Thinking-Puddle

現役人事部長の 雑記blog

2018就活、今日は七夕。実質的に終了しているのか?!

投稿日:2017-07-07 更新日:

終了ムードがプンプンしているのだが⇒

6月が終わり、多くの学生は就職先を決定している状況にあります。6月末時点で内定率70%以上との速報値も出ており、ほぼ終了したような様相を呈しています。もちろん現在時点においても企業、学生ともに活動は継続中でありますが、実質的には企業の夏採用は今月一杯との見込みが強まっています。

スポンサーリンク

採用媒体担当者に聞いてみました

マイナビをはじめとする複数の企業の採用媒体担当者からの意見を総合しますと次の通りとなります。

  1. 内定を持ちながら現在も活動中の学生は少なくないが、それでも7月末までと期限を決めている学生が多い。
  2. 大手は基本的に終了しているところがほとんど。
  3. 中堅以下の企業は夏採用を継続実施しているところもあるが、7月末までが勝負と考えている企業が大半である。
  4. 次年度(19年度)のインターンシップも既に始まり、18年度の内定者懇親会を行なっている企業も少なくないことから、採用担当者の気持ちもいまいち盛り上がりに欠けている模様。
ミック
納得いくまで続けるの?
キース
続けない
ごんぞう
もはやここまでかなという感じ
ミック
大手もないしね
キース
最近あまり募集してるとこもないし
ごんぞう
ここらで決めますか
ミック
海行きたいし
キース
ですよね
ごんぞう
いこいこ

実感としてはどうか

上記の各担当者のお話は合点のいくところばかりでした。

実際この時期残っている学生は企業の希望する人物像とかけ離れている人の割合が極端に高くなることは否定できないでしょう。

採用担当者のモチベーションの維持も難しい時期であることもよく理解できます。

納得いくまで継続するという内定保持者たちも、気持ちがぐらつく季節。

学生は8月からの夏休みを控え、とにかく7月末までにという気持ちが強く、学生最後の夏を謳歌したいという本音も垣間見えます。

ミック
祭りの後のような雰囲気は確かにあります

暑いけれどあきらめないで

内定のないまま、7月を戦うことは相当に心身ともにきついと思います。

周りの友人との連絡も途絶えがちになり、孤立化が進むことも容易に想像できます。

しかしながら、後ろを振り返らないで下さい。

終わったことを悔やんでもいいことはひとつもありません。

とにかく、1社1社に全力投球していくことです。

健闘を祈ります。

メモ

昨年と比較し今年はお盆返上という企業の勢いもなさそうな様子。やはり7月がラストチャンスなのでしょうか。

最新記事はこちら

  • この記事を書いた人
パドー1000

パドー1000

現役人事部長のパドー1000と申します。雑記blog「シンキング・パドー」を書いています。
カテゴリーは、人事・仕事・就活・受験・活字・映像・音楽・競馬・アート・ファッション・ライフ。
詳しいプロフィールへ

-就 活

Copyright© Thinking-Puddle , 2017 All Rights Reserved.