Thinking-Puddle

現役人事部長の 雑記blog

家事も育児も仕事も全開。あなた(女性)は本当にそれを望んでいるのだろうか?

投稿日:

 

女性活躍推進って本当に進めていっていいのかな??⇒

人事マンのひとりとして最近ふと思うことがあったので以下に記します。

世の中の流れに棹さすつもりは毛頭ありません。

ただ、このまま手放しで進んでいくことは本当にいいのかと思っただけです。

 

 

昭和の価値観

昭和の価値観に則すと、時代の要請であったために専業主婦という選択肢は極めて当然でありました。

男が稼ぎ、女が家を守る。

家庭をマネジメントするのに一番経済的で効率的な方法が採択され、役割分担が徹底されていました。

現代においては旧式のモデルとして、ことさらにこのマネジメント方法を奨励する人はほとんどいません。

時代はダイバーシティ、働き方改革、女性活躍推進の大合唱です。

現在の流れ

女性活躍推進の名のもとに女性はある意味「超人化」を求められているように思えて仕方がありません。

  • 仕事もする
  • 家事もする
  • 育児もする

どれひとつをとっても生半可では成立しない大事を同時進行でやり遂げることが期待されています。

社会からも。

そして自分自身からも。

仮にわたしが女性であるならば、このような期待ははなから荷が重いです。

だって無理なんだもん。

一人で三役はそうそう果たせません。

できる範囲内で卒なくこなすとか、なんでもやれてしまうとか、器用な人や能力の高い人はそりゃあできるでしょう。

が、凡人には無理とは言わないまでも、命が削れます。

疲労困憊します。

泣き言を言うようですが、御免被りたいのが本音です。

それほど、強くないし頑張りたくもない。

超人を求める風潮

このまま女性活躍推進が叫ばれ続け、子供を育てて仕事をして、家事もこなすという働き方が社会認知的にデフォルトになってしまうことには、違和感が残ります。

能力があり、意欲があり、周りの環境の理解がある場合に限り、本人も納得のいく形で3つともうまくできるに違いないと思うからです。

できて当たり前という同調圧力が世間一般に形成されるならば、ハードルが高すぎます。

専業主婦が当たり前の裏返しのごとくの「新常識」は願い下げです。

妻であり、母であり、職業人であるという三役をそれなりにこなすことは簡単なことではありません。

夫であり、父であり、職業人であるという三役も同様に簡単なことではありません。

これらが十分に満足のいく形で成立するほど、日本の社会は成熟していません。

企業は今もなお余裕も理解も不足したままです。

なので、そんなにしゃっちょこばらないで、できるところから少しづつでいいんじゃないのかな。

若手の女性総合職と話していると、そうしなければいけない、そうできない自分はダメなんだという方向に思考が傾斜しているように強く感じます。

社会全体の無意識のプレッシャーがひたひたと当事者たちを侵食していくようです。

「超人」を前提とする社会はちょっと違うなと、そう思います。

すべての人間が「できる人間」を目指す必要などサラサラないのです。

最新記事はこちら

  • この記事を書いた人
パドー1000

パドー1000

現役人事部長のパドー1000と申します。雑記blog「シンキング・パドー」を書いています。
カテゴリーは、人事・仕事・就活・受験・活字・映像・音楽・競馬・アート・ファッション・ライフ。
詳しいプロフィールへ

-人 事

Copyright© Thinking-Puddle , 2017 All Rights Reserved.