Thinking-Puddle

現役人事部長の 雑記blog

エントリシート通過で面接は不合格。聞かれる内容が同じなのにこの差はなんなの?

投稿日:

 

これは混乱するでしょう????⇒

先週、関西の大学をいくつか訪問させていただきました。

キャリアセンターの担当者と話すなかで、非常に興味深い内容をお聞きしました。

「エントリシートと面接の落差に学生は苦しんでいる」

エントリシートに書いた内容と面接で聞かれた内容が同じでありながら、なぜ面接だけが不合格になるのか。

同じことを書き、同じことを言っているのになぜ片方は通過しもう一方はダメなのか??

はなからエントリシートが不合格であれば辻褄が合い、納得がいきます。

そうではないので、混乱し迷走するのです。

本日はそのギャップの在り処についてお話します。

理由は以下の4つです

  1. エントリシートに書いた内容を一字一句棒読み的に再現しようとしたため
  2. 内容を突っ込まれ、立ち往生となり、しどろもどろであるため
  3. ハードルが明らかに高くなってしまったため
  4. 同じ内容を聞かれていると錯覚しているため

1と2は軽症、3と4は明らかに重症。

思い当たる節があるあなたは以下よく読みましょうね。

エントリシートに書いた内容を一字一句棒読み的に再現しようとしたため

いまだに少なくありません。

これが面接で出てくると面接官はまともに聞きません。

時折、途中で忘れてしまい、もう一度はじめから巻き戻す学生もいます。

全くの徒労に終わるので、くれぐれもやらないでください。

確実に次はありません。

面接はコミュニケーションの場なのです。

下手くそな朗読会ではないのです。

内容を突っ込まれ、立ち往生となり、しどろもどろであるため

エントリシートに書いている内容を深掘りするのは想定内であるはず。

したがって十分な準備をして面接に臨むのが常識です。

エントリシートの内容を棒読みではなく、そつなく答えたとしてもなんらのアピールになりません。

プラスアルファがあって当然。

この手の質問は準備ができるのであるのだからある種サービス問題のようなものです。

ここで得点をかせげないのならば、あとは知るべしです。

ハードルが明らかに高くなってしまったため

先の部分と重複しますが、より多くの内容を求められているとまずは考えてください。

サークル活動ひとつとっても、何をやってきたのかの「事実」を多角的に攻められます。

様々な角度からあなたの「行動の結果」を査定されるのです。

エントリシートではできるだけコンパクトにまとめたはず。

ここではそれらを肉付けし、詳細に語ることが求められるです。

企業によっては地球の裏側まで深掘りするような質問魔もいますよ。

同じ内容を聞かれていると錯覚しているため

緊張しているために質問の微妙なニュアンスがわからない場合もあるでしょう。

コーナーギリギリを突いてくるコントロールの良いピッチャーのようにやらしいです。

ゆえに、よく質問を聞き取ってください。

エントリシートに書いている内容をアピールすればそれで事足りる質問などひとつも投げてきません。

とにもかくにも注意深く聞き取り、高速回転で頭を使うしかないのです。

勘違いしないように

このように以上の4点は押さえておいてください。

少なくとも「エントリシート」と「面接」は問われているレベルが違うという認識を持ってください。

そうすれば、勘違いによる混乱や迷走は避けれるはずです。

「練習試合」と「試合」は違います。

試合というカテゴリーであるために一瞬同一視してしまいますが、全くの別ものです。

そのように「エントリシート」と「面接」も考えてください。

さあ、頑張っていきましょう。

最新記事はこちら

  • この記事を書いた人
パドー1000

パドー1000

現役人事部長のパドー1000と申します。雑記blog「シンキング・パドー」を書いています。
カテゴリーは、人事・仕事・就活・受験・活字・映像・音楽・競馬・アート・ファッション・ライフ。
詳しいプロフィールへ

-就 活

Copyright© Thinking-Puddle , 2017 All Rights Reserved.