Thinking-Puddle

現役人事部長の 雑記blog

キアヌ・リーブス、今どこのベンチに座っているのかはサニー千葉先生に聞いてみよう

投稿日:2017-03-05 更新日:

 

キアヌ・リーブス好きです⇒

ハリウッドスター然とした感じがしないので、庶民派というより自然人といいたくなるグランジ俳優。

その主演作はアクションが中心ですが、一癖も二癖もある印象に残る作品が多いのも事実。

本日は復活したのかしないのか、その不安定ぶりが大いなる魅力のキアヌ・リーブスの作品をご紹介。

といいながら、以下、皆さんよくご存知の作品ばかりですが。

スポンサーリンク

ハートブルー1991

これがいちばん好きです。

サーフィンしませんが、銀行強盗しませんが、この自由賛歌は共感できます。

リトルブッダ1993

ベルトリッチがなぜキアヌを使ったのか。

誰か教えてください。

この頃はベルトリッチもノっていましたね。

スピード1994

手に汗握ったよ。

見終わって、ああ面白かったは本当に貴重です。

ディアボロス1997

トム・クルーズの「ザ・ファーム」の同類です。

キアヌでなくてもいいのか、キアヌでないとだめなのかが見定めのつかない作品。

マトリックス1999

衝撃を受けました。

すごいものをみたと脱力したのを覚えています。

あれから、われわれはずいぶん遠くまで来たものです。

コンスタンティン2005

キリスト教圏の人は本作をどう受け取るのかそればかりが気になった。

脇の存在感が強烈すぎて、キアヌが出演していたことを忘れそうな名作です。

イルマーレ2006

恋愛映画にもフツーに違和感なく主役が張れるところが、このひとの懐の深さですね。

ご本人があまりやりたがらないのでしょうか。

ジョン・ウィック2014

キアヌが戻ってきた。

これは面白かった。

しかも、アクションがとても個性的。

サニー千葉さんも大喜びのはずです。

 

水たまりの一滴

今年から来年にかけて主演作が随時公開予定のようで、喜ばしい限りです。

最新記事はこちら

  • この記事を書いた人
パドー1000

パドー1000

現役人事部長のパドー1000と申します。雑記blog「シンキング・パドー」を書いています。
カテゴリーは、人事・仕事・就活・受験・活字・映像・音楽・競馬・アート・ファッション・ライフ。
詳しいプロフィールへ

-映 像
-

Copyright© Thinking-Puddle , 2017 All Rights Reserved.