Thinking-Puddle

現役人事部長の 雑記blog

会社説明会でのあなたの質問は爪あとを残せているのいないの、そこだけが問題だ

投稿日:2017-03-11 更新日:

 

就活における質問は⇒

就活始まっています。

説明会も目白押しですね。

質問があればお願いしますと人事から促されたとき、あなたは質問しますかしませんか、どうでしょう。

本日は、説明会における質問についてお話しします。

スポンサーリンク

何のために質問をするのか?

説明会において質問をする動機はほぼ次の3つに絞られます。

企業のことをもっとよく知りたいから

自分という存在を印象づけたいから

上記2つのミックス

あなたはどうでしょうか?

質問はその内容により効果的である場合とやらないほうが良かったに別れてしまいます。

間違ってならないのは、説明会なのだから何でもかんでも答えてもらえるだろうというスタンスを前面に出さないことです。

最低限のマナーや良識は問われてしかるべきであると考えます。

あくまで、企業と学生は説明会においてイーブンの関係であるのだから。

いい印象わるい印象

印象に残るという観点からすると、いい印象、わるい印象いずれの場合も考えられます。

わるい印象のケースは次のようなケースでしょう。

  • 説明会で説明された事項を性懲りもなく聞いてしまう場合
  • 企業HPを確認すれば分かるようなことを聞いてしまう場合
  • 御社の弱みは何ですかに代表される不躾で不快な物言いの場合

いい印象のケースは次のようなケースでしょう。

  • 説明会で触れていなかった事項を確認する場合
  • 自分の意見を先に述べ、企業の考え方を確認する場合
  • 企業が主張したいポイントのより詳しい説明を求める場合

わるい印象を持たれる場合は、すべからく十分な企業研究がなされておらず、一般的なよくある質問を今回もしていますという匂いがぷんぷんする場合です。

いい印象を持たれる場合は、総じて多面的に企業の理解を進めた上で、自分の考えではこう思いますが、それは適切なのかどうかを一定以上の配慮を持ってなされている場合です。

学生からの質問TOP10

  • 職場の雰囲気
  • 社風
  • 営業職のやりがい
  • 求められる人物像
  • 一日の流れ
  • 女性の働き方
  • 会社の強み弱み
  • 業界の将来性
  • 必要なスキル
  • 活躍されている方はどんな方ですか

以下に個別にみていきましょう。

職場の雰囲気は?

これを企業の口から言わせて自分が感じているところと答えあわせをする気なのだろうか。

答えを聞いてどうするの、の代表的な質問のひとつ。

感じ方は各々違うので、オフィスを5分ぐらい眺めてもらえればわかってもらえるのだろうか。

社風は?

盛って答える企業もあれば、できる限り正直に答える企業もある。

その答え方の妙を吟味したいのだろうか。

たぶん、そうではないだろうな。

社風は、おそらく一定期間実際に働いてみないと確実にとらえることは極めて困難なものです。

営業職のやりがいは?

これは、私の場合、営業経験があるので、いくらでも話ができちゃいます。

多くの企業は、現役の営業マンに語ってもらう場合が多いのでしょうか。

日々の業務のドラマチックでない部分に喜びや、やりがいがたくさん転がっているので、それを経験のない人間に伝えるのは実際、難しい限りです。

求められる人物像は?

たいていの場合、企業HPに掲載されています。

また、どの企業も似たり寄ったりの答えが多いものです。

ゆえに、特に何を重視しているのかを確認することが効果的といえば効果的でしょう。

一日の流れは?

部署によりキャリアによって千差万別なので、絞った形で質問すべきでしょう。

一日の流れを聞く際になぜ流れを確認したいのかのポイントを述べれば、答えがフォーカスできると思います。

ポンと質問するのではあまりに漠然としすぎて、答えようが正直ありません。

女性の働き方について

ここは、説明をすると長くなるので、説明会の中で触れていないのであれば、可能であれば、終了後に個別に時間を設けてもらうようにしましょう。

会社の強み弱みは?

強みは自分で分析する項目であり、弱みは答える必要があるとは個人的には思いません。

その企業や同業他社のことを十分に理解した前提でしか、リアルな強み弱みは議論できるものではないのです。

不快感しか感じない人事担当もいるので、もっともリスキーな質問の一つでしょう。

できれば避けてください。

業界の将来性は?

こちらが聞きたいぐらいです。

必要なスキルは?

職種によって必要なスキルは違ってきます。

が、営業職の場合は特にこのような資格の類が必要というのは、あまりないのではないでしょうか。

スキルの定義を突き詰めていくと質問の角度も自ずと違ってくると思われますがいかかでしょう?

活躍されている方はどんな方ですか?

活躍している人間の重なる部分を最大公約数的に抽出しても一般的、抽象的な答えが返ってくるだけです。

ゆえに質問した本人になんらの役に立つような答えが出てくるとは思えないのですが。

キラーパス

100人にひとりぐらいは、試合を決定付けるサッカーのキラーパスのような質問をする学生がいます。

ごくごくまれに。

感心すると同時にうれしくなります。

 

よろしければこちらの記事もどうぞ↓↓

最後に笑うための就活解体教室(まとめ)

 

 

水たまりの一滴

質問はする側のレベルがあからさまに出てしまいますから、できれば慎重に。

 

 

最新記事はこちら

  • この記事を書いた人
パドー1000

パドー1000

現役人事部長のパドー1000と申します。雑記blog「シンキング・パドー」を書いています。
カテゴリーは、人事・仕事・就活・受験・活字・映像・音楽・競馬・アート・ファッション・ライフ。
詳しいプロフィールへ

-就 活

Copyright© Thinking-Puddle , 2017 All Rights Reserved.