ビッグファイブご存知ですか、酒井穣の新著を読んで

投稿日:2016-12-10 更新日:

久しぶりに酒井穣氏の著作を手にとった⇒

相変わらず、切れがよい。

でも、暖かな文章。

読んでみ。

スポンサーリンク

新著「ビジネスでいちばん大事な「心理学の教養」」を読む

目次は以下の通り。

第1章 モチベーション(動機づけ)に関するキーワード

第2章 営業・マーケティングに関するキーワード

第3章 イノベーションに関するキーワード

第4章 コミュニケーションに関するキーワード

第5章 人材育成に関するキーワード

第6章 採用・評価に関するキーワード

第7章 リスク管理に関するキーワード

本書は、人間のこころについて、心理学を中心とした学問的キーワードからのアプローチがなされています。

まずは一般的な定義を示し、次にビジネスに落とし込む解説がなされています。

示唆に富む内容です。本当に勉強になります。

スポンサーリンク

てんこ盛り

内容が充実しすぎているので、すべてのご紹介がむずかしいです。

特に、なるほどと考えさせられた第6章の採用・評価について触れます。

コミュニケーションと人材育成については、この先どこかで触れたいです。

ビッグファイブ

キーワードのひとつとしてビッグファイブがとり上げられています。

ビッグファイブとは、性格判断のポピュラーな基準であり、5因子モデルと呼ばれるものです。

5因子について、次のように説明があります。

外向性(活動的、積極的で、引っ込み思案なところが少ない)

勤勉性(根がまじめで、ルーズでない)

協調性(温和で優しく、素直で、慎み深さがある)

経験への開放性(好奇心が強く、飲み込みが速い)

情緒不安性(イライラしやすい、不安になりやすいなど)

そして採用面接において、このビッグファイブに次の二つを加えた3つが、採用面接の本質であると述べられています。

  • ビッグファイブ
  • 具体的なスキル
  • 企業理念への共感度合い

この3点は外せないですね、基本中の基本です。

ビッグファイブを分解する

ビッグファイブを自分なりの価値基準から言い直すと次のようになります。

やらない理由を並べずに、まずやってみる

とにかく手を抜かない

ひたすら素直である

どんなことにも興味を持つ

いたずらに不安と戯れない

なんて魅力的な仕事人だ。

更なる成長を願うならば

以上を兼ね備えた若手は、たいていの場合、かわいがられます。

ということは、成長が早く、まあ加速していきます。

なぜなら、上司が、先輩が、取引先が、彼をかまい、彼を応援したくなるからです。

人と関わることでしか、ビジネスマンは育ちません。

自力で学べることは、たかがしれています。

  • なんでも人に聞くのもペケ。
  • なんでも自分でやろうとするのもペケ。

自分で考えたものを人にぶつけ、大きくしていく。

その繰り返しにより、雪だるま式に実力が身についていく。

それが、成長への近道であると思います。

 

水たまりの一滴

コラムにあった「抽象化スキルは、経験の再利用性を高める」は、全ての新入社員に知ってほしい言葉です。

ここを見誤る若者が実に多いです。

スポンサーリンク

-人 事
-,

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.