いちばん読まれている記事

仕事で大事にしたい視点、視野、特に視座

ビジネスシーンで「ものを見ることの難しさ」を痛感したことがないですか?

パドー
視点が凡庸
パドー
視野が狭い
パドー
視座を高く持て

などなど。

上司から言われたことがあなたも一度くらいあると思います。

本日は、ビジネスシーンでよく耳にするこれらの言葉について、今一度整理したいと考えます。

ぜひ、明日からの仕事にお役立てください。

要するにどういうこと

視点・視野・視座とはなにか?

簡潔に言いますと、

視点・視野・視座とは

  • 視点とは、どこを見ているのか?
  • 視野とは、どこまで見ているのか?
  • 視座とは、どこから見ているのか?

のそれぞれがポイントとなります。

大事なのは、

  • 視点で大事なのは、フォーカスするポイント
  • 視野で大事なのは、見渡す範囲
  • 視座で大事なのは、遠近感、すなわち対象との距離(立場・役目役割)

ここを確実に押さえましょう。

あなたが面接官であったならば・・・

具体例でご説明します。

あなたは面接官です。

集団面接なので、3人の学生が前に座っているとしましょう。

・視点的に見るのならば、

あなたは、今答えている学生の目を見ているでしょうか。それとも口元?

・視野的に見るのならば、

あなたは、今質問をしている学生の顔を、それとも上半身を、もしくは3人全体を見ていますか?

・視座的に見るならば、

あなたは、人事スタッフとして、人事部長として、役員として面接に臨んでいるのでしょうか?

そう、まるで違います。

  • 視点とは、どこを見ているのか?
  • 視野とは、どこまで見ているのか?
  • 視座とは、どこから見ているのか?
パドー
ものを見るとは多角的・複眼的にみるということです

こちらもどうぞ

仕事のCANとWANTとSHOULDの関係を知らないと大間違いをしてしまう

視座だけが違う

先程の具体例でもうおわかりかと思います。

視座だけが、残りの2つとどうやら性格を異にしているようです。

  • 視点と視野は「洞察力」が問われています。
  • 視座では「構想力」が問われているのです。

ゆえに、

視点・視野・視座と一括りにして語られますが、その中身はずいぶんと違うのです。

視座を意識してください。

そうすれば「景色」が違って見えてきます。

キャリアに応じて力点を変える

ビジネスパーソンにとって、視点・視野・視座の獲得は必須です。

が、そのキャリアに応じて求められるものも違ってきます。

20代は視点のユニークさで勝負

30代は視野の広さで勝負

40代以降は視座の違いで勝負

となります。 

ビジネスシーンにおいて、

人は見ているようで見えていません。

都度都度、視点・視野・視座を自ら確認する余裕を持ちたいものです。

おすすめ

今すぐチェック

こちらもどうぞ

あらゆる仕事がうまくいく最も合理的な方法を知っていますか? マルチタスクじゃ脳が疲れて仕事ができない、だから一点集中術

見るって難しい