集中して読んでいます。

読めばただちにうまくなるとは思っていません。

が、藁にもすがる思いで片っ端から手を出しています。

本書もWebではよく紹介されているもののひとつです。

当たりだった。

文章関連の本は当然に文章が全て。

看板に偽りなしはごまかすことができない。

イマイチな文章であれば誰もページを先に進めません。

それだけシビアというかハードルは高い。

本書の「はじめに」を読めばただちに有益であることがあなたにもわかるでしょう。

見開き2ページに「これは期待できますね」がてんこ盛りです。

心をガッチリつかむ文章だ。

スポンサーリンク

心をつかむ文章だけが読まれる時代になった

「何かを書く」と同時に「何かを読む」ということが当たり前である今日。

ブロガーだろうが会社員だろうが中学生だろうが何様でもいい。

文字情報を交換しない日は一日もないはずです。

つまり現代人は、仕事であれプライベートであれ、嫌でも文章を書かざるを得ないのです。

これがデフォルトであるのならば、うまく書きたい、もっと伝えたいという欲求は極めて自然な欲望である。

ゆえに効果的な方法を表現を誰もが学びたいと思っている。

わたしもその一人だ。

本書の特色

本書には77のテクニックが記載されています。

この手の類書によく見かけるお約束の項目もあれば、なるほどと思える初見のものもあり、非常に網羅的な構成となっています。

各テクニックごとに、良い例と悪い例を併記しているので、どこをどう修正すればいいのかが一目瞭然です。

それに加え「思考のプロセス」が説明されているので、どうしてこのような修正ができるのか、このような修正に至るのかが丁寧に解説されています。

さらに、豊富な文例だけでなく、プロがどう考えて文章を書いているのか、いわば頭のなかを見える化した「思考のプロセス」も収録しています。

「見向きもされなかった文章」を「心をつかむ文章」に一発変換できるのだ。

いくらいいことを書いたって、読まれなければ死んだ文章!

パドー1000
現実はつねに非情だ

-活 字
-,

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.