MENU
アーカイブ

手書きの時代はよかった?エントリーシートの現在

Contents

手書きの履歴書(エントリーシート)は年々少なくなってきている

あなたが志望している企業のエントリーシートはどのような形式ですか?

面倒ですけど、手書きです

WEB提出なので、文字入力・選択

手書きでもエクセル(ワード)でもいずれもOK

母集団が大きい人気企業ほど、WEB上での入力・選択形式が大部分であると思われます。

しかしながら、

中堅以下では、エントリーシート(履歴書)は、まだまだ手書き形式が応募の暗黙の条件である場合が少なくありません。

とはいうものの、

世の中の流れは、確実に「手書き離れ」になっているようです。

よくよく考えて見ればお分かりの通り、中途採用における履歴書・職務経歴書はデフォルト仕様で「エクセル」形式です。

つまり「手書き」にはまずお目にかからないのです。

であるならば、新卒採用においても同様の対応であることが自然であるはずです。

ゆえに、

これからますます、デフォルトで「手書き」を要求する企業はいい印象を持たれませんし、毛嫌いされていくことでしょう。




人事の目はますます厳しくなっていく

はっきり言いますが、

文字入力・選択形式であるということは、手書きの場合と比較し、格段に審査の目が厳しくなることを意味します。

なぜなら、

  • 何度でも書き直しが可能であるから
  • コピーペーストが簡単にできるから

ゆえに、次のポイントにおいては容赦ありません。

  • 誤字脱字
  • 明らかに使いまわしていると思われる文言・文章
  • 内容の薄さ




誤字脱字

手書きの時であれば、

人事のアイコン画像人事

手書きでたくさん書かなきゃいけないので、この程度は目くじら立ててもねぇ。

大目に見てもらい、見逃しの対象になった場面が少なくありませんでした。

しかしながら、

キーボードで入力ということであれば、話は違ってきます。

きちんと見直ししていない。

注意力散漫!

真剣度が足りない。

確実に、低評価です。

明らかに使いまわしていると思われる文言・文章

どの企業に対しても当たらずとも遠からじな「汎用性の高い文章」を書いてくる学生がいます。

このような文章が出てきた瞬間に、当社に対する意欲は極めて低いと人事は瞬時に判断を下します。

最悪の場合、

そこから先の文章・コメントは読まれないでしょう。

便利だからだとか、面倒だからといった気持ちから、やってしまいがちですが、用意している文章・コメントのコピー&ペーストによる使い回しは絶対にやめましょう。

コピーペーストの落とし穴として、部分的修正の抜け漏れの恐怖があります。

例えば、

メーカー向けに用意した文章(フレーズ)を、別の商社にコピーペーストするとき、「御社のようなメーカーにおいては」という文言を「御社のような商社においては」とはせずに、原文をそのまま記載してしまうケアレスミスのような場合です。

言うまでもなく、致命的です。

内容の薄さ

何度でも書き直せるという技術的前提は、当然に内容の高度化・洗練化が求められます。

何度でも書き直せるのですから、

「書いては直して、書いては直して」は当たり前であると読み手は普通に思ってしまっています。

内容に対する要求度は手書きの場合と比較し、知らず知らずのうちに上がってしまったのです。

ゆえに、

内容は言うに及ばず、表現力や語彙力までもが問われる事態が引き起こされています。

十分に気をつけましょう

だからと言って、

手書きの時代はよかっただとか、手書きに帰れというつもりは全くありません。

ツールの進歩に従って選択肢が広がると、細かい点がクローズアップされたり、内容の吟味がより高いレベルで行われてしまうという現実に、あなたはしっかりと向き合わなければならないのです。

ひとつの企業にばかり大量の時間を投下できない状況ではありますが、

エントリーシート(履歴書)とは、企業に対する恋文であり、プロポースの書です。

そこに、熱意や配慮が欠けているのであれば、相手の気持ちが間違っても動かないことをあなたは忘れるべきではないのです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents
閉じる