Thinking-Puddle

現役人事部長の 雑記blog

「デスノート」じゃなくて、「はっぴいのうと」を書けばよろし

投稿日:2016-10-31 更新日:

 

デスノートはおいといて⇒

デスノート再ブレイク中ですね。

流行ったころ、漫画を読みました。

でも内容が難しすぎて、ああ凄いことが書かれているんだなあで終わりました。

たったひとつの設定で、あそこまで話が膨らむのは、さすがの才能です。

さて、デスノート欲しいでしょうか。

わたしは、うーん、欲しくありません。

それよりも「はっぴいのうと」。

本日は、「はっぴいのうと」のお話をします。

スポンサーリンク

「はっぴいのうと」とは?

これは、落ち込んだり、くじけそうになったときに、読み返すノートです。

自分だけのオリジナルノート。

作成方法は次の通りです。

 

まず、ノートを買う。

見開き2ページで、ひとつのことを書きます。

こころがほっこりとした事柄なら、なんでもいいです。

 

楽しかった思い出

うれしかったこと

こころが暖まった言葉

よく心に浮かぶ風景

おいしかった料理

大事な友達のこと

大好きなペットのクセ

いつかの夕暮れの空気感

夏の光

支えてくれた音楽

悪友の宴会芸

感動したアニメ

がんばったテストの点数

子供の誕生の瞬間

万馬券が当たったときのゴール前

はじめてのプレゼント

 

数え上げれば、誰にでもきりがないはずです。

できるだけ詳しく書いても良いですし、キーワードだけでもいいし、イラストや写真を貼ってもいいですし。

できれば、紙のノートにしてください。

できれば、手書きにしてください。

そのほうが、なんだかいい感じなんです。

このノートは効くんです

このノートを作成することの効用はつぎのふたつです。

書くために思い出したりして、また書いている最中に、幸せな気分になれる。

読み返したときに、心が温かくなる。

 

落ち込んでいたり、めげたりしているときに、このノートを読めば、たちどころに、体中のマイナスが吹き飛ぶというわけではありません。

そのような劇薬は、むしろ反動が怖いです。

そして、元気がふつふつと沸いてくるかといえば、時と場合によるので、保証の限りではないです。

ただ、ひとつ言えることは、こころが確実にあたたかくなります

自分は、結構、幸せな時間をいままで過ごしてきたんだなあと、あらためて思うはずです。

そこが大事。

そう、つらいことばかり、つまらないことばかりが毎日目に付きますよね。

でも、実はそんなに悪くはないんだ、捨てたもんじゃなかったと、確認できるはずです。

自分史を超えて

このノートはある意味、自分史です。

でも一般的な自分史とは異なります。

自分史のある側面がクローズアップされているものだからです。

ハッピー限定の自分史。

苦い思い出は取り上げない。無視無視。

それでいいじゃないですか。

なぜならひとは幸せになるために生まれてきたのだから。

 

水たまりの一滴

当社には、東京と大阪に二人のリュークがいます。ほんとそっくり。

 

最新記事はこちら

  • この記事を書いた人
パドー1000

パドー1000

現役人事部長のパドー1000と申します。雑記blog「シンキング・パドー」を書いています。
カテゴリーは、人事・仕事・就活・受験・活字・映像・音楽・競馬・アート・ファッション・ライフ。
詳しいプロフィールへ

-ライフ

Copyright© Thinking-Puddle , 2017 All Rights Reserved.