誰にでもできる面接対策、面接PDCAをグルグルまわせ

投稿日:2016-10-25 更新日:

 

面接は難しい⇒

「面接は苦手だ」

「面接さえ突破できれば」

毎年、面接が学生の皆さんに立ちはだかる大きな壁であることをひしひしと感じます。

対策法はあるのかないのか。あります。

スポンサーリンク

苦手の理由

多くの学生が面接を苦手とする主な理由は次の通りです。

緊張するから。

自分の考えていることをうまく伝えることができないから。

時間があまりないから。

ビジネス会話に慣れていないから。

まとめると、慣れていない、これにつきます。

そうであれば、どうすれば、慣れることが可能となるのか。

そう、回数を重ねるしかありません。

身もふたもないけど。

しかしながら、ただ回数を重ねるだけでは、あまりに効率が悪すぎます。

もしかすると、一向に上達しないかもしれません。

悲喜劇・・・

PDCAサイクルの実行

ビジネス本に必ずといっていいほど載っているPDCAサイクル。

簡単にご説明します。

  • Pは、計画
  • Dは、実行
  • Cは、振り返り
  • Aは、改善

そう、PLAN、DO、CHECK、ACTIONです。

このサイクルをぐるぐる回していくことにより、計画を実行し、目標を達成するのです。

なんだか、変凡な方法論ですが、これを実行できるのかどうかは別の話です。

面接におけるPDCA

それでは面接試験におけるPDCAを以下にご説明します。

くじけずに取り組めば、必ず一定以上の成果が見込まれます。

頑張っていきましょう。

計画

面接って、何を聞かれるのでしょうか。

もちろん、自分自身のことです。

それでは、なぜあなたのことを聞くのでしょうか。

すぐに答えることができたでしょうか。

答えはシンプルです。

 

あなたが入社後に社内の仲間といっしょに働けるのかどうかをみるためです。

 

ゆえに、協調性をみます。

ゆえに、コミュニケーション能力をみます。

ゆえに、ものの見方や価値観をみます。

ゆえに、基礎的な能力をみます。

それだけです。

ということは、逆算的に考えると次のようになります。

ポイントに忠実に、質問に答えればいいのです。

ここでは、協調性を例にとってお話します。

あなたは、協調性という観点から自分自身のことを話せばいいのです。

協調性を念頭におくというところが、ポイントです。

不思議なもので、ランダムにみえた人事マンの質問が、その背景が透けることにより有機的につながってみえてくることでしょう。

質問には必ず意図が働いています。

一定の原理原則に則って。

そう、先に挙げた4点です。

コミュニケーション能力しかり、ものの見方・価値観しかりです。

面接の前に、この観点からご自身のこれまでの経験を整理するのです。

この視点から整理するのか、しないのかによって、結果に雲泥の差が生じます。

これこそが、効果的な計画立案(準備)です。

実行

準備を実行に移してください。

はじめは不慣れが続くかもしれませんが、面接中盤からエンジンがかかってくはずです。

尻すぼみより断然好印象です。

質問者の意図が丸裸になっていれば、こっちのものです。

焦らずに、じっくり行きましょう。

振り返り

これが一番難しいです。

終わった後に、帰りの電車のなかで一人反省会をしますという学生の方がおられました。

真面目な方です。

頭が下がります。

面接に限っていいますと、自分のことは自分が一番分かっていません。

可能な限り、両親、兄弟、友人、後輩を相手にその日の面接のやりとりを再現してください。

面倒だし、不正確な再現になるかもしれませんが、このチェックを繰り返さない限り、絶対に面接は上達しません。

やりっぱなしでは、次につながりません。

全部を覚えていないのであれば、しくじったと思う箇所だけでもいいです。

ここが正念場であり、多くの学生がこのチェックを行ないません。

だから同じ間違いを繰り返すのです。

この地道なチェックが最後の最後に明暗を分けます。

コツコツ行いましょう。

改善

バーションアップしてください。

ひとつ経験を重ねるごとにひとつパワーアップします。

そのようにして、また計画に戻るのです。

確実にあなたは進歩しています。

間違いない。

自分自身を信じて。

最後に

面接中は誰もが不安です。

「この答え方でいいのか」

「的は外れていないだろうか」

「もっとうまくしゃべれたはず」

大丈夫です。

なぜなら、あなたはしっかりとPDCAサイクルをまわしているのだから。

自信を持って臨んでください。

グッドラック!

 

よろしければこちらもどうぞ↓↓

就活解体教室 まとめ記事

 

水たまりの一滴

面接する側も緊張しています。必要以上に萎縮しないように。

 

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

スポンサーリンク

-就 活
-

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.