Thinking-Puddle

現役人事部長の 雑記blog

残業を最小化し、コントロールすることからはじめよう

投稿日:2016-12-21 更新日:

 

好んで残業している人はほとんどいない⇒

できれば、早く帰りたい。

当たり前ですよね。

残業が当たり前になると、「残業」のペースで仕事をするはめになります。

そう、「残業」からあなたの労働を取り戻さなければならない。

スポンサーリンク

残業はなくならない

これが結論です。

残業を親の敵のごとくなくす必要もありません。

これも結論です。

仕事をしている限り、定時に帰れない事情は星の数ほど降ってくる。

でも、悲観することはありません。

われわれがこれから取り組もうとしているその目的は、残業をなくすためではありません。

勘違いしないように。

しなくてもいい残業をしないために、取り組もうとしているのです。

ごっちゃにしないように。

二種類の残業

残業には二種類あります。

「やる必要のある残業」と「やる必要のない残業」です。

その日の定時までにやる必要のない仕事はしない。

これによって、やる必要のない残業は発生しません。

簡単ですね。

一方、その日の定時を過ぎてもやる必要のある仕事は、やらなければなりません。

だって、その日に終えないといけないのだから。

ここで、誤解のないように言っておきます。

やってもやっても終わらない状態にある。

毎日が残業。

それは、明らかなボリュームオーバーです。

単なるボリュームオーバーです。

そのような場合の解決策はひとつしかありません。

速やかなる増員。

増員がなされれば、ホワイト。

なされなければ、ブラックアンドグレー。

ただそれだけのことです。

やるやらないの基準

それでは、やらなくていい、やらなくてはならないはどうやって決めるのか。

簡単です。

自分で決めるのです。

もちろん、気分で決めることはできません。

自分で決めるためには、はっきりさせておくことがあります。

もうお分かりですよね。

つぎの3つを明確にしておけば、特に問題ありません。

それぞれの仕事の期限

それぞれの仕事を仕上げるためのおおまかな時間的目安

自分の現在のスケジュール

この3つを常に把握しているのであれば、残業するしないは直ぐに決めることができます。

残業を最小化する

仕事人は、基本的に貧乏性です。

  • できるときにたくさんやっておきたい。
  • 今やっておけば、先に行って楽になる。

確かにそれが有効性を発揮することもあります、ごくたまに。

でも、そのような感覚に基づき仕事を続けているうちは、残業は決して減りません。

残業を減らすための第一歩は先に述べたとおりです。

繰り返します。

今日やらなくていい仕事は今日やらない。

やる必要がある仕事は、今日やる必要のある仕事だけである。

これを毎日意識して徹底していると、そのうちに本当に重要な仕事は何かということがわかってきます。

そうなればしめたものです。

より、効率的な働き方の段階に進めるからです。

次の段階とは。

重要な仕事に多くの時間をかける。

そうなると、残業はバックミラーに写る風景のように、後退していくでしょう。

 

水たまりの一滴

残業は習慣化の部分が大きいです。まずは意識を変えることからスタートです。

まとめ記事もどうぞ↓↓↓

総労働時間削減に関して

 

最新記事はこちら

  • この記事を書いた人
パドー1000

パドー1000

現役人事部長のパドー1000と申します。雑記blog「シンキング・パドー」を書いています。
カテゴリーは、人事・仕事・就活・受験・活字・映像・音楽・競馬・アート・ファッション・ライフ。
詳しいプロフィールへ

-人 事

Copyright© Thinking-Puddle , 2017 All Rights Reserved.