いちばん読まれている記事

あなたが営業マンをやめたくなった時に読んでほしいマイエピソード

営業マンの誕生

営業は、多くの出会いにより、一人前になります。

どれだけ、素晴らしい人に出会えたのか、ある意味、運のようなところがあります。

個人的な古い話で、かつ長い話になりますが、できればお付き合い下さい。

急遽、出張命令

かれこれ二十年以上前になります。

当時私は、若手と呼ばれるキャリアの営業職でした。

急遽、上司の出張の都合が悪くなり、契約書締結のために高松に向かうこととなりました。

翌日、詳しい説明もないままに、空港に向かいました。

とりあえずUターン

羽田から高松に向かうフライトは、トワイライトゾーンを飛び、非常に心躍るものでありましたが、それも機長のアナウンスにより一変します。

高松は天候不順のために、一応着陸を試みます、とのこと。

パドー
一応?

今にして思えば、不適切な表現です。

一度目は失敗でした。

二度目にトライするとのアナウンスのときは、機内が少しばかりざわついたのを思い出します。

大方の予想通り、二度目もうまくいかず、伊丹空港に緊急着陸する対応となました。

疲れた体を引きずり、とりあえず新幹線で岡山を目指しました。

へっぽこ営業マンは翌朝、高松行きの列車に乗り込んだのです。

強持て氏の登場

待ち合わせ場所で待っていると、営業車が横付けされ、いかにも仕事できますオーラ漂う強持ての中年のご登場でした。

名刺交換の後、助手席に乗り、一路取引先へと車は進みます。

言い忘れましたが、当社と契約を締結する取引先へ、一緒に向かう強持て氏はいわゆる仲介ブローカーです。

特に問題もなく、契約締結は整い、さて、東京に戻りますかと考えていたところ、折角だから乗っていかないかと誘われました。

ロングドライブの始まり

若気の至り、お言葉に甘え、高松空港にむかう道中で、出身地の話となり、実家は大阪ですとのやりとりのあと、強持て氏のお住まいが、わたしの実家から、目と鼻の先であることが偶然にも判明します。

パドー
奇縁です

折角ついでに、たまには親御さんに顔を出さないといけないよ、といっしょに大阪を目指す雰囲気に抗えずに、そのままロングドライブが始まりました。

なんという図々しさかと、いまにして顔から火が出ます。

三拍子が揃う

気まずい雰囲気もなく、なごやかな車中で強持て氏はおもむろに話し出しました。

優秀と呼ばれる営業マンにいままでたくさん会ってきた。

運転中にもかかわらず、左手で自分のこめかみの辺りをトントンと軽くたたきます。

ここ(頭)の切れる奴は仕事ができるが、それだけじゃ駄目

次に、左手の二の腕の辺りを、右手でたたきました。

できれば運転に集中してくださいと、祈るばかりです。ここは高速道路ですよ。

ここ(腕っぷし)がある奴は押しも強く、実行力がある。それだけでも駄目

頭と腕があれば、たいてい認められるものだ。

まあ、それだけでもいい営業マンだけど。

でもね、それだけじゃ、だめなんだ。全然駄目なんだ。なにが足らないと思う。

ひよこが想像できるはずもありません。

見当もつきません、と小さな声でこたえました。

ここだよ、ここ。

彼は、分厚い胸を叩きます。

ハート

もっというと、頭があろうが、腕があろうが、ここのない奴はやっぱり全然駄目

おたくの○○さん(わたしの上司)には、これがある。

よく、勉強しなさい。

黙ってうなずく私がいました。

旅の顛末

長距離ドライブの後、家の近くに到着すると、ちょっと待ってとトランクを開けて、菓子折りを差し出し、一言。

いつも持ちあるいているんだ。気にするな。たまに顔を見せるのに、手ぶらじゃ、だめだよ、持って行きなさい。

車が発進したあと、深々と体を折るのが精一杯でした。

幸運な幸福な思い出

私は、幸運な、幸福な人間です。

なぜなら、営業マンとしてのスタートにあたり、このような経験をさせていただいたからです。

そして、三拍子揃った上司に鍛えられたからです。

ぱっとしない部下でしたが。

ところで、このエピソードには後日談があります。

実家にいきなり現れたわたしを見て両親はびっくり。

突然帰ってきたから?

違います。

なぜなら、翌日東京で落ち合うことになっていたからです。

そう、わたしの結納のために東京にでてくる段取りになっていたのです。

そういうこともあり、今も鮮明にいろんなシーンを覚えています。

残念ながら、「あたま」と「うで」には恵まれませんでした。

けれども「ハート」の火は今も消えていないと勝手に思っています。

営業マンの醍醐味は社外に心の師を持つことです

営業という仕事も捨てたもんじゃないですよ。

おすすめ

今すぐチェック

あわせて読みたい

仕事の借りは仕事で返す。「パン屋再襲撃」にみる呪いの意味 仕事ができるとはどういうことかを落語家の出世から解説します

今も忘れない、心で売る