Thinking-Puddle

現役人事部長の 雑記blog

ブログ記事100を超えて今現在思っていること、ちと弱気

投稿日:2016-12-03 更新日:

 

今、思うこと⇒⇒

予想よりも早いペースで100を超えました。

書きたいことがあったから。

現時点において、思うところをいくつか述べたいと思います。

スポンサーリンク

モヤモヤ感覚

スタート前は、原則毎日更新を心がけてきました。

一部、出張時に更新できなかったこともありましたが、ほぼ毎日更新は達成。

あとは、12月末までの三ヶ月間はとりあえず続けるを目標とします。

が、わかっていたこととは言え、「はてな」ではないので、読者数も大変少なく、気持ちが乗っていかない今日このごろです。

これが、弱小ブログの壁と言うものなのかと、落ち込んでおります。

仕事との兼ね合い

これから、4月に向かい、人事屋にとっては、超繁忙期が口を開けて待っています。

業務最優先であるために、時間的制約はやはりあります。

ゆえに、張り合いのようなものがなければ、続ける気持ちも早晩しぼんでいくのかなという感じです。

ブログを書く意味

ここまで、書いてきて、あらためて、その間、他のブロガーの人たちのスタンスを都度都度参考にしてきました。

いろんな考え方があるので、肯くところが多かったです。

現在の結論としては、当初の通り、自分の今考えていることが他の人のヒントになるように、書き続けていくのがいいのかなという態度を貫きたいです。

それに加えて、肩の力を抜いて、趣味的世界のことも書き散らそうかな、と思います。

検索されることを最大の目的としたり、収益第一という匂いのする記事は、やはり読むのも書くのも抵抗感があり、ちょっと違うかなと、思います。

自分はそのような色がまったくないのかと問われれば、まったくないと言い切るつもりはありません。

ただ、程度問題だと言っているだけです。

読まれないことには、存在しないのも同然であり、書く意味が無いという断言は理解できますが、同意はしかねるかな。

どこまでいっても、客観的に、説得的に、負け犬の遠吠えポジションですが、尻尾を巻く気はさらさらありません。

読者の方に対して

一向に読者数は増えていきませんが、更新するたびに、必ず目を通して頂いている方々がおられます。

正直、救われます。

面白いか面白くないか、役立っているかいなかは、わたしには分かりません。

全文を読んでいただいているのかどうかも、やはり分かりません。

けれども、ご自身の時間をさいて、このような駄文に接して頂いていることは、身が引き締まります。

ものを書くとは、誰かに読まれているという、そのような確信の中で、はじめて前進することができるということを、今さならながらに勉強させてもらいました。

ありがとうございます。

数について

PV数が異常に伸びただとか、今月はすごいとか、そのような文章に触れるたびに、自分がすこしばかり霞んで見えることが、多々あります。

いい年をして、人は人、自分は自分と割り切れないところが、未熟者の限界です。

ここで、中断してしまうと、みなさんが言うように、壁にあたって、その他大勢になります。

なので、やめません。

最後に

就活で頑張っている人たちに、伝えなければならないことが、まだ残っているので、続けたいと考えます。

それをきちんと整理して、まとめ記事にするところまでは、やります。

というと、それが終わると終わりかい、というニュアンスになってしまいますが、違います。

現在、体調もあまりよくないので、弱気の虫の文章になっております。

いつやめてもいいし、いつまでつづけてもいい。

原点に戻りました。

リスタートします。

 

水たまりの一滴

これが、壁かという感じです。経験しないとわからないものですね。

最新記事はこちら

  • この記事を書いた人
パドー1000

パドー1000

現役人事部長のパドー1000と申します。雑記blog「シンキング・パドー」を書いています。
カテゴリーは、人事・仕事・就活・受験・活字・映像・音楽・競馬・アート・ファッション・ライフ。
詳しいプロフィールへ

-ライフ

Copyright© Thinking-Puddle , 2017 All Rights Reserved.