シンキング・パドー

グッドワーク&グッドライフの方へ




上司の評価を上げたいのなら3つのことだけ押さえろ

投稿日:2018-02-02 更新日:

 

仕事力が上がってこない。悩んでない?
  • 仕事が思うように進まない。
  • イマイチ乗ってこない。
  • 目に見える成果を叩き出せない。

自分の仕事力に疑問を抱いている若手のあなた。

間違った方向に突っ走っていませんか?

あなたが高評価を得たいなら、ひとつだけ押さえてください。

上司は何を望んでいるのか?

それだけをグリップしてください。

それだけでいい。

あなたは何を求められているの?

よ~く考えてみましょう

若きビジネスパーソンであるあなたが上司に求められているものは次の3つに集約されます。

この3つはビジネス基礎力ではありません。

即戦力としてのあなたが、組織のメンバーとして企業価値向上のために求められているものです。

組織を運営する任にある上長があなたに求めているものです。

上司の評価を得たいのなら、何を求められているのかを正確無比に知ることが第一です。

それは次の3つです。

  1. 問題提起力
  2. 変化希求力
  3. 即時行動力

持っていますか?持っていないですか?

なければ、直ちに迷うことなく身につけましょう。

気になるブック

問題提起力とは

絶えず疑問を持て

問題設定力や問題解決力と似ているので、勘違いしがちです。

が、これらとはちょっとばかり意味合いが違います。

問題提起力とは、当事者意識に基づく投げかけを意味します。

どんなに小さなことでもいいのです。

いやむしろ小さいことでいいんです。

自分たちが直面している課題に対して、様々な角度から眺め、頭をひねる。

直面する問題を解決すべき課題として捉えているその心的スタンスが何よりも大事なんです。

  • ここ気になりますよね。
  • ここちょっと違うんじゃないですか。
  • ここ実際にやるとなったら結構厄介ですよね。

そのような疑問、疑義の連射・連発を上司は求めています。

画期的なアイデアやユニークな発想でなくて全然OK。

当事者意識に基づく能動的・積極的な取組姿勢を何よりも求めているのです。

気になるブック

変化希求力とは

新しい方へ進む

前例を踏襲して事なきを得る組織は絶滅に瀕しています。

状況も条件も決して同じではない現在のビジネス環境下において、昔のまままで昔と同程度の成果を求めることは狂気に近いと言わざるを得ません。

新しいことを異常なまでに求め続けるフットワークの軽さが大事。

成功の上に胡座をかくことなく、絶えず「次を」「もっとを」求める強い欲求を上司は求めています。

変化することを厭わず、嫌わず、前進する姿勢はどこまでも頼もしく思えるものです。

気になるブック

即時行動力とは

今すぐ始めよう

言うが早いか、風のように立ち去り、行動に移している。

誰かやらないかの問いかけが終わるやいなや、真っ先に手を上げている。

なんらの逡巡や躊躇もなく、渦中に飛び込んでいく。

頼もしい限りです。

やる気の塊です。

思い立ったが吉日。

口よりも頭よりも先に、手や足が出ている。

行動することのできる者だけが結果を出せることをあなただけが十分に理解している。

そんなあなたを眩しく目を細め上司は見ているのでしょう。

気になるブック

行動あるのみ

行動することの大切さを知る

 

考えることはもちろん大事です。

やみくもに走ることは非効率であることもたくさんあります。

けれども、自分の頭の中の「現実」はたかが知れています。

現実はもっと広く深いものです。

その広さや深さは、現実に、社会に、顧客に、ぶつかっていくことでしか体感・実感できません。

ゆえに、行動するのです。

行動だけがあなたを正解に導きます。

正解にたどり着けば、評価は自ずと上がります。

もう一度、上司が求める3つのポイントを思い出してください。

  1. 問題提起力
  2. 変化希求力
  3. 即時行動力

3番は言うに及ばず、1も2もともにアクションが問われています。

自分から追いかけていく、追い求めていくその行動力こそを上司は心の底から欲っしているのです。

さあ、迷わず、慌てず、ドンドンこちらから仕掛けていきましょう。

仕事は追っかけたもんがちです。

気になるブック




  • この記事を書いた人
人事屋パドー

人事屋パドー

「シンキング・パドー」の管理人、人事屋パドーです。元営業マンの現役人事部長。グッドワーク&グッドライフを目指し奮闘中。
詳しいプロフィールへ

Copyright© シンキング・パドー , 2018 All Rights Reserved.