知っておくべき!提出書類が間に合わないときの唯一の方法

投稿日:2017-06-15 更新日:

 

提出すべき書類が手元にない、さあ困った⇒

就活において提出すべき書類の主なものは次の4点です。

  1. 履歴書
  2. 成績証明書
  3. 健康診断(証明)書
  4. 卒業見込証明書
メモ

学校によっては卒業見込証明書と成績証明書が一体となっている書式もあります

このうち履歴書は自分で書きますから間に合う間に合わないは自分次第。

ミック
とういうか間に合わすでしょ

問題はそれ以外の3つの書類。

キース
うっかり学校から取得するのを忘れていた
ごんぞう
ストックがなくなってるぞ
ミック
汚してしまった

うっかりミス、不可抗力はだれにもあります。

そんなとき、どうすればいいのか?

簡単です。

まずは人事担当者に電話連絡をする。

これにつきます。

電話は愛だ
メールでなんでも済ますことができる現在、言いたくないことを直接電話することは誰もが気が重いものです。ゆえに、人事もわかっているはずです。あえて電話をしてきたあなたの気持ちを。だからこそ、相手に訴えるものがあるのです。

スポンサーリンク

どうすればいいのか

いろんな理由により、証明書類を持参できない、期日までに郵送できないとなった場合、次のことが頭に浮かぶはずです。

  • 悪い印象を与えるのではないか。
  • 選考に進めないんじゃないか。

そのために、なんとか取り繕ってピンチを脱しようとあなたは考えるかもしれません。

が、妙案などないです。

繰り返します。

そのような場合は人事担当者に電話連絡しましょう。

土日祝祭日または夜遅い時間であればやめておきましょう。

ミック
常識です

そのような場合はまずはメールを送り、翌朝電話連絡しましょう。

大事なのは正直に説明するということ

大事なのは、事情を正直ベースで話すということです。

決して取り繕って、理由を自分以外のせいとする捏造はしないように。

人事は黙って聞いていますが、この学生は自分の間違いを素直に認めず、ごまかしてものごとを解決しようとする人間であると腹の底で思うはずです。

注意
ごまかしは通用しません。絶対にやめましょう

当たり前ですが、そのような人と誰もいっしょに仕事をしたくはありません。

もちろん、正直に理由を話したからといって、それですべて解決というわけではありません。

ごんぞう
そんなに甘くない

企業によっては期限を重要視し、一切の例外を認めないところもあるでしょう。

しかしながら、身から出たさび、諦めるしかありません。

その一方で、あなたが事前に連絡をし、お願いをしているのだから、例外対応を行なってくれる企業があるかもしれません。

そのような会社はまったくの少数派というわけではないでしょう。

ミック
あきらめないで~

伝えるべき内容はこれだけ

伝えるべき内容は次の3点だけです。

どれが欠けてもだめです。

  1. 間に合わないお詫び
  2. 間に合わない理由
  3. いつまでに出せるのか
  • 自分に非があれば謝罪する。ビジネスの基本を理解しているところを示します。
  • ありのままの理由を説明する。正直な人間性をアピールします。
  • いつなら提出可能なのかを提示する。代替案の提示はビジネスの基本です。

おそらく、ある程度の遅延を人事はあらかじめ予想しているはずです。

遅れが許容範囲内なのかどうかのジャッジができるように問われる前にインフォメーションすべきです。

メモ

事前連絡は提出書類に限らず、非常に大切なポイントです。億劫がらずに人事部へきちんと連絡しましょう。

ポイントは電話連絡

繰り返しますが、電話連絡をするというところがポイントです。

メールを送って終わりではなく、直接、生の声を届けるのです。

人事も人間ですから、直接懇願されると即答で駄目ですとは言いづらいものです。

そして、ありのままを説明するのです。

ここも大事です。

素直さと行動力がそこはかとなくアピールできるかもしれません。

もう一度整理しましょう。

提出書類が間に合わない場合、

人事部に電話連絡をする(遅い時間、土日祝祭日の場合はまずはメール、翌朝電話)

間に合わないお詫び、間に合わない理由、いつまでに出せるのかをきちんと説明する

パドー1000
ビジネスも人生も正直が一番です

こちらの記事もどうぞ

就活の書類提出とは、提出書類だけを見ているわけではないことに要注意

  書類の提出は面倒だ⇒ 手書きの履歴書ナンセンスと思っている就活生は多いと思います。 実際、中途採用の履歴書、職務経歴書はワードやエクセルを使用している場合が大半です。 また、履歴書の提出を求めず、エントリーシートの提出だけを求 ...

続きを見る

スポンサーリンク

-就 活
-

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.