Thinking-Puddle

現役人事部長の 雑記blog

300記事を超えたが、謎の男ボーン・片桐はなぜ私のもとを訪ねてくれないのかナ

投稿日:2017-06-02 更新日:

300記事を書きおえたことになる⇒

昨年の9月末からスタートし、8ヶ月あまり。

ようやくというか、兎にも角にもというべきか、300記事を書き終えたことになります。

少なくない数を書いたことになる。

振り返れば、印象に残っているエントリーもあれば、記憶の底に沈んだままの記事もある。

以下、単なる雑感となりますので、あらかじめご了承ください。

ミック
思えば遠くへ来たもんだ
スポンサーリンク

ショボいPV数

それほど劇的には増えていません。

半年をすぎる頃から、まあ微増といったところです。

上位表示の記事もいくつかありますが、雑記ブログゆえに、連鎖連鎖という展開にはなりにくいようです。

できればより多くの人にと思うものの、爆発力にいささか欠けるのが現実です。

リピート率は20%を少しばかり超えた数字というところです。

アドセンスについて

半年ぐらい前からどうしようか逡巡していました。

はじめたからといって大儲けということも見込み難いので、まあいいかと思い、始めることにしました。

できれば、将来的に毎月新書が4、5冊買えるぐらいになればいいなと、気長にその日を待ちます。

キース
果てしなく遠い

世の中では、1万円なんてすぐ、5万円も大丈夫などと、ひどく安直に簡便にできそうなコメントが多いですが、聞かなかったことにしたいというのが正直なところです。

書くこと、書けないこと

書きたいことがたくさん溢れ出すこともあれば、書くに書けないもどかしさや、書きたくない気持ちが強くなるなど、多くの感情が目の前を通り過ぎました。

いつやめてもいいし、いつまで続けてもいいし、というお気楽なスタンスなので、これからもほそぼそと続いていくのかなと思います。

書くことの愉楽

書くことは、基本楽しいです。

ゆえに、頼まれもしないのに300を超えたのだと思います。

駄文の死屍累累ですが、なかにはあなたのお役に立ったり、興味を引くものがあったり、そのように信じています。

リライトはしないより、やったほうがいいのはわかっているのです。

が、それよりも新しい文章を作成したほうがの気持ちが俄然強くなります。

ミック
過去は振り返らない
キース
前だけ見ている
ごんぞう
前進あるのみ

カテゴリーの憂鬱

カテゴリーは割りと広めに設定しましたので、どのジャンルにも微妙な内容という分けにくさは発生しません。

ただ、どれもこれもバランス良く書いているとも言い切れません。

偏るといえば偏る、バランスの悪さは否めません。

傾向として、同一カテゴリーが集中してしまうことがままあります。

次に向かって

次に一里塚的な文章を綴るとすれば、400記事達成時か、開始後1年経ったあとになると思われます。

ごんぞう
楽しみです

おそらく、書くことが苦痛になり、苦行に変わるのならば、しばらく休むというのではなく、あっさりやめると思います。

性格的にそうしてしまうと予想できます。

できれば避けたいのですが、先のことは誰にもわかりません。

ブログに関わることで、それ以外に割くことのできる時間が減少していることは確かです。

今のところ、折角300書いたんだからという感じにもなっていません。

書くことが自分にとって重いときは、素直に離れるという方法をとりたいな、と。

けれども、今は続ける方向で進みたい。

ミック
マイペースはそんなに簡単ではないな

よろしければこちらもぜひご覧ください↓↓

最新記事はこちら

  • この記事を書いた人
パドー1000

パドー1000

現役人事部長のパドー1000と申します。雑記blog「シンキング・パドー」を書いています。
カテゴリーは、人事・仕事・就活・受験・活字・映像・音楽・競馬・アート・ファッション・ライフ。
詳しいプロフィールへ

-ライフ

Copyright© Thinking-Puddle , 2017 All Rights Reserved.