Thinking-Puddle

現役人事部長の 雑記blog

三田紀房が書いた就活を本気で楽しむための「無敵の」シリーズは無双すぎる

投稿日:2017-05-22 更新日:

「銀のアンカー」ってご存知ですか⇒

「ドラゴン桜」や「インベスターZ」などヒット作を量産する漫画家三田紀房氏には、内定請負漫画「銀のアンカー」という作品があります。

この漫画を底本として、TAC出版より就活関連本が「無敵の」シリーズとして全5冊発行されています。

ミック
良さそう
キース
買いでしょ
ごんぞう
貸してね

仕事柄、資料として読んでみましたが、かゆいところに手の届くとてもいい感じの仕上がりです。

以前より著者のファンでしたが、そのような贔屓目を割り引いても、このシリーズは「買い」です。

ミック
というか大ファン

勝つための必要最低限が非常に機能的に網羅されています。

スポンサーリンク

「無敵の」シリーズはグッド

  1. 「無敵の就活パーフェクトナビ」
  2. 「無敵のエントリーシート・自己分析・自己PR・志望動機」
  3. 「無敵の一般常識&時事問題」
  4. 「無敵の面接」
  5. 「無敵のSPI3」

「無敵の就活パーフェクトナビ」は定価1200円。それ以外は1300円と1400円。

消費税を入れても全部で7000円ちょい。

キース
安い!!

圧倒的な情報量だ。

飲み会に2、3回行く程度の出費で納得のいく就活が送れるのなら、こんなにお得なことはない。

ビジネスは費用対効果を常に問われます。

これから社会人になろうとする者がこの程度の出費を高いと算段するならば、考え直したほうがいいです。

ごんぞう
若いうちの自己投資は惜しんではならない

以下、1冊ごとに内容に触れますが、営業妨害になるので、ごく触りだけをお伝えします。

ミック
続きはアマゾンで

「無敵の就活パーフェクトナビ」

「就活をはじめるなら、この1冊から!「勝てる就活」のすべてがわかる!!」と帯に書かれてあります。

就活の概観、イメージを掴むためにはもってこいの1冊です。

適度に漫画からの引用がなされ、紙面構成が読んでもらうための工夫にあふれています。

これは、シリーズ全般に言えることですが、読み通してもらってなんぼという熱意が感じられます。

学生が持つであろう疑問について、Q&A方式にて76個の問いに丁寧な回答がなされています。

なんと本書には特典があって巻末に取り外し可能な「内定手帳2016-17年」がついています。

シンプルで使い勝手のよさそうなスケジュール帳です。

キース
至れり尽くせりだ

「無敵のエントリーシート・自己分析・自己PR・志望動機」

「人事担当の本音が満載!目からウロコの採用の舞台裏を知り、内定をもぎ取れ!」と帯に書かれてあります。

人気企業のESにおけるリアルな質問も多く掲載されており、人事担当者にとっても非常に参考になる1冊です。

ごんぞう
勉強になります

どのように分析したらいいのか取っ掛かりがつかめない。

どのように書いたらいいのか皆目見当もつかない。

どのように志望動機を効果的に伝えたらいいのか全くわからない。

このような「ないないずくし」の学生にとっては大いなる導きの書となるはずです。

ミック
こんなに楽していいのだろうか

「無敵の一般常識&時事問題」

厳選1400問で無理なく、ムダなく、就職試験によく出る一般常識が身につく!」と帯に書かれてあります。

一問一答形式の構成となっています。

ここのところは資格試験において多くの書籍を出版されているTAC出版さんのノウハウが全面的に活かされていますね。

キース
みやすいし、わかりやすい

企業によっては、これら全てをおさらいする必要はないと思われます。

けれども、ざっと目を通す時の資料としてはコンパクトにまとまっており、機能的ではあります。

「無敵の面接」

今までなかった企業側の内定を出したくなる面接の方程式を業界別に一挙公開!人事担当が本音で明かす!」と帯に書かれてあります。

質問の意図がどこにあるのかを様々な側面から解説しています。

回答する上でのポイントが書かれているので、ここを十分に理解し自分のことに落とし込むと、一皮も二皮もむけた面接官に届く発言ができるものと思われます。

巻末に総まとめが載っていますが、これが秀逸です。

少しだけピックアップします。

自分の価値を企業に納得してもらうのが面接。

第一印象を左右する、最大のポイントは「清潔感があるかどうか」。

面接に来た学生が数十年後、どう成長し活躍しているかを想像させる最大の要素は、熱意。

字面だけをみると、当たり前のことじゃんと流されがちな内容に見えますが、エッセンスがギッチリと詰まっています。

ごんぞう
深い。う~~~ん、深い

「無敵のSPI3」

「算数苦手なあなたでもわかりやすい3ステップ式解説で非言語が得意ジャンルに!」と帯に書かれてあります。

内容は次の3つの章立てです。

  1. SPIの基礎知識
  2. 非言語能力
  3. 言語能力

このほかに構造的把握力・性格検査についてのポイントが書かれています。

別冊として、練習問題も適量掲載されている。

「出題内容と対策」及び「試験本番での攻略ポイント」が最初に説明されているので、見通しよく理解が進むでしょう。

SPI対策は、ついつい後回しにしたり、なんとかなるとあまり熱心にやらなかったりと、疎かになりがち。

けれども、ここで落ちていては、面接の土俵に上がれません。

いわゆる算数の問題もしくはその応用が大半です。

が、この手の問題は知っているか知っていないか、慣れているか慣れていないかが大きく物をいいます。

ゆえに、面倒がらずにコツコツ行なっていきましょう。

基本は1問1分で解かなければいけないので、スピード勝負ですよ。

ただ内定獲得のためではなく

おそらく、就活をはじめる前、その渦中、終わったあとに、これらの言葉はあなたに対して違った装いを見せるはずです。

そのことに気づけることが就活を通じての「成長」です。

就活はこのシリーズだけに目を通しておけば万事OKとは言いません。

そんなに簡単でも安穏でもありません。

しかしながら、少なくとも就活を始める前に本書に触れているといないでは、結果に大きな差が出ることを否定はできないでしょう。

有益なガイドブックのおかげで採用する側もレベルアップしなければと、身が引き締まります。

ミック
人事マンの終わりなき日常

 

よろしければこちらもぜひご覧ください↓↓

最新記事はこちら

  • この記事を書いた人
パドー1000

パドー1000

現役人事部長のパドー1000と申します。雑記blog「シンキング・パドー」を書いています。
カテゴリーは、人事・仕事・就活・受験・活字・映像・音楽・競馬・アート・ファッション・ライフ。
詳しいプロフィールへ

-就 活

Copyright© Thinking-Puddle , 2017 All Rights Reserved.