capsuleに出会ってしまったことをなかったことには決してできはしない

投稿日:2016-12-30 更新日:

 

capsuleは無条件でいい⇒

出会ってしまったんです。

L.D.Kからのファンです。

それ以前は聞いていません。

彼らの曲を聞くと、いつもいつも電気羊をおもいだしてしまう。

スポンサーリンク

L.D.K

グライダー

フレンチ感覚いっぱいで軽快なんです。

でも、一抹の不安が常に目の前を離れない。

青空のもとの悲しい曲。

FRUITS CLiPPER

super speeder Judy Jedy

バックミラーに写っては消える愛。

疾走感をあえて抑えるその手練手管。

音が鳴っているときと鳴っていないときの刹那が特に良い。

Sugarless GiRL

Sugarless GiRL

ボーカルの全面開放。

歌詞を聞かすというこのような曲作りのほうがわたしは好きです。

発声が絶妙。

FLASH BACK

FLASH BACK

傑作中の傑作アルバム。

全編名曲。

すごいわ。

特にこれは超絶、悶絶のきりきり舞いです。

MORE! MORE! MORE!

Adventure

これが一番好き。

死にゆくものへの祈りが圧倒的な肯定感の中で歌い上げられている。

センチメンタルが最上の形で結晶している。

なんなんだ。

PLAYER

I wish You

この自問自答の無限音階は、やがて自他の境界をゆっくりと溶かしていく。

直裁的な愛が語られているのに、対象は常に不在。

優しい音。優しい曲。

WORLD OF FANTASY

KEEP HOPE ALIVE

一つの到達点としてのアルバム。

音が限りなく発展的な解消を求め始めてしまった。

真夜中に聞きたくなる名曲。

STEREO WORXXX

Transparent

人の声が音と融合していく、その過程を聞かせることを目的とした美しい曲。

どこにもいない誰かに向かって届けられる曲。

音楽はいつまでも終わらない。

CAPS LOCK

CONTROL

音の変容に多くのファンが戸惑ったアルバム。

わたしはぜんぜんOKでした。

だって、このCONTROLを聞いたから。

これは書けないよな、スゲー。

Wave Runner

Unrequited Love

複雑骨折した恋愛を表現させるとピカイチ。

ラブソングが成立し難い時代において、そのことに自覚的に恋愛歌を作る出せる才能。

稀有だ。

 

水たまりの一滴

来年にはアルバムを出すのだろうか。

スポンサーリンク

-音 楽
-,

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.