Thinking-Puddle

現役人事部長の 雑記blog

キャリアセンターを最大限に利用せよ

投稿日:2016-11-15 更新日:

 

キャリアセンターを訪ねてみよう⇒

説明会において学生の方と話をしていると、キャリアセンター(就職課)をよく利用している人と全く利用していない人に、真二つに分かれます。

利用している学生は本当によく利用している。

その一方で、利用しない学生は近寄りもしない。

利用しない手はないと思います。明らかに損ですよ。

スポンサーリンク

なぜキャリアセンターに足が向かないのか

代表的な理由は以下の通りでしょうか。

役に立たないという思い込みが激しい

自分で情報は収集できるから行かない

時間がない

いつ行っても込み合っていて利用できない

予約待ちなので利用しづらい、できない

キャリアセンターに相談するという選択肢がそもそも存在しない

 

学生数に対して圧倒的に担当者の数が少ないキャリアセンターも多数存在します。

そのために、学生のニーズに十分に応える体制作りが遅れていることは否定できないところです。

また、情報収集の大部分がWEB頼みの学生にとっては、魅力ある情報を獲得できないだろうという思い込みも強いと思われます。

キャリアセンター活用のメリット

キャリアセンターは上手に活用すれば、あなたの就活にとって役立つこと間違いなしです。

以下にそのポイントをあげます。

自分の大学の最新情報を手に入れることができる

コミュニケーション能力の向上が図られる

模擬面接の機会を得ることができる

同志と知り合いになることができるかもしれない

精神的な支援を受けることができるかもしれない

 

自分の大学の最新情報を手に入れることができる

今、自分の大学の他の学生たちは、自分と同じ学部の人たちは、どのような業界や業種、どのような企業に関心があるのか。

どこをどう攻めているのか。

うまく行っているのか、苦戦しているのか。

結果はどうなのか。

自分と似たようなポジションにいる人のリアルは、非常に参考になります。

そのようなリアルが手っ取り早く手に入るのは、キャリアセンター以外にありません。

コミュニケーション能力の向上が図られる

キャリアセンターの職員はあなたより年上です。

就職活動中はほとんどすべて年上としか接しないはずです。

であれば、年上の人と接することは、いいトレーニングになります。

そのような機会を利用しない手はないです。

模擬面接の機会を得ることができる

キャリアセンターによってはプログラムとして定期的に実施しているところもあります。

例えそうでなくても、お願いすれば、簡便であっても実施してくれるはずです。

面倒がらないで、要請しましょう。

必ず、得るものがあるはずです。

同志と知り合いになることができるかもしれない

同じような境遇の戦士に出会えます。

そして、こちらから積極的に話しかければ、情報交換ができる仲になる可能性もあるはずです。

同じように一緒に戦っている同志は貴重な存在です。

ひとりでもふたりでもいいので、恥ずかしがらず、声掛けしていきましょう。

精神的な支援を受けることができるかもしれない

何度も出入りするうちに顔見知りになり、親しくなるかもしれません。

そうなれば、困ったことや相談事、愚痴などを聞いてくれる関係に発展するかもしれません。

これは大きいです。

へこんだときやうまくいかないときに、応援やアドバイスをもらえる存在はひとりでも多くいてほしいものです。

面倒がっていてはなにもはじまらない

キャリアセンターはあなたの見方です。

でも、あなたからノックしないと扉はあけてくれません。

だから、自分から積極的に関わっていくのです。

そうすれば、一人で悩んでいたことや上手くいかなかったことも、すぐに解決するかもしれません。

あらゆる機会をとらまえ、利用できるものはなんでも利用する。

戦略的に就活を行なうことで、効率的に優位に、戦いを進めていきましょう。

それでは健闘を祈ります。

グッドラック!

 

よろしければこちらもどうぞ↓↓

就活解体教室 まとめ記事

 

水たまりの一滴

親身になってくれる方が多いです。先入観なしに飛び込んでみれば。

最新記事はこちら

  • この記事を書いた人
パドー1000

パドー1000

現役人事部長のパドー1000と申します。雑記blog「シンキング・パドー」を書いています。
カテゴリーは、人事・仕事・就活・受験・活字・映像・音楽・競馬・アート・ファッション・ライフ。
詳しいプロフィールへ

-就 活

Copyright© Thinking-Puddle , 2017 All Rights Reserved.